↓人気記事(枠内スクロール可能)↓

【第1位】ユニクロのヒートテックが危険な理由…
【第2位】リップクリームの使用期限と塗り方!
【第3位】牛乳って実は危険な飲み物って知ってた?
【第4位】消化に良い食べ物!外食&コンビニ編!
【第5位】みぞれ・あられ・ひょうの違い知ってる?
【第6位】冷えピタの貼る場所はどこ?
【第7位】もずくには多くの効能があった!!
【第8位】付き合う前のドライブデート必勝法!
【第9位】正しいお風呂の入り方!体を洗う順番は?
【第10位】キシリトールガムの食べ過ぎが危険!

スポンサーリンク

むずむず脚症候群の原因と治療法は?妊婦や子供がなりやすい?

むずむず脚

 

夜、脚がむずむずと不快な感じがして眠れないという時はありませんか?

 

もしかしたら、それは「むずむず脚症候群」という病気かもしれません。

 

むずむず脚症候群になりやすいと言われているのは、主に妊婦や子供ですが、症状に心当たりがある人は原因について気になりますよね。

 

また、聞きなれない病名ですが、治療法もしっかりと確立しているので、早めに改善させましょう。

 

今回、むずむず脚症候群についてまとめました。

スポンサーリンク

むずむず脚症候群の原因とは?

むずむず脚症候群は、別名「レストレスレッグス症候群」「エクボン症候群」「下肢静止不能症候群」などと呼ばれています。

 

症状は、夜寝る時やじっとしている時などに脚がむずむずと不快な感覚になり、動かしたくてたまらなくなるというのが特徴です。

 

ほかには、痒い・虫が這っているような感覚・火照るような感じ・針で刺すような痛みなどが挙げられます。

 

症状が表れるのは主に夕方~夜が多いのですが、進行すると昼間にも出るようになります。

 

このような症状によって十分な睡眠がとれなくなり、日中にだるさや疲労感、眠気を感じるようになり、不眠の原因にもなっています。

 

なかなか他人に理解してもらいにくい病気にもかかわらず、現在のところ原因ははっきりと分かっていません。

 

考えられる原因としては、ドーパミンの機能障害や脳内の鉄分欠乏が有力とされています。

 

神経伝達物質であるドーパミンは、やる気ホルモンなどと呼ばれていますが、きちんと機能しないと誤った情報を脳へ伝達してしまいます。

 

ドーパミンを作るのには鉄が必要ですので、これが不足するとドーパミンが生成されず「むずむず脚症候群」になることがあるのです。

 

 

 

妊婦や子供がなりやすい理由

妊婦がむずむず脚症候群になりやすいと言われているのは、お腹の赤ちゃんへ血液が集中するため鉄分が欠乏している状態だからと考えられます。

 

この「鉄分不足」が原因の場合、多くの人は出産した後、自然に治っています。

 

また妊娠はしていなくても、女性は鉄分が不足しがちということもあり、男性よりも発症率が高いことが分かっています。

 

そして驚いたことに、小さな子供も発症することがあるのです。

 

大人のように夜に症状が強くなるのではなく、昼間でも症状が出るため、「落ち着きがない子」などと言われてしまうことも珍しくありません。

 

子供はうまく症状を伝えられないので、成長痛に間違えられることも多いといいます。

 

子供の場合、原因は遺伝ではないかと言われているので、患ったことがある親御さんは一度、むずむず脚症候群を疑ってみてほしいと思います。


 

 

むずむず脚症候群の治療法は?

むずむず脚症候群が怖いのは、脚の不快感だけでは済まないことがあるところです。

 

不眠だけに止まらず、悪化するとうつ病を発症し、ひどい時には自ら命を絶ってしまうこともあるのです。

 

他にも高血圧、心筋梗塞などの病気を発症するリスクが高いため、早めに治療を受けることが臨まれます。

 

まず、自分で症状を軽減させる方法としては以下の事柄が挙げられます。

 

 

カフェイン、アルコール、喫煙を控える

睡眠を浅くするカフェインやアルコールはなるべく摂取を控えましょう。

 

過度の喫煙は症状を悪化させますので禁煙に努めましょう。

 

 

バランスのとれた食事で鉄分補給

ほうれん草や小松菜、レバー、ひじき、プルーンなどには鉄分が多く含まれるので、積極的にメニューに取り入れてください。

 

しかしそればかり食べるのではなく、バランスを考えて食しましょう。

 

 

ストレッチなどの適度な運動

適度な運動の例としては、ウォーキングなどが効果的です。

 

ただし、過度の運動は症状を悪化させますので、くれぐれもやりすぎないよう注意が必要です。

 

 

脚のマッサージ

お風呂やシャワーの後にマッサージをすると症状が和らぐことがあります。

 

 

これらのことを実践しても症状が改善しない場合は医師の診断を受けましょう。

 

現在、むずむず脚症候群の治療法は投薬のみとなっており、症状を和らげる薬もいくつかあるので処方してもらいましょう。

 

治療は長期にわたることが多いので、医師の指示がない限りは服薬を止めないようにしましょう。

 

 

 

まとめ

 

他人に共感してもらえない病気は辛く、また一人で悩むことによりストレスが溜まります。

 

生活習慣の見直しで改善しない場合は、早急に医師に相談するよう心がけましょうね。

スポンサーリンク

★当記事と一緒にチェックしたい記事一覧★



★【2017年】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!


■第2位■
リップクリームの頻度と正しい塗り方は?使用期限はあるの?


■第3位■
風邪の引き始めといえる症状一覧!喉や鼻水以外にもサインはある?


■第4位■
冷えピタを貼る場所ってどこが正解?症状別にまとめた!


■第5位■
正しいお風呂の入り方って知ってた?順番やマナーについて紹介


■第6位■
白湯の素晴らしい効果って?温度や作り方についても調べてみた


■第7位■
五本指ソックスの効果とデメリット!偏平足や子供におすすめ



★【雑学】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
付き合う前の初デートで最適なプラン、脈ありかの見極め方とは?


■第2位■
キシリトールガムの食べ過ぎは危険?虫歯予防の効果はホント?


■第3位■
最近よく転ぶ人は必見!原因は病気の可能性も?治し方は?


■第4位■
靴のサイズが大きい…即効でできる対処法を厳選して4つ紹介!


■第5位■
牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?


■第6位■
よく口の中を噛む癖の原因は?即効性のある治療法と対策について


■第7位■
消化に良い食べ物一覧!コンビニや外食で手軽に買えるものは?



コメントを残す

認証コード 数字を入力

サブコンテンツ