↓人気記事(枠内スクロール可能)↓

【第1位】ユニクロのヒートテックが危険な理由…
【第2位】リップクリームの使用期限と塗り方!
【第3位】牛乳って実は危険な飲み物って知ってた?
【第4位】消化に良い食べ物!外食&コンビニ編!
【第5位】みぞれ・あられ・ひょうの違い知ってる?
【第6位】冷えピタの貼る場所はどこ?
【第7位】もずくには多くの効能があった!!
【第8位】付き合う前のドライブデート必勝法!
【第9位】正しいお風呂の入り方!体を洗う順番は?
【第10位】キシリトールガムの食べ過ぎが危険!

スポンサーリンク

牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?

牛乳

 

「健康のため、骨を強くするため牛乳を飲みましょう」

 

そんな風に言われ、小さい頃からずっと牛乳を飲んできた人は多いのではないでしょうか。

 

日本では、戦後の学校給食から毎日必ず出されている牛乳が、今になって実は体に良いものではないという意見が出ています。

 

牛乳が危険だと訴えるのは病院の先生や栄養士なので、ただのでまかせではないようです。

 

また、同じ乳製品であるヨーグルトの危険性についても気になります。

 

今回、牛乳やヨーグルトが危険といわれる根拠についてまとめました。

スポンサーリンク

牛乳が危険な根拠とは?

牛乳といえばカルシウムですよね。

 

子供の成長を願って牛乳を進んで飲ませる、または飲まされてきた方も多いのではないでしょうか。

 

確かに牛乳にはカルシウムが豊富に含まれていますし、牛の子を早く大きくするための成分が豊富に含まれているので、人間も成長は早くなるようです。

 

しかし、人と牛ではどう考えてもDNAが違います。

 

そのため、牛乳を飲んで無理に伸びた骨は弱く、折れやすいと考えられています。

 

動物性のカルシウムを吸収するためには「ラクターゼ」という酵素が必要ですが、残念ながら黄色人種である日本人には少ない為、吸収が難しいようです。

 

消化すること自体も人間の体では難しいので、飲み過ぎてしまうと消化不良を起こし、お腹を壊しまうのです。

 

最近では、アレルギーやアトピー性皮膚炎なども、牛乳を飲み始める前の時代には無かったことから、牛乳が原因ではないかと考えられています。

 

さらに、牛乳に含まれる「リン」は、摂取しすぎると逆に骨の中のカルシウムを溶かし、骨粗しょう症になってしまうリスクがあります。

 

動物性タンパク質についても、摂取しすぎるとガンやクローン病などを恐ろしい病気を発症する危険性が高くなるようです。

 

また、脂肪分は動脈硬化、心臓疾患、糖尿病の原因となります。

 

他にも、牛乳には白内障や視力低下の危険性もあるといわれていて、大学の研究結果では牛乳を良く飲む子の方が、視力が悪いというデータもあるようです。

 

牛乳には、体を大きくする成分はあっても、肝心な脳を育てる栄養素が少ないことから、体に良くないという意見があるようですね。

 

健康的に骨を育てるには、牛乳よりエビや魚、豆などを食べた方がカルシウムの吸収効率ははるかに高く、危険性も低いと言われています。

 

前で述べた、乳製品が原因の一つと考えられているアレルギーも、体の拒絶反応から起きるものです。

 

人間が牛乳を飲むということは、もしかしたら根本的に間違っているのかもしれません。


 

 

ヨーグルトも危険?

同じ乳製品であるヨーグルトも、巷では「腸内環境を整える食べ物」として体に良いと言われていますね。

 

しかし、ヨーグルトは牛乳に乳酸菌や酵母を混ぜて発酵させたものです。

 

主となる物は牛乳ですので、ヨーグルトも少なからず牛乳と同じ危険性があるという事になります。

 

ただ、「乳酸菌が腸の働きを良くする」という事は間違いないようですね。

 

牛乳、ヨーグルトなどが体に良くないと言われるポイントは『動物性』の成分です。

 

乳製品でも動物性ではないものを選べば危険性は低くなります。

 

たとえば、牛乳を豆乳に変えることで、危険な成分を摂取しなくてよくなります。

 

腸内環境を整えることを目的にヨーグルトを食べている方は、ヤクルトに変えることをおすすめします。

 

ヤクルトは乳製品ですが、牛乳などの動物性の物はいっさい入っていません。

 

牛乳アレルギーの方でも飲めるほど安全だと言われています。

 

様々な体の健康を考えて作られているので、体のことを思って乳製品をとるのであれば、ヤクルトの方が体にも良く安全と言えるでしょう。

 

 

 

まとめ

長年、体に良いとされてきた牛乳だけに驚いた人も少なくないでしょう。

 

たくさんの食品が溢れている現代、取捨選択して自分にとっていいものを選ぶ機会が増えました。

 

同じ食材でも体にとって良い、悪いと両方の意見があって悩むことは多いですよね。

 

まずは両方の根拠を知って、納得し、そのうえで決断することが大切ではないでしょうか。

スポンサーリンク

★当記事と一緒にチェックしたい記事一覧★



★【2017年】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!


■第2位■
リップクリームの頻度と正しい塗り方は?使用期限はあるの?


■第3位■
風邪の引き始めといえる症状一覧!喉や鼻水以外にもサインはある?


■第4位■
冷えピタを貼る場所ってどこが正解?症状別にまとめた!


■第5位■
正しいお風呂の入り方って知ってた?順番やマナーについて紹介


■第6位■
白湯の素晴らしい効果って?温度や作り方についても調べてみた


■第7位■
五本指ソックスの効果とデメリット!偏平足や子供におすすめ



★【雑学】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
付き合う前の初デートで最適なプラン、脈ありかの見極め方とは?


■第2位■
キシリトールガムの食べ過ぎは危険?虫歯予防の効果はホント?


■第3位■
最近よく転ぶ人は必見!原因は病気の可能性も?治し方は?


■第4位■
靴のサイズが大きい…即効でできる対処法を厳選して4つ紹介!


■第5位■
牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?


■第6位■
よく口の中を噛む癖の原因は?即効性のある治療法と対策について


■第7位■
消化に良い食べ物一覧!コンビニや外食で手軽に買えるものは?



7 Responses to “牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?”

  1. ひろき より:

    初めまして。
    とても興味深く、また参考になりました。

    ヨーグルトを毎日食べていたのですが乳製品が日本人には合わない話を聞き、
    昨年の夏ごろから『豆乳ヨーグルト』を手作りして食べていましたが、
    その頃からおなかの調子が良くなくなり(張りや痛み)、
    それでも食べ続けていたら、先日虫垂炎になりました。
    これは本格的に自分に合わないのだと思い、色々調べておりましたらこちらのヤクルトが良い!と言うお話を聞き、これは手軽で良いかもしれない、しかも動物性は入っていないとの事。
    早速調べてみましたら、ヤクルトは動物性乳酸菌だとありました。
    どちらが正しいのか分からなくなってしまったのですがこちらに表記されている『動物性の物はいっさいはいっていません』と言うのはどこからの情報でしょうか?
    ヤクルトの会社に問い合わせてみれば良いのでしょうか?
    ちょっと疑問に思いましたのでコメントさせて頂きました。

    • 匿名 より:

      ヨーグルトを毎日食べていたとのことですが、その時にお腹を下したりしていなければ問題ありませんよ。
      ラクターゼの量には個人差があり、少ない人はお腹を壊すことがあるのです。

  2. 匿名 より:

    DNAが違うなんて言われたら、もう人間を食べる以外ありませんね

  3. 匿名 より:

    人間は雑食ですから、加工もされていない牛乳を飲んだって、度を過ぎなきゃ体にメリットしかないですよ。

  4. 匿名 より:

    牛乳よりエビや魚豆の方が効率が高いという定理は?

  5. 匿名 より:

    豆乳は乳製品ではありません。
    間違った情報を流さないで!!

  6. 匿名 より:

    未成年者の飲酒・喫煙に加えて乳製品の飲食も法律で禁止したほうが良いと思います。法律名は、「未成年者乳製品禁止法」で、乳製品を販売している店舗では、年齢確認をしています。もちろん、未成年者に乳製品を販売してはいけません。

コメントを残す

認証コード 数字を入力

サブコンテンツ