↓人気記事(枠内スクロール可能)↓

【第1位】ユニクロのヒートテックが危険な理由…
【第2位】リップクリームの使用期限と塗り方!
【第3位】牛乳って実は危険な飲み物って知ってた?
【第4位】消化に良い食べ物!外食&コンビニ編!
【第5位】みぞれ・あられ・ひょうの違い知ってる?
【第6位】冷えピタの貼る場所はどこ?
【第7位】もずくには多くの効能があった!!
【第8位】付き合う前のドライブデート必勝法!
【第9位】正しいお風呂の入り方!体を洗う順番は?
【第10位】キシリトールガムの食べ過ぎが危険!

スポンサーリンク

風邪でも微熱だとお風呂に入れる?正しい入浴方法を知ろう!

風邪 お風呂

 

風邪を引いたときは、早々に布団に入りよく眠ることが回復への近道ですよね。

 

そんな時にお風呂に入るのはタブー視されており、もし入浴すれば余計に悪化するんじゃないかと心配になります。

 

しかし、高熱時のお風呂はダメでも微熱ならば大丈夫だと思っている人もいるのではないでしょうか?

 

 

今回、風邪を引いた時、微熱であればお風呂に入っても大丈夫なのか調べてみました。

 

併せて、風邪を引いた時に心がけたい入浴方法についてもまとめたのでチェックしてください。

スポンサーリンク

風邪の時のお風呂はNG?

多くの人は、風邪を引くとお風呂に入ってはいけないと言われてきたと思います。

 

理由は、エネルギーが消耗されるからです。

 

お風呂は入るだけで体力をすごく消耗するため、「お風呂に入るとなぜか疲れる」と感じている人も多いのではないでしょうか?

 

なぜお風呂に入ると体力が消耗するのか、理由は体内にこもった熱を発散して汗をかき、体力が削がれてしまうからです。

 

そのため、風邪を引いている時にお風呂に入ると、体に大きな負担となり症状を悪化させる恐れがあります。

 

また万が一、湯冷めをしてしまうと風邪の治りも悪くなり、回復から遠ざかってしまいます。

 

風邪を引いた時は無理をしてお風呂に入ろうとせず、安静にするのが一番の治療となるのです。

 

 

 

微熱であればお風呂に入っても良い?

風邪を引いて体調が悪い時の入浴は絶対に良くないですが、高熱じゃなければお風呂で汗をスッキリしたい洗い流したいですよね。

 

実は37度代前半の微熱程度であれば、お風呂に入っても大丈夫と考えられています。

 

お風呂には血行を良くするメリットがありますし、体を清潔にすることでウイルスに対する抵抗力を高める効果も期待できます。

 

軽い風邪の時や治りかけの際、正しい入浴方法でお風呂に入れば治りが早くなります。

 

ただし微熱だからとはいえ長時間の入浴は避け、なるべく短時間で済ませるようにしましょう。

 

また、冬場は脱衣所と湯船の温度差が激しくなり体の負担も大きくなるので、入浴前は脱衣所を温めておきましょう。

 

お風呂から上がった後は、湯冷めをしないように早めに布団の中に入り体を休ませてください。

 

風邪は引き初めや治りかけが一番怖いので、入浴には細心の注意を払うようにしましょう。

 

 

 

微熱時の正しい入浴方法は?

微熱でお風呂に入る時は、とにかく体を冷やさないように注意する必要があります。

 

ではどのようにして入浴すれば体を冷やさずに済むのか、微熱時における正しい入浴方法についてまとめます。

 

 

風呂に入れるかどうかの判断基準

たとえ微熱でも体調によっては入浴を控えた方が良い場合もあります。

 

下手をすれば体調を悪化させることにもつながるため、しっかり判断したいですよね。

 

実際に入浴するかどうかはその時の体調とよく相談することが大前提ですが、目安としては外出しても問題ないかということです。

 

微熱であっても全身に倦怠感を感じ、嘔吐や酷い下痢が続き外出もできない状態であれば、入浴は控えるべきです。

 

外出して近所をブラブラ散歩できるほどの体力があれば、入浴しても問題ないでしょう。

 

 

正しい風呂の入り方は?

先程も述べましたが微熱がある時は、体を冷やさず体力温存を意識しての入浴が肝心。

 

まずお湯の温度は高過ぎず低過ぎず、ぬるめの温度(40度ほど)に調整するようにします。

 

お風呂に入る時は、体を洗うぐらいならば大丈夫ですが、髪を洗うのはできる限り控えるようにしてください。

 

どうしても髪を洗いたいのであれば入浴後素早く髪を乾かし、すぐさま布団に入るようにします。

 

基本的に体調の悪い時は季節関係なく注意して頂きたいのですが、特に気を付けたいのが最も体が冷えやすい冬の時期です。

 

冬になるとどんなにお風呂で暖まっても短時間で冷えてしまうので、入浴後は十分に注意しましょう。

 

また、火照って汗をかいたまま服を着たり布団に入ると汗が冷えて体を冷やしてしまいます。

 

湯冷めしない程度に火照りを冷ましてから着衣するようにしましょう。

 

 

 

まとめ

風邪で体調が悪い時にお風呂に入るのは悪化の恐れがありますが、微熱であれば体調と相談して入浴を検討する余地があります。

 

ただ、医師に止められていたりほかの症状が出ている時は絶対に我慢してください。

 

微熱時に入浴する際は体を冷やさないように注意して、お風呂から上がればすぐに体を拭き、湯冷めしないうちに布団に入りましょう。

 

風邪を引いたら、無理せずにゆっくり休むことが一番の薬になるのです。

スポンサーリンク

★当記事と一緒にチェックしたい記事一覧★



★【2017年】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!


■第2位■
リップクリームの頻度と正しい塗り方は?使用期限はあるの?


■第3位■
風邪の引き始めといえる症状一覧!喉や鼻水以外にもサインはある?


■第4位■
冷えピタを貼る場所ってどこが正解?症状別にまとめた!


■第5位■
正しいお風呂の入り方って知ってた?順番やマナーについて紹介


■第6位■
白湯の素晴らしい効果って?温度や作り方についても調べてみた


■第7位■
五本指ソックスの効果とデメリット!偏平足や子供におすすめ



★【雑学】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
付き合う前の初デートで最適なプラン、脈ありかの見極め方とは?


■第2位■
キシリトールガムの食べ過ぎは危険?虫歯予防の効果はホント?


■第3位■
最近よく転ぶ人は必見!原因は病気の可能性も?治し方は?


■第4位■
靴のサイズが大きい…即効でできる対処法を厳選して4つ紹介!


■第5位■
牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?


■第6位■
よく口の中を噛む癖の原因は?即効性のある治療法と対策について


■第7位■
消化に良い食べ物一覧!コンビニや外食で手軽に買えるものは?



コメントを残す

認証コード 数字を入力

サブコンテンツ