↓人気記事(枠内スクロール可能)↓

【第1位】ユニクロのヒートテックが危険な理由…
【第2位】リップクリームの使用期限と塗り方!
【第3位】牛乳って実は危険な飲み物って知ってた?
【第4位】消化に良い食べ物!外食&コンビニ編!
【第5位】みぞれ・あられ・ひょうの違い知ってる?
【第6位】冷えピタの貼る場所はどこ?
【第7位】もずくには多くの効能があった!!
【第8位】付き合う前のドライブデート必勝法!
【第9位】正しいお風呂の入り方!体を洗う順番は?
【第10位】キシリトールガムの食べ過ぎが危険!

スポンサーリンク

お賽銭の金額で縁起が良いのはいくら?どんな意味があるの?

お賽銭 金額

 

神社にお参りする時に入れるお賽銭、いったいいくら入れるのが正解なのか悩むことは多いですよね。

 

できれば縁起の良い意味を持つ金額を納めたいと思うので、準備しておく金額について気になります。

 

また、縁起の良い金額について「なぜその金額が縁起が良いのか」、その意味も把握しておきたいものです。

 

そこで今回、縁起の良いお賽銭の金額と、金額の持つ意味についてまとめました。

スポンサーリンク

お賽銭は値段が高い方が縁起良い?

縁起の良い金額も何もお賽銭は高ければ高い程良いのでは?と考えている人も多いかもしれませんね。

 

しかし、お賽銭の本当の意味は「神様に願いを叶えてくれるための代金」ではなく、神様に感謝の意思を示すためのものです。

 

そもそも「高いお金を払うから願いを叶えろ」と神様に詰め寄るのは大変失礼な行為で、願い事が叶うどころか罰が当たってしまいかねません。

 

ただし「神様に願い事をしてはいけない」と言っているわけではなく、先に神様に感謝をしてからお願いをするようにしましょう。

 

 

 

縁起が良いお賽銭の金額は?

神様にお参りする時に一体いくらお賽銭を出せば良いのか、モヤモヤとしている人も少なくないでしょう。

 

そこで縁起の良い意味を持つお賽銭の金額について、簡単ですがまとめてみました。

 

 

5円にはご縁がある

5円玉は穴が開いているので、「縁起が悪いからお賽銭に使ってはいけない」としているところがあるのも事実です。

 

しかし5円は「先が見通せる」という理由で縁起が良いとされており、また「5円にはご縁がある」という意味も持っています。

 

また5円玉の枚数によって意味が変わります。

 

  • 1枚(5円)…「ご縁がありますように」
  • 2枚(10円)…「重ね重ねご縁がありますように」
  • 97枚(485円)…「四方八方からご縁がありますように」

という意味になるそうですが、97枚も5円玉を準備するのは難しいかと思います。

 

仮に頑張って97枚の5円硬貨を集めたとしても、お賽銭箱に入れる時に、周りから好奇の視線を浴びるのは避けられません。

 

もし手元に5円がない時は100円玉や50円玉など、他の硬貨を使っても良いそうです。

 

 

1000円は福が来る

懐に余裕があるのなら、思い切って1000円札をお賽銭に使っていいかもしれませんね。

 

1000円札は縁起が良いとされている一方で、そのままお札だけお賽銭に使うのは良くないとも言われているようです。

 

もし1000円札をお賽銭に使うなら、住所と名前を書いた白い封筒に新札の1000円札を入れるようにしましょう。

 

また、お札と硬貨を一緒にお賽銭に使うとさらに縁起が良くなり、

  • 1129円…「良い福」
  • 2951円…「福来い」
  • 1万1104円…「良い年」

という意味になります。

 

少し余裕がある時には、是非1000円札と小銭のお賽銭で福を呼び寄せてみましょう。


 

 

要注意!縁起の悪いお賽銭の金額は?

縁起の良いお賽銭の金額がある一方で、縁起の悪い金額もあるので注意したいお賽銭の金額についてもまとめました。

 

 

5円は縁起が良いけど…

先程5円玉は縁起が良くお賽銭に向いていると述べましたが、枚数によっては縁起が悪くなってしまいます。

 

例えば

  • 13枚65円…「ろくなご縁にあわない」
  • 15枚75円…「泣くようなご縁にあってしまう」
  • 19枚95円…「苦しいご縁にあう」

といった具合で、願い事とはまったく逆の意味になるので、素敵なご縁を願っているのならば絶対に避けましょう。

 

 

お賽銭で避けたい硬貨は10円玉

お賽銭で絶対避けたいのは10円玉で、「とおえん」とも読めるので「縁が遠のく」という意味があります。

 

タブー視されている10円玉ですが、他の硬貨と合わせると縁起の良い金額に大変身!

 

例えば1円と合わせて11円のお賽銭ならば「良いご縁」になり、21円では「縁で結ばれたカップルの絆が切れない」という意味になります。

 

 

 

まとめ

お賽銭の金額は高ければ高いほど良いと言うわけではなく、神様に対しての気持ちが重要となります。

 

だから「いくらお賽銭を入れたら良いのか」とあまり悩まず、縁起が良い金額であれば、いくらでも構いません。

 

たとえどんなに安い金額でも、神様は力になってくれるはずです。

 

今回紹介した例を参考に、良いご縁や福を呼び寄せるようなお賽銭を準備してお参りに行きましょう。

スポンサーリンク

★当記事と一緒にチェックしたい記事一覧★



★【2017年】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!


■第2位■
リップクリームの頻度と正しい塗り方は?使用期限はあるの?


■第3位■
風邪の引き始めといえる症状一覧!喉や鼻水以外にもサインはある?


■第4位■
冷えピタを貼る場所ってどこが正解?症状別にまとめた!


■第5位■
正しいお風呂の入り方って知ってた?順番やマナーについて紹介


■第6位■
白湯の素晴らしい効果って?温度や作り方についても調べてみた


■第7位■
五本指ソックスの効果とデメリット!偏平足や子供におすすめ



★【雑学】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
付き合う前の初デートで最適なプラン、脈ありかの見極め方とは?


■第2位■
キシリトールガムの食べ過ぎは危険?虫歯予防の効果はホント?


■第3位■
最近よく転ぶ人は必見!原因は病気の可能性も?治し方は?


■第4位■
靴のサイズが大きい…即効でできる対処法を厳選して4つ紹介!


■第5位■
牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?


■第6位■
よく口の中を噛む癖の原因は?即効性のある治療法と対策について


■第7位■
消化に良い食べ物一覧!コンビニや外食で手軽に買えるものは?



コメントを残す

認証コード 数字を入力

サブコンテンツ