↓人気記事(枠内スクロール可能)↓

【第1位】ユニクロのヒートテックが危険な理由…
【第2位】リップクリームの使用期限と塗り方!
【第3位】牛乳って実は危険な飲み物って知ってた?
【第4位】消化に良い食べ物!外食&コンビニ編!
【第5位】みぞれ・あられ・ひょうの違い知ってる?
【第6位】冷えピタの貼る場所はどこ?
【第7位】もずくには多くの効能があった!!
【第8位】付き合う前のドライブデート必勝法!
【第9位】正しいお風呂の入り方!体を洗う順番は?
【第10位】キシリトールガムの食べ過ぎが危険!

スポンサーリンク

正月の飾りはいつからいつまで出しておく?処分の仕方は?

お正月 飾り

 

毎年、お正月になると新年を祝うため門松などを飾る家庭も多いと思います。

 

正月の飾りっていつからいつまで飾っておくのか、案外悩むものですよね?

 

また、飾り終わった後はそのままゴミ箱へ捨てて良いものか、処分方法について悩む人も多いのでは?

 

縁起物だけに、今年一年の運気を左右するイメージがあるため下手に処分できません…

 

そこで今回、正月の飾りはいつからいつまで出しておくのか、飾った後の処分方法も併せてまとめました。

スポンサーリンク

正月飾りの期間と処分法

正月飾りにはいろいろと種類があり、それによって飾る時期が異なります。

 

そこで、正月飾りの種類別に、意味や飾り始める時期・しまう時期・処分方法をチェックしていきましょう。

 

今回は正月の代表的な飾り、門松、しめ縄、かがみ餅の三つのお飾りについてまとめています。

 

 

 

門松

門松は、お正月の神様が家を探す時の“目印“として飾られ、諸説あるものの、

  • 神様が宿る木
  • 祀る

という意味も込められているようです。

 

 

門松を飾る時期はいつからいつまで?

門松はクリスマス終わりから飾り付けることになりますが、12月29日と31日に飾るのは避けた方が良いとされています。

 

29日は「苦が待つ(末)」ということで縁起が悪く、31日には「一夜飾り」になってしまい神様に対して無礼な行為にあたるようです。

 

そのため門松を飾る場合は28日か、どんなに遅くなっても30日までには準備しておくようにしましょう。

 

 

門松の処分方法は?

門松を処分する時期は「松の内」とされており、関東であれば翌年1月7日・関西ならば1月15日と定められています。

 

小さい門松ならばそのまま神社に持って行き、どんど焼き(または左義長)で焼いてもらうのが確実です。

 

どんど焼きの火にあたり体を温めるとご利益があるとされているので、是非とも参加するようにしましょう。

 

ただし大きい門松となると神社側もかさばって困るので、一度分解してから神社に持って行くのがマナーです。

 

 

 

しめ縄

しめ縄は「ここに今神様がいらっしゃいます」と示すために用いられる飾りで、穢れを払いのける力があるともされています。

 

 

しめ縄を飾る時期はいつからいつまで?

飾り付ける期間は先程紹介した門松と同様、クリスマスの終わりから28日の間が最適で、29日や31日に飾り付けると縁起が悪いと言われています。

 

 

しめ縄の処分方法は?

処分するタイミングも門松と同じく「松の内」とされており、方法も神社のどんど焼きで行うようにしましょう。

 

どんど焼きが行われる日時については、神社にもよるので一概には言えませんが、1月15日に実施しているところが多いようです。

 

確実な日時を知りたいときは、事前に問い合わせるようにしてくださいね。

 

 

 

かがみ餅

鏡には神様が宿ると言われており、儀式には必要不可欠な道具として、“神聖視”されてきました。

 

餅は儀式で使われている鏡によく似ていることから、神様の居場所として飾られるようになり、文字通り“かがみ餅”と名付けられたと言われています。

 

 

かがみ餅を飾る時期はいつからいつまで?

かがみ餅を飾るのは12月13日~28日の間が最適とされています。

 

中でも28日は、末広がりの「8」がついていることから特に縁起が良いと言われています。

 

 

かがみ餅の処分方法は?

処分をするのは家族が集まる正月としたいところですが、1月1日~1月7日の間は神様がいらっしゃるということで処分は厳禁です。

 

では、いつ処分すれば良いのかと言うと1月11日の「鏡開き」で、家族全員で美味しく頂くのが最適です。

 

かがみ餅を美味しく頂くと一年の無病息災を祈ることになるので縁起も良く、ある意味最も効率的な“処分方法”と言えるでしょう。

 

ただし、どうしても食べられずアオカビが生えてしまう事態になった場合、どんど焼き、もしくはお塩で一度清めてから半紙に包み処分する様にして下さい。

 

 

 

まとめ

今回は門松・しめ縄・鏡餅の3つの正月飾りについて取り上げました。

 

上記以外の飾りについても、飾り付ける期間や処分方法はほとんど変わらないと思います。

 

もちろんその土地の風習によって方法もかなり変わりますので、あくまでも参考程度として留めて頂ければ幸いです。

 

正月飾りを正しく飾って処分し、家族みんなが健康で楽しい一年になるといいですね!

スポンサーリンク


★【2017年】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!


■第2位■
リップクリームの頻度と正しい塗り方は?使用期限はあるの?


■第3位■
風邪の引き始めといえる症状一覧!喉や鼻水以外にもサインはある?


■第4位■
冷えピタを貼る場所ってどこが正解?症状別にまとめた!


■第5位■
正しいお風呂の入り方って知ってた?順番やマナーについて紹介


■第6位■
白湯の素晴らしい効果って?温度や作り方についても調べてみた


■第7位■
五本指ソックスの効果とデメリット!偏平足や子供におすすめ



★【雑学】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
付き合う前の初デートで最適なプラン、脈ありかの見極め方とは?


■第2位■
キシリトールガムの食べ過ぎは危険?虫歯予防の効果はホント?


■第3位■
最近よく転ぶ人は必見!原因は病気の可能性も?治し方は?


■第4位■
靴のサイズが大きい…即効でできる対処法を厳選して4つ紹介!


■第5位■
牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?


■第6位■
よく口の中を噛む癖の原因は?即効性のある治療法と対策について


■第7位■
消化に良い食べ物一覧!コンビニや外食で手軽に買えるものは?



コメントを残す

認証コード 数字を入力

サブコンテンツ