↓人気記事(枠内スクロール可能)↓

【第1位】ユニクロのヒートテックが危険な理由…
【第2位】リップクリームの使用期限と塗り方!
【第3位】牛乳って実は危険な飲み物って知ってた?
【第4位】消化に良い食べ物!外食&コンビニ編!
【第5位】みぞれ・あられ・ひょうの違い知ってる?
【第6位】冷えピタの貼る場所はどこ?
【第7位】もずくには多くの効能があった!!
【第8位】付き合う前のドライブデート必勝法!
【第9位】正しいお風呂の入り方!体を洗う順番は?
【第10位】キシリトールガムの食べ過ぎが危険!

スポンサーリンク

湯たんぽの種類別賢い使い方は?効果を最大限引き出す方法!

湯たんぽ

 

冬場は布団に入ってもしばらく冷たいため、なかなか寒くて寝れませんよね。

 

そんな時、持っていれば重宝する暖房用品が「湯たんぽ」です。

 

湯たんぽと言えば無機質なデザインで古臭いイメージをお持ちの方もいると思いますが、そんなことはありません。

 

近年はカラフルなものや、デザイン重視で可愛らしいものもあり、密かに湯たんぽブームが到来しています。

 

今回、湯たんぽの種類別のメリットや使い方、嬉しい効果についてまとめました。

スポンサーリンク

湯たんぽを使うメリットは?

冬場、布団を温めるために電気毛布や布団乾燥機などを使用しているという人は多いでしょう。

 

しかし、湯たんぽには電気毛布や布団乾燥機にはない多くの嬉しい効果があります。

 

まずは湯たんぽのメリットについて、再度確認してみましょう。

 

 

電気代の節約になる

お湯を入れるだけで、眠りに入るまで温かく過ごすことができる湯たんぽ。

 

電気毛布や布団乾燥機のように、布団が温かくなるまでに時間がかからないですし、もちろん電気代もかかりません。

 

 

無害で体に優しい

湯たんぽは、電気毛布のように電磁波を発生しないですし、ストーブのように一酸化中毒にもなることもありません。

 

お湯の自然な温もりで体を温めることができ、しかも無害というなんともありがたいアイテムです。

 

 

スムーズな睡眠を手助け

電気毛布は常時一定の温度は保ち続けるため、時間が経つと暑く感じてしまうこともあり、それがスムーズな睡眠の障害になったりします。

 

しかし、湯たんぽは徐々に温度が下がっていくため、それに合わせて体温も徐々に下がりスムーズな睡眠導入に効果を発揮します。

 

 

朝に洗顔で役立つ

潔癖な方は抵抗があるかもしれませんが、朝になりぬるくなってしまった湯たんぽの水は、タライに入れて洗顔の水としても使用できます。

 

冬場の水は冷た過ぎるので、程よく冷たい湯たんぽの水は洗顔にもってこいです。

 

また、始めに湯たんぽの水で冷たさに慣れさせておいて、洗顔後に水道の水で濯ぐのもいい方法ですよ。


 

 

それぞれ湯たんぽの使い方とメリット

近年、湯たんぽにもいろんな種類が登場しており、代表的な陶器製のもの以外にも、プラスチック製やレンジでチンするタイプの物まであります。

 

今回、陶器とプラスチック、そしてレンジでチンするタイプそれぞれのメリットと、使い方について紹介します。

 

 

陶器製湯たんぽ

・使い方

70度程度のお湯を8分目ぐらいまで入れて、湯たんぽカバーに包んで布団に入れ、腰付近か足元に置きます。

 

 

・メリット

陶器製のものは保温性・保湿性が高く、熱くなりすぎずひと肌ほどの温度を持続させるのが特徴です。

 

さらに、陶器が中のお湯を徐々に外に発散していくため、空気の乾燥を防ぐ効果も期待できます。

 

 

・デメリット

若干重さがあるので使用が大変なこと、また衝撃で割れやすいため、お湯が漏れたり破片が飛んでしまう恐れがあります。

 

 

プラスチック製湯たんぽ

・使い方

陶器と同じで、70度~80度程度のお湯を入口いっぱいまで注ぎフタをして、湯たんぽカバーに包み布団に入れ、腰付近か足元に置きます。

 

・メリット

プラスチック製の湯たんぽのメリットは何と言ってもその安さです。

 

また、陶器製に比べて割れにくいのもメリットと言えるでしょう。

 

・デメリット

若干熱伝導率が低いため、陶器のものと比べると若干ですが温かくなりにくいです。

 

 

レンジでチンする湯たんぽ

・使い方

差異はありますが、大体1分~3分間レンジでチンして、湯たんぽカバーに包んで腰付近か足元に置きます。

 

製品や電子レンジのスペックにより使い方が異なるので、必ず説明を読みましょう。

 

・メリット

熱湯を注ぐ必要が無いのでやけどの心配がないですし、レンジでチンするだけなのでお湯を注ぐタイプに比べ手間もかかりません。

 

デザイン重視のものが多いところも女性には嬉しいですね。

 

・デメリット

レンジでチンを繰り返すので、長く使用すればするほど、湯たんぽ自体の性能が下がってきます。

 

 

 

湯たんぽを使用する上で必ず気をつけたいこと

 

体に優しく自然な温もりが嬉しい湯たんぽですが、使用方法を誤ると思わぬ事態に見舞われる恐れがあります。

 

最後に、湯たんぽを使用する上で必ず気をつけてほしいことについてまとめます。

 

 

低温やけどに注意!

湯たんぽに直接触れ続けると、低温やけどを引き起こすことがあります。

 

使用の際は必ず、湯たんぽカバーに入れて体に直接付けないようにしましょう。

 

 

破損に注意!

特に陶器製のものは足を振り下ろしたりすれば破損してしまい、中に入っている湯でやけどをする恐れがあります。

 

また、布団に入っているのを忘れていて、踏みつけてしまい破損するという事故も起きています。

 

必ず使う直前に布団に入れて、朝になったら必ず布団から出し離れたところに置いておくようにしてください。

 

 

使用方法を守り注意して使えば、エコロジーで温かい湯たんぽに、きっと病みつきになるはずです。

スポンサーリンク

★当記事と一緒にチェックしたい記事一覧★



★【2017年】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!


■第2位■
リップクリームの頻度と正しい塗り方は?使用期限はあるの?


■第3位■
風邪の引き始めといえる症状一覧!喉や鼻水以外にもサインはある?


■第4位■
冷えピタを貼る場所ってどこが正解?症状別にまとめた!


■第5位■
正しいお風呂の入り方って知ってた?順番やマナーについて紹介


■第6位■
白湯の素晴らしい効果って?温度や作り方についても調べてみた


■第7位■
五本指ソックスの効果とデメリット!偏平足や子供におすすめ



★【雑学】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
付き合う前の初デートで最適なプラン、脈ありかの見極め方とは?


■第2位■
キシリトールガムの食べ過ぎは危険?虫歯予防の効果はホント?


■第3位■
最近よく転ぶ人は必見!原因は病気の可能性も?治し方は?


■第4位■
靴のサイズが大きい…即効でできる対処法を厳選して4つ紹介!


■第5位■
牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?


■第6位■
よく口の中を噛む癖の原因は?即効性のある治療法と対策について


■第7位■
消化に良い食べ物一覧!コンビニや外食で手軽に買えるものは?



コメントを残す

認証コード 数字を入力

サブコンテンツ