↓人気記事(枠内スクロール可能)↓

【第1位】ユニクロのヒートテックが危険な理由…
【第2位】リップクリームの使用期限と塗り方!
【第3位】牛乳って実は危険な飲み物って知ってた?
【第4位】消化に良い食べ物!外食&コンビニ編!
【第5位】みぞれ・あられ・ひょうの違い知ってる?
【第6位】冷えピタの貼る場所はどこ?
【第7位】もずくには多くの効能があった!!
【第8位】付き合う前のドライブデート必勝法!
【第9位】正しいお風呂の入り方!体を洗う順番は?
【第10位】キシリトールガムの食べ過ぎが危険!

スポンサーリンク

紫外線アレルギーは顔に症状が出やすい?検査や治療法について

紫外線アレルギー

 

「紫外線アレルギー」というのを聞いたことがあるでしょうか?

 

花粉症の人が花粉にアレルギー反応を起こすように、紫外線アレルギーの人は「紫外線」にアレルギー反応が出ます。

 

一年中降り注いでいる紫外線だけに、もし紫外線アレルギーになった場合、どんな症状が出るのか気になります。

 

また、顔に症状が出やすいといわれる理由や、検査・治療の方法についても知りたいですよね。

 

今回、紫外線アレルギーの症状や検査、治療法についてまとめました。

スポンサーリンク

紫外線のピークは?

紫外線と言えば”真夏に気を付けるべきもの”というイメージを持っている人も多いかもしれません。

 

しかし、実は夏よりも春の方が紫外線は強いと言われています。

 

そのピークは5月ですが、もちろん5月を過ぎても紫外線対策を怠ってはいけません。

 

中には「紫外線アレルギー」を持っている人も少なくないので、より慎重に紫外線から身を守らなくてはなりません。

 

 

 

紫外線アレルギーの症状とは?

紫外線アレルギーとは、紫外線を浴びることによってアレルギー反応が出ることです。

 

生まれつきの場合もありますが、花粉症のように今までは何ともなかったのに、急に発症することがあり得るアレルギーです。

 

紫外線を浴びた部分だけに症状が出るなら、紫外線アレルギーの可能性が考えられます。

 

具体的な症状としては、肌に湿疹ができる、赤く腫れるなどで痒みを伴うこともあります。

 

この他にも

 

  • 水ぶくれ
  • 頭痛
  • 嘔吐
  • 目の充血、異物感
  • 発熱

 

などの症状が出ることがあります。

 

 

 

紫外線アレルギーの原因は?

紫外線アレルギーの原因については、内因性によるものと外因性によるものがあります。

 

 

内因性によるもの

紫外線を浴びると紫外線に対する抗体がつくられ、体を守ります。

 

抗体が一定量を超えると湿疹や痒みなどのアレルギー症状が出始め、紫外線アレルギーの発症となります。

 

抗体の一定量は個人差があるため、早い段階で発症する人もいれば、一生発症することがない人もいます。

 

また、遺伝の可能性もあると考えられています。

 

 

外因性によるもの

服用した薬や化粧品、日焼け止めなどの成分が紫外線と反応し、症状を引き起こすことがあります。

 

 

 

顔に症状が出やすいのはなぜ?

紫外線アレルギーの症状は、主に顔に出やすく、男性よりも女性に多いと言われています。

 

それは、先ほど外因性の原因で述べたとおり、化粧品や日焼け止めの成分のせいです。

 

紫外線が強くなってくる時期は、女性の多くは日焼け止めを塗りますし、化粧はほぼ毎日するという人が大多数でしょう。

 

このように、女性は内因性の原因によって紫外線アレルギーの症状が顔に出やすいと言えるのです。

 

 

 

検査や治療法は?

紫外線アレルギーの検査は皮膚科で行い、光線過敏症検査が一般的です。

 

紫外線に含まれるUVB、UVAの光線を背中などに当て、皮膚の反応を診ます。

 

紫外線アレルギーは花粉症と同様、完治することが難しいものなので、できるだけ紫外線に当たらないことが症状を抑えるために必要です。

 

しかし、紫外線を一切浴びないということは難しいと思います。

 

そこで症状が出てしまった場合の治療法として、症状によって非ステロイド薬やステロイド薬、痒み止めの飲み薬などが処方されることになります。

 

ステロイド薬を塗ることで湿疹や痒みは落ち着きますが、紫外線アレルギーが治るわけではありません。

 

  • 日焼け止めを塗る
  • 日傘の使用
  • 帽子の着用
  • 長袖、長ズボンの着用
  • サングラス
  • 手袋
  • 室内はUVカットカーテン

 

これらの紫外線対策をして、症状を悪化させないようにしましょう。

 

 

 

まとめ

紫外線アレルギーは、軽度な物から重度のものまでありますが、一度発症してしまうと完治するのは難しいアレルギーです。

 

日差しの強い時間帯は避けるなど日頃の予防をしっかりして、できるだけ紫外線からお肌を守ることが大切といえるでしょう。

スポンサーリンク

★当記事と一緒にチェックしたい記事一覧★



★【2017年】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!


■第2位■
リップクリームの頻度と正しい塗り方は?使用期限はあるの?


■第3位■
風邪の引き始めといえる症状一覧!喉や鼻水以外にもサインはある?


■第4位■
冷えピタを貼る場所ってどこが正解?症状別にまとめた!


■第5位■
正しいお風呂の入り方って知ってた?順番やマナーについて紹介


■第6位■
白湯の素晴らしい効果って?温度や作り方についても調べてみた


■第7位■
五本指ソックスの効果とデメリット!偏平足や子供におすすめ



★【雑学】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
付き合う前の初デートで最適なプラン、脈ありかの見極め方とは?


■第2位■
キシリトールガムの食べ過ぎは危険?虫歯予防の効果はホント?


■第3位■
最近よく転ぶ人は必見!原因は病気の可能性も?治し方は?


■第4位■
靴のサイズが大きい…即効でできる対処法を厳選して4つ紹介!


■第5位■
牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?


■第6位■
よく口の中を噛む癖の原因は?即効性のある治療法と対策について


■第7位■
消化に良い食べ物一覧!コンビニや外食で手軽に買えるものは?



コメントを残す

認証コード 数字を入力

サブコンテンツ