↓人気記事(枠内スクロール可能)↓

【第1位】ユニクロのヒートテックが危険な理由…
【第2位】リップクリームの使用期限と塗り方!
【第3位】牛乳って実は危険な飲み物って知ってた?
【第4位】消化に良い食べ物!外食&コンビニ編!
【第5位】みぞれ・あられ・ひょうの違い知ってる?
【第6位】冷えピタの貼る場所はどこ?
【第7位】もずくには多くの効能があった!!
【第8位】付き合う前のドライブデート必勝法!
【第9位】正しいお風呂の入り方!体を洗う順番は?
【第10位】キシリトールガムの食べ過ぎが危険!

スポンサーリンク

歯ぎしりの原因はなに?マウスピースの効果やデメリットについて

歯ぎしり

 

主に睡眠中に起こるギリギリと嫌な音を立て、同じ部屋で眠る人の睡眠を妨げてしまう「歯ぎしり」。

 

自覚症状がないため、家族から言われて初めて知るケースがほとんどです。

 

睡眠中のことなので気をつけようがなく、思い悩んでいる人も多いでしょう。

 

歯ぎしりの原因はいったいなんでしょうか?

 

また、歯ぎしりによる様々な悪影響を防ぐ方法にマウスピースがありますが、効果やデメリットが気になります。

 

今回、歯ぎしりの原因とマウスピースの効果やデメリットについてまとめました。

スポンサーリンク

歯ぎしりの原因って?

実は歯ぎしりにはグラインディング、クレンチング、タッピングの三種類があります。

 

 

グラインディング

上下の歯を横にギリギリ擦り合わせるタイプで、歯の表面がすり減ってくるため、噛み合わせが悪くなります。

 

 

クレンチング

歯を強くかみしめるタイプで、音がしないため気付かれにくい可能性があります。

 

 

タッピング

歯をカチカチと鳴らす珍しいタイプで、他のタイプよりも負担が軽いのが特徴です。

 

 

オーソドックスなのはグラインディングですが、クレンチングも少ないとは言えません。

 

思いあたる人は、なぜ自分が歯ぎしりをしているのか原因が知りたいですよね。

 

歯ぎしりの原因について詳しいことは分かっていませんが、以下のことが考えられます。

 

 

ストレス

現代社会では切っても切り離せないストレス。

 

ストレスを溜めこむことで睡眠中に歯ぎしりをする傾向が強くなります。

 

 

噛み合わせが悪い

歯の噛み合わせが悪いと歯ぎしりをすることがあります。

 

また、治療中の仮の詰め物や新しく詰めた銀歯の高さが合わないことで噛み合わせが悪くなるということもあります。

 

 

クセ

無意識のうちに歯と歯を食いしばるクセのある人は、睡眠中にクセが出ることがあります。

 

 

このほかに、喫煙や飲酒による要因というのも可能性としてはあります。

 

 

 

歯ぎしりによる悪影響

歯ぎしりは歯にとってはもちろん、健康面でも悪影響をもたらします。

 

  • 歯の痛み
  • 歯がしみる
  • 噛み合わせが悪くなる
  • 歯が削れる、すり減る、割れる
  • 歯周病が悪化
  • セラミックが欠ける
  • 顎の痛み、顎関節症
  • 肩こり
  • 頭痛
  • 顎周りの筋肉が発達し顔が大きくなる

 

これらの悪影響が考えられます。

 

では、歯ぎしりの悪影響を防ぐためにはどうすれば良いのでしょうか。

 

 

 

マウスピースの効果とデメリット

歯ぎしりは原因が特定されていないため、治療のしようがないところが現状です。

 

もちろん歯の噛み合わせなど悪いところは治してもらえますが、ストレスなんかはうまく付き合っていくしかありません。

 

そこで、少しでも歯を守るためマウスピースの使用をすすめられることがあります。

 

歯ぎしり用マウスピースは就寝時に歯に装着し、歯ぎしりを予防するものです。

 

マウスピースの効果としては、歯と歯の摩擦を防止することで歯のすり減りやギリギリという歯ぎしり音の軽減があります。

 

また、顎の痛みを和らげることで顎関節症の予防にも効果的です。

 

肩こりや頭痛も軽減されると言われていますが、では、逆にデメリットはあるのでしょうか。

 

  • 口内に異物を入れることで違和感がある
  • 手入れが面倒
  • 歯型に合っていないと歯並びが悪くなる
  • 金額が高め

 

このような意見が見られます。

 

違和感についてははじめのうちはやはり感じるようですが、人によっては慣れていくこともあります。

 

お手入れは歯医者で確認してもらうといいですが、食器用洗剤で洗うのみです。

 

市販されているものを使用することで歯並びが悪くなることがあります。

 

歯医者で作ってもらうと保険適用3割負担で5000~6000円程度です。

 

歯ぎしりで悩んでいる人は、かかりつけの歯科医に相談の上、マウスピースの効果とデメリットをよく考えて使用するようにしましょう。

 

 

 

まとめ

歯ぎしりは歯や健康の悪影響だけでなく、旅行なんかも行きづらくしていることもあるかもしれません。

 

誰でも質の良い睡眠をとりたいものなので、それを無意識に邪魔するのは申し訳ないですよね。

 

歯ぎしりしていることが分かったら、歯科医に相談し、適切な治療を受けましょう。

 

また、マウスピースの使用を検討してみてもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

★当記事と一緒にチェックしたい記事一覧★



★【2017年】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!


■第2位■
リップクリームの頻度と正しい塗り方は?使用期限はあるの?


■第3位■
風邪の引き始めといえる症状一覧!喉や鼻水以外にもサインはある?


■第4位■
冷えピタを貼る場所ってどこが正解?症状別にまとめた!


■第5位■
正しいお風呂の入り方って知ってた?順番やマナーについて紹介


■第6位■
白湯の素晴らしい効果って?温度や作り方についても調べてみた


■第7位■
五本指ソックスの効果とデメリット!偏平足や子供におすすめ



★【雑学】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
付き合う前の初デートで最適なプラン、脈ありかの見極め方とは?


■第2位■
キシリトールガムの食べ過ぎは危険?虫歯予防の効果はホント?


■第3位■
最近よく転ぶ人は必見!原因は病気の可能性も?治し方は?


■第4位■
靴のサイズが大きい…即効でできる対処法を厳選して4つ紹介!


■第5位■
牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?


■第6位■
よく口の中を噛む癖の原因は?即効性のある治療法と対策について


■第7位■
消化に良い食べ物一覧!コンビニや外食で手軽に買えるものは?



コメントを残す

認証コード 数字を入力

サブコンテンツ