↓人気記事(枠内スクロール可能)↓

【第1位】ユニクロのヒートテックが危険な理由…
【第2位】リップクリームの使用期限と塗り方!
【第3位】牛乳って実は危険な飲み物って知ってた?
【第4位】消化に良い食べ物!外食&コンビニ編!
【第5位】みぞれ・あられ・ひょうの違い知ってる?
【第6位】冷えピタの貼る場所はどこ?
【第7位】もずくには多くの効能があった!!
【第8位】付き合う前のドライブデート必勝法!
【第9位】正しいお風呂の入り方!体を洗う順番は?
【第10位】キシリトールガムの食べ過ぎが危険!

スポンサーリンク

セスキ炭酸ソーダは洗濯や掃除に使える!カビが取れるってホント?

セスキ炭酸ソーダ

 

重曹やクエン酸など、料理に使うものが掃除にも利用できると話題になることが多いですよね。

 

今回紹介するセスキ炭酸ソーダは料理には使えませんが、掃除に利用できると聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?

 

セスキ炭酸ソーダは重曹などとは違った汚れ落としができ、洗濯や掃除に活用できると注目されています。

 

また、しつこいカビが取れるという情報もあるので、真相が気になるところですね。

 

当記事では、セスキ炭酸ソーダの洗濯や掃除への使い方についてまとめ、併せてカビも取れるのかについて検証してみました。

スポンサーリンク

セスキ炭酸ソーダって?

同じアルカリ剤としておなじみの重層よりも使いやすく、用途が多いセスキ炭酸ソーダ。

 

どんな成分なのでしょうか?

 

セスキ炭酸ソーダは重曹と炭酸ナトリウムの複塩で入浴剤の成分としても有名です。

 

重曹と比較されることが多いのですが、

 

  • 重曹に比べて水に溶けやすい
  • 重曹の10倍のアルカリ力

 

このような違いがあります。

 

セスキ炭酸ソーダも重曹と同じように、環境に優しく人体にも無害なので安心して使うことができます。

 

しかし、アルカリ度が高いということで肌が荒れてしまうことがあるため、肌が弱い人は手袋を着用することをおすすめします。

 

また、目に入ってしまうと最悪失明する危険もありますので、十分に注意してください。

 

万が一目に入った場合は清潔な水で洗い、専門の医療機関を受診しましょう。

 

 

 

セスキ炭酸ソーダの得意分野&使用NGの場所

セスキ炭酸ソーダは以下の汚れ落としに力を発揮します。

 

 

皮脂汚れ&手垢汚れ

ドアノブやスイッチパネルに付いた手垢汚れ、ヘアブラシに付いた皮脂汚れなどに。

 

 

油汚れ

キッチンのコンロ回りや換気扇の油汚れに。

 

 

血液の汚れ

布ナプキンのつけ置きに。

 

 

続いて、使ってはいけない場所について紹介します。

 

 

アルミ製品

アルカリ性によって黒ずんでしまう。

 

 

畳や木質系、繊維系の素材

シミになったり、変色してしまうことがある。

 

 

 

掃除にはどうやって使うの?

セスキ炭酸ソーダを使って掃除するにはどうすれば良いのでしょうか?

 

先ほども説明したとおり、セスキ炭酸ソーダは水に溶けやすいのでスプレーボトルに入れて使用するのが最適です。

 

 

セスキ水の作り方

水500mlに対してセスキ炭酸ソーダ小さじ1をスプレーボトルに入れて溶かす。

 

このセスキ水を気になる汚れにスプレーして拭き取るだけで汚れが落ちます。

 

 

上記の方法以外にも、セスキ炭酸ソーダは洗濯に使用できます。

 

あまりに汚れがひどい場合は向きませんが、軽い汚れの洗濯物がある時に使ってみましょう。

 

 

セスキ炭酸ソーダでの洗濯の仕方

水30Lに対してセスキ炭酸ソーダ大さじ1を洗濯槽に入れていつも通りに洗濯します。

 

汚れがひどい部分にはスプレーしてつけ置きすると効果的ですが、あまりにひどい汚れはセスキ炭酸ソーダでは落ちないので洗濯用洗剤を使いましょう。

 

この時もセスキ炭酸ソーダを一緒に使用すると洗濯槽汚れの予防になります。

 

※関連記事

洗濯槽汚れの掃除の仕方と頻度について!臭いも除去できるの?

 

 

 

カビが取れるってホント?

カビが多い場所と言えば浴室ですが、セスキ炭酸ソーダは皮脂や垢汚れが多い浴室の掃除にもおすすめです。

 

しかし、残念ながらアルカリ剤ではカビ取りまではできません。

 

ただ、汚れを付きにくくするのでカビ予防には効果があります。

 

汚れを落とした浴槽の壁や床にセスキ水をスプレーして布で拭き取りましょう。

 

ちなみにカビを取るには、洗濯槽の汚れ落としにも効果的な酸素系漂白剤などがおすすめです。

 

※関連記事

お風呂のピンク汚れの原因は?洗剤や重曹を使った落とし方を紹介

 

 

 

まとめ

重曹よりもアルカリ力がアップしているセスキ炭酸ソーダ。

 

ナチュラルクリーニングを始めたい方は、便利で使いやすいので是非セスキ炭酸ソーダを使ってみてください。

 

重曹やクエン酸も使ってそれぞれの得意な汚れを把握し、ナチュラルクリーニングを極めたいですね。

 

汚れがみるみる取れるので、お掃除が楽しくなって家中ピカピカになりますよ。

スポンサーリンク

★当記事と一緒にチェックしたい記事一覧★



★【2017年】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!


■第2位■
リップクリームの頻度と正しい塗り方は?使用期限はあるの?


■第3位■
風邪の引き始めといえる症状一覧!喉や鼻水以外にもサインはある?


■第4位■
冷えピタを貼る場所ってどこが正解?症状別にまとめた!


■第5位■
正しいお風呂の入り方って知ってた?順番やマナーについて紹介


■第6位■
白湯の素晴らしい効果って?温度や作り方についても調べてみた


■第7位■
五本指ソックスの効果とデメリット!偏平足や子供におすすめ



★【雑学】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
付き合う前の初デートで最適なプラン、脈ありかの見極め方とは?


■第2位■
キシリトールガムの食べ過ぎは危険?虫歯予防の効果はホント?


■第3位■
最近よく転ぶ人は必見!原因は病気の可能性も?治し方は?


■第4位■
靴のサイズが大きい…即効でできる対処法を厳選して4つ紹介!


■第5位■
牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?


■第6位■
よく口の中を噛む癖の原因は?即効性のある治療法と対策について


■第7位■
消化に良い食べ物一覧!コンビニや外食で手軽に買えるものは?



コメントを残す

認証コード 数字を入力

サブコンテンツ