↓人気記事(枠内スクロール可能)↓

【第1位】ユニクロのヒートテックが危険な理由…
【第2位】リップクリームの使用期限と塗り方!
【第3位】牛乳って実は危険な飲み物って知ってた?
【第4位】消化に良い食べ物!外食&コンビニ編!
【第5位】みぞれ・あられ・ひょうの違い知ってる?
【第6位】冷えピタの貼る場所はどこ?
【第7位】もずくには多くの効能があった!!
【第8位】付き合う前のドライブデート必勝法!
【第9位】正しいお風呂の入り方!体を洗う順番は?
【第10位】キシリトールガムの食べ過ぎが危険!

スポンサーリンク

風邪でなぜ関節痛が起きる?熱なしでも痛くなる?和らげる方法は?

風邪 関節痛

 

「風邪かもしれない」と感じる症状のひとつに関節痛がありますよね。

 

やる気モチベーションが最も下がるいやな症状ですが、なぜ関節痛は起きるのでしょう?

 

また、熱がなくても関節痛を感じてしまう場合もありますよね。

 

そんな辛い関節痛ですが、和らげる方法があれば知りたいところです。

 

今回、風邪の関節痛はなぜ起きるのか、和らげる方法も併せてまとめました。

スポンサーリンク

風邪で関節痛が起きる理由

風邪と関節痛とのつながりを整理してみましょう。

 

当たり前ですが、風邪はウイルスに感染することで起こります。

 

そのため、「関節痛もウイルスのせい?」と考える人もいるかもしれませんが、実はそうではありません。

 

ウイルスと闘う体の免疫機能によるものなのです。

 

まず、発熱すると関節痛が起こりやすくなる仕組みを説明します。

 

風邪のウイルスが体に侵入すると、のどに炎症が起きたり鼻水やくしゃみが出たりします。

 

すると体は防衛態勢に入ってウイルスを攻撃します。

 

そのときに発熱の指令も出ますが、これは発熱により体温を上げてウイルスの働きを弱めるためです。

 

また、体温が上昇するとき「PGE2」という物質も発熱と同時に出ます。

 

PGE2はウイルスへの攻撃が暴走しないように制御する物質で、これが痛みを感じやすくさせる作用を持っているのです。

 

なんで制御する必要があるの?と思うかもしれませんが、それは免疫機能が暴走し、正常な細胞まで傷つけてしまうことを防止するためなのです。

 

したがって、発熱して関節痛がするのは“体がウイルスと戦っている状態”と理解しましょう。

 

 

 

熱がないのに風邪で関節が痛くなる原因

まず、風邪の症状があるのに熱が出ない状態を考えてみましょう。

 

現実的なのは、主に次の3つの場合です。

 

 

熱を出すほどの状態ではない

熱を出さなくてもウイルス退治がうまくできている状態と言えます。

 

 

熱がすでに出たあと

微熱だったので、自分でも発熱した自覚がなかったのかもしれません。

 

 

これから熱が出るところ

風邪の諸症状と発熱との単なるタイムラグ。

 

 

さて、上記のような状態でも関節痛があるということはどういうことなのでしょう?

 

先ほど説明したとおり、関節痛がある状態というのは免疫機能がウイルスと戦っている状態でした。

 

ということは、熱がなくても関節痛がある場合は、「少し休みなさい」という体からのサインと思った方がいいでしょう。

 

関節痛がある場合、痛みで自然と動きたくなくなるものですよね。

 

これは、身体が痛みを発することで休息をとらせている状態だと解釈しましょう。

 

 

 

風邪からくる関節痛を和らげる方法

当たり前ですが、「風邪を治す」ということが一番です。

 

痛みを根本からとるには、ウイルスを退治して風邪を治すしかありません。

 

そうは言っても痛みはホントに辛いと思うので、一時的にでも和らげる方法を紹介したいと思います。

 

下記の方法には個人差があるので、無理をせず試してみてくださいね。

 

 

ラベンダーのアロマオイルで和らげる

リラックス効果があると言われています。

 

ラベンダーの香りで安眠できれば、風邪の治りも早まるかもしれませんね。

 

 

体を温めてほっこりして和らげる

カフェインなし、副交感神経の活動を促進する作用があると言われている白湯がおすすめ。

 

※関連記事

白湯の素晴らしい効果って?温度や作り方についても調べてみた

 

体がリラックスして休まる効果も期待できます。

 

 

湿布を貼って和らげる

少しでも「気持ちいい」と感じるようならば、やってみる価値がありますよね。

 

ただし、トレーニングなどによる痛みとは違うので根本治療にはなりません。

 

 

どうしても我慢できなければ鎮痛剤を正しく使用して和らげる

風邪はウイルス退治をしなければ治らないので、痛くて眠れないと長引くだけです。

 

購入時には薬局にいる薬剤師に相談し、用法用量は必ず守るようにしましょう。

 

 

 

最後に…

風邪のときの関節痛というのは本当につらいものですよね。

 

でも関節痛が起きているのは、熱があってもなくても体にとっては非常事態ということ。

 

そんなときはうまく痛みを和らげながら、最低限のことだけをして体を休ませるのが一番です。

 

きちんと休んでチャージし、また元気に頑張りましょう。

スポンサーリンク

★当記事と一緒にチェックしたい記事一覧★



★【2017年】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!


■第2位■
リップクリームの頻度と正しい塗り方は?使用期限はあるの?


■第3位■
風邪の引き始めといえる症状一覧!喉や鼻水以外にもサインはある?


■第4位■
冷えピタを貼る場所ってどこが正解?症状別にまとめた!


■第5位■
正しいお風呂の入り方って知ってた?順番やマナーについて紹介


■第6位■
白湯の素晴らしい効果って?温度や作り方についても調べてみた


■第7位■
五本指ソックスの効果とデメリット!偏平足や子供におすすめ



★【雑学】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
付き合う前の初デートで最適なプラン、脈ありかの見極め方とは?


■第2位■
キシリトールガムの食べ過ぎは危険?虫歯予防の効果はホント?


■第3位■
最近よく転ぶ人は必見!原因は病気の可能性も?治し方は?


■第4位■
靴のサイズが大きい…即効でできる対処法を厳選して4つ紹介!


■第5位■
牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?


■第6位■
よく口の中を噛む癖の原因は?即効性のある治療法と対策について


■第7位■
消化に良い食べ物一覧!コンビニや外食で手軽に買えるものは?



コメントを残す

認証コード 数字を入力

サブコンテンツ