↓人気記事(枠内スクロール可能)↓

【第1位】ユニクロのヒートテックが危険な理由…
【第2位】リップクリームの使用期限と塗り方!
【第3位】牛乳って実は危険な飲み物って知ってた?
【第4位】消化に良い食べ物!外食&コンビニ編!
【第5位】みぞれ・あられ・ひょうの違い知ってる?
【第6位】冷えピタの貼る場所はどこ?
【第7位】もずくには多くの効能があった!!
【第8位】付き合う前のドライブデート必勝法!
【第9位】正しいお風呂の入り方!体を洗う順番は?
【第10位】キシリトールガムの食べ過ぎが危険!

スポンサーリンク

腕相撲で確実に勝つためのコツを伝授!鍛えるべき筋肉はどこ?

腕相撲 コツ

 

腕相撲で勝負することってたまにありますよね。

 

腕相撲は力の勝負と思われがちですが、実はとても奥が深いものってご存知でしたか?

 

勝利するための秘訣は筋肉よりもその戦い方にあり、「吊り手」という戦法を駆使するのですが、もちろん筋肉トレーニングも有効です。

 

両方をうまく行えば勝率アップ間違いなしなので、まずは腕相撲のコツをつかみ効率よく筋肉トレーニングをしてみませんか?

 

今回、腕相撲で勝利するためのコツについてまとめました。

スポンサーリンク

吊り手が勝利のコツ?

まず、自分で腕を動かしながら腕相撲のしくみをイメージしてみましょう。

 

腕相撲は肘が支点のような役割を果たしていて、握り合った拳が回転運動をしていますよね。

 

でも勝負では実にいろいろな方向への力が働いています

 

これを理解しておくことが、効果的な「吊り手」に役立ちます。

 

まずは「力が入らなくなる方向」を自分なりに感じてみましょう。

 

 

1、拳が上向き、腕が伸びている

腕相撲の姿勢で肘を支点に立て、逆の手で握った指の部分を下方向から向こう側に押してみましょう。

 

指を開かせるようなイメージで山なりの軌道で動かしてみます。

 

すると手首が返って上向きになったあたりから、全く腕が踏ん張れていないことが分かります。

 

肘が開き腕も伸びて拳がどんどん倒れていってしまいますよね。

 

 

2、手首が立っていない

腕相撲をする状態から拳の小指側を下に向けて動かしてみましょう。

 

握った棒を手首だけで振り下ろすようなイメージです。

 

その状態ができたら、握った指の部分を逆の手で内側から外側へ押してみてください。

 

手首の踏ん張りが利かず、力が入りにくいことが分かると思います。

 

 

 

吊り手のやり方

力が弱くても勝てる戦法、それが吊り手、いわゆるトップロールと呼ばれる技で、相手を力が入らない状態にして勝つという方法です。

 

まず取り組み方ですが、人差し指が相手の手よりも高い位置になるように組み、その後、人差し指で自分の親指を押さえるように握ります。

 

始まったら、相手の腕を少しでも伸ばすために相手の拳をすかさずこちら側へ引きましょう。

 

自分の腕は90度に曲げた状態を保って、重心を下げる感じで体重ごと引っ張るとうまくいくかもしれません。

 

相手の拳をめくって返すイメージで、ねじりながらさらに手前に引いて腕を伸ばしていきます。

 

ポイントは自分の中指に力を込めて、組んでいる腕と反対方向の斜め後ろに自分の体ごと引っ張るイメージです。

 

相手の拳が返り、手のひらが上を向いて腕が伸びてしまうと、相手はもう力がうまく入らない状態です。

 

そうなればしめたもので、後は相手の甲を下に着けてフィニッシュです。

 

トップロールのやり方はイメージはできても、実践行うとなるとなかなかうまくいかないので、練習あるのみです。

 

釣り手は方向、タイミング、スピードが大切です。

 

一連の動きでできるよう練習しましょう。

 

 

 

筋力を増大させてパワーをつける

トップロールの場合、うまくやれば女性や子供でもそれなりに勝つことができるでしょう。

 

しかし、筋肉トレーニングはやはり効果的です。

 

腕相撲で特に必要な筋肉は、「引くための筋肉」と言われています。

 

まずは背中を鍛えましょう。

 

もちろん、下半身も含め全身を総合的に鍛えるべきですが、とりあえず腕相撲に効果的な筋肉を重要なところから鍛える方が効率が良いでしょう。

 

ゴムチューブを使えば気軽に行えるので、ゴムの抵抗を感じながらやってみましょう。

 

 

広背筋

背中にある広い筋肉。

 

ゴムチューブを肩幅程度の幅に握って腕を上にあげて構えます。

 

肩甲骨を中心に寄せるイメージで開きながら肘を90度まで曲げます。

 

腕で引かずに背中で引くことができるようになると、結構効きますよ。

 

 

上腕二頭筋

いわゆる力こぶの筋肉。

 

手のひら側を体側に向けてゴムチューブの端をしっかりと足で踏み固定し、腕を曲げていきます。

 

 

前腕筋

肘から手首までの筋肉。

 

ゴムチューブの端を足で踏み固定して一方を持って手首で上げ下げしましょう。

 

 

肩甲下筋

肩甲骨前側にある筋肉。

 

ゴムチューブの端を柱などに固定し、柱側にある手でもう一方の端を持ちます。

 

脇をしめて肘をおよそ90度に曲げた状態で内側にゆっくり引きます。

 

ひじは体から離さないよう注意しましょう。

 

 

 

最後に…

力比べと言われる腕相撲。

 

今日紹介した吊り手の戦法をぜひマスターして、力だけではない腕相撲をやってみましょう。

 

コツが分かればあとは練習あるのみです。

スポンサーリンク


★【2017年】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!


■第2位■
リップクリームの頻度と正しい塗り方は?使用期限はあるの?


■第3位■
風邪の引き始めといえる症状一覧!喉や鼻水以外にもサインはある?


■第4位■
冷えピタを貼る場所ってどこが正解?症状別にまとめた!


■第5位■
正しいお風呂の入り方って知ってた?順番やマナーについて紹介


■第6位■
白湯の素晴らしい効果って?温度や作り方についても調べてみた


■第7位■
五本指ソックスの効果とデメリット!偏平足や子供におすすめ



★【雑学】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
付き合う前の初デートで最適なプラン、脈ありかの見極め方とは?


■第2位■
キシリトールガムの食べ過ぎは危険?虫歯予防の効果はホント?


■第3位■
最近よく転ぶ人は必見!原因は病気の可能性も?治し方は?


■第4位■
靴のサイズが大きい…即効でできる対処法を厳選して4つ紹介!


■第5位■
牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?


■第6位■
よく口の中を噛む癖の原因は?即効性のある治療法と対策について


■第7位■
消化に良い食べ物一覧!コンビニや外食で手軽に買えるものは?



コメントを残す

認証コード 数字を入力

サブコンテンツ