↓人気記事(枠内スクロール可能)↓

【第1位】ユニクロのヒートテックが危険な理由…
【第2位】リップクリームの使用期限と塗り方!
【第3位】牛乳って実は危険な飲み物って知ってた?
【第4位】消化に良い食べ物!外食&コンビニ編!
【第5位】みぞれ・あられ・ひょうの違い知ってる?
【第6位】冷えピタの貼る場所はどこ?
【第7位】もずくには多くの効能があった!!
【第8位】付き合う前のドライブデート必勝法!
【第9位】正しいお風呂の入り方!体を洗う順番は?
【第10位】キシリトールガムの食べ過ぎが危険!

スポンサーリンク

ベビーシッターに資格は必要?仕事内容についてまとめてみた!

ベビーシッター

 

女性の社会進出、共働き家庭の増加、離婚率の上昇などにより

ベビーシッターという仕事が、最近注目されています。

 

ベビーシッターとは個人宅や施設などで

乳幼児から小学生くらいまでの子供の保育、世話をする仕事で、

子供や家庭の個々の事情に合わせたサービスを提供するのが特徴です。

 

現代社会、働く女性にとって子育ての協力者として、

大変需要があり、夜や休日の依頼が多いため、

副業としても注目されています。

 

今回、ベビーシッターの仕事を始めるにあたり、

資格は必要なのか、どんな仕事内容なのか、

詳しく紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

ベビーシッターに資格は必要?

 

過去、ベビーシッターになるために特別な資格は必要ありませんでした。

 

しかし、最近はベビーシッターの不祥事がニュースにも多く取り上げられた事から、

安心、安全を求める声が強くなり、資格制度が見直されました。

 

国家資格ではありませんが、民間の資格で

認定ベビーシッター」といわれる資格があります。

 

この試験は、厚生労働省が認可している

公益社団法人全国保育サービス協会」が行っています。

 

現時点では、資格を取得していなくても働く事は出来ますが、

給料に差が出たり、信用度にも大きく影響するため、

依頼件数にも影響が出てきます。

 

お客様は信頼出来る人に依頼したいという気持ちが強いので、

資格を取得している人の方が優先して仕事を依頼されます。

 

今後のベビーシッター業界の流れを考えても、

持っている方が有利と言えるでしょう。

 

また、資格を持っている事が

採用の条件となっている会社もあります。

 

「認定ベビーシッター」の資格を受験するためには、

18歳以上で協会が主催する新任研修を受ける必要があります。

 

新任研修を修了し、認定試験に合格すると、

「認定ベビーシッター」として「社団法人全国ベビーシッター協会」に

登録されます。

 

試験内容は選択式50問、記述式(400字以内)1問の計90分です。

 

合格率については毎年80~90%程あるので、

難易度については、勉強さえしっかりとしておけば

それほど高くないと考えていいでしょう。

 

その他、ベビーシッターとして働く際、

保育士や看護師の資格を所持していれば、

更に優遇されることもあるようです。

 

 

ベビーシッターの仕事内容

 

ベビーシッターは、ほとんどが契約社員となっており、

ベビーシッター会社に登録して必要とされている方からの

依頼を待ちます。

 

仕事内容については、

母親が仕事や私用、病気などで子供の世話が出来ない時、

保護者に代わり子供の面倒を見る

というものです。

 

具体的には、

 

・子供の身の回りの世話

→ 食事、おむつ替え、保育園・幼稚園・習い事の送迎、遊びに連れて行く

 

・保護者の援助

→ 産後の家事、育児の手伝い

 

といったものですが、預かる子供の年齢、

依頼する保護者の要望も様々なので、

個々に仕事内容も若干変わってきます。

 

ベビーシッターには安全に子供を保護し、子供に楽しい時間を提供し、

保護者が安心して仕事に取り組める時間を作る事が求められます。

 

そのため、保護者(管理者)としての自覚と責任感も必要となり、

単なる「子供が好き」という気持ちだけでは足りない事を意味します。

 

また、保護者の不安を軽減して信頼を得るためにも、

子供だけでなく大人とのコミュニケーション能力も

必要な要素です。

 

「この人なら子供を預けても安心」そういった気持ちにさせる、

コミュニケーション能力が必要と言えるでしょう。

 

こういった事も踏まえると、ある程度、子供に関しての知識や経験が

必要とされるため、子育てを終えて手の空いた女性の方などに

最適な仕事と言えるでしょう。

 

また、幼児育熱が高まっている事から、

教育に関する専門知識も求められてきています。

 

育児の援助以外に、英会話やピアノなどを子供に教えることができる

「家庭教師」的なスキルを備え持つ方が

優遇される傾向もあるようです。

 

幅広く育児、教育に関するスキルを身に着け、

一般のベビーシッターとの差をつけることが、

ベビーシッターとしてファンをたくさん作る秘訣と言えるでしょうね。

スポンサーリンク


★【2017年】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!


■第2位■
リップクリームの頻度と正しい塗り方は?使用期限はあるの?


■第3位■
風邪の引き始めといえる症状一覧!喉や鼻水以外にもサインはある?


■第4位■
冷えピタを貼る場所ってどこが正解?症状別にまとめた!


■第5位■
正しいお風呂の入り方って知ってた?順番やマナーについて紹介


■第6位■
白湯の素晴らしい効果って?温度や作り方についても調べてみた


■第7位■
五本指ソックスの効果とデメリット!偏平足や子供におすすめ



★【雑学】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
付き合う前の初デートで最適なプラン、脈ありかの見極め方とは?


■第2位■
キシリトールガムの食べ過ぎは危険?虫歯予防の効果はホント?


■第3位■
最近よく転ぶ人は必見!原因は病気の可能性も?治し方は?


■第4位■
靴のサイズが大きい…即効でできる対処法を厳選して4つ紹介!


■第5位■
牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?


■第6位■
よく口の中を噛む癖の原因は?即効性のある治療法と対策について


■第7位■
消化に良い食べ物一覧!コンビニや外食で手軽に買えるものは?



コメントを残す

認証コード 数字を入力

サブコンテンツ