↓人気記事(枠内スクロール可能)↓

【第1位】ユニクロのヒートテックが危険な理由…
【第2位】リップクリームの使用期限と塗り方!
【第3位】牛乳って実は危険な飲み物って知ってた?
【第4位】消化に良い食べ物!外食&コンビニ編!
【第5位】みぞれ・あられ・ひょうの違い知ってる?
【第6位】冷えピタの貼る場所はどこ?
【第7位】もずくには多くの効能があった!!
【第8位】付き合う前のドライブデート必勝法!
【第9位】正しいお風呂の入り方!体を洗う順番は?
【第10位】キシリトールガムの食べ過ぎが危険!

スポンサーリンク

冬季うつ病が怖い…症状とは?対策の中でも特に有効なものを紹介

冬季うつ病

 

寒い冬の季節になると布団からなかなか出られなくなり、夏と比べて外出が面倒になる…なんて人は多いのではないでしょうか?

 

また、冬になるとついたくさん食事を摂ってしまうという方もいるかと思います。

 

これらのことは、誰でも起こりうる当たり前のことと思うかも知れませんが、冬季におこる心身の不調「冬季うつ病」の症状かも知れません。

 

初めて聞く方も多いかも知れませんが、あなたの身近に潜んでいる可能性があるので早めの対策を心がけましょう。

 

今回、冬季うつ病についてまとめました。

スポンサーリンク

その症状、もしかして「冬季うつ病」?

冬季うつ病とは、病名の通り冬季(10~12月)だけに起こるうつ病のことを指し、冬が過ぎ春になれば自然と治り元の状態へ戻るのが特徴です。

 

冬季うつ病には、“冬”と限定して言われるだけあり、独特の症状がいくつかあります。

 

以下の「冬季うつ病チェック」に当てはまる方は、冬季うつ病の可能性がありますので要注意です。

 

冬季うつ病チェック内容

  • 布団から出られない
  • 冬季になると寝坊してしまう
  • 甘いものにすぐ手が伸びてしまう
  • 炭水化物が食べたくなる
  • 外に出る気がでない、何もする気力がない
  • 朝起きると憂鬱
  • 一日中眠い
  • 趣味に没頭できない
  • 人に会うのが面倒

 

冬季うつ病ですが、男性よりも女性の方が4倍かかりやすいと言われています。

 

理由としては、以下の次項で詳しくお話しますが、日光に当たる時間大きく関係しています。

 

日光に当たる時間が短いほど冬季うつ病になる可能性が高まるので、室内にいる時間が長い主婦の方やオフィスワークの女性が掛かりやすいのではないかと考えられます。

 

 

 

冬季うつ病の原因は?

冬季うつ病の大きな原因は、ズバリ“日照時間の減少”といえます。

 

人間は日光に当たることにより、精神を安定させる物質「セロトニン」が脳内に分泌されます。

 

日光へ当たる時間が減ると同時にセロトニンも減り、精神が不安定になります。

 

冬季の場合、他の季節に比べ日照時間が短くなるため、普段と同じような生活を送っていたとしてもセロトニン分泌量は減少します。

 

そのため精神が不安定になりやすくなり、重症化してしまうと冬季うつ病へと発展するのです。

 

しかも、うつ傾向にあるとさらに外出をする機会も減るので、負のスパイラル状態に陥ります。

 

前述の通りうつ病は日光へ当たる時間の減少が原因の一つです。

 

日照時間の短い冬季だけに限らず、

 

  • 家の中にこもりがち
  • 日の当たりづらい部屋で生活している
  • 昼と夜が逆転した生活

 

このような方は、うつ病になる可能性は高いといえるので注意しましょう!

 

 

冬季うつ病の対策!

最後に、冬季うつ病にかからないための対策で特に重要なものを2つ紹介しておきます。

 

 

対策1:日光をたくさん浴びる

冬季うつ病の原因でお話しましたが、日光へ当たることで脳内物質セロトニンが分泌され精神が安定します。

 

冬季は寒くて遅くまで寝ていたい!という気持ちも分かりますが、起きたらすぐにカーテンを開けて深呼吸してみましょう!

 

目も覚めてすっきりとした気分で朝を迎えられます。

 

※関連記事

 

 

対策2:ストレスを溜めない

日々のストレスもうつ病になってしまう大きな原因の一つです。

 

普段から軽い運動を取り入れストレスを溜めないよう心がけましょう。

 

おすすめの運動は日光を思いっきり浴びることができ簡単に始められるウォーキングです。

 

特に朝に行うと一日爽快な気分で過ごせるのでおすすめです。

 

※関連記事

散歩で得られる効果とは?朝か夜どちらの時間帯にすればいい?

 

 

 

まとめ

冬季うつ病は冬季特有の症状です。

 

日照時間の減少により脳内物質セロトニンの分泌が抑制されるため、精神が不安定になることによって発症します。

 

改善策として、意識的に日光へ当たる時間を増やしストレスを溜めないということがとても大切です。

 

もし、あなたや身近に「冬季うつ病かもしれない…」とお悩みの方がいれば、今回の記事をお役立て下さいね。

スポンサーリンク

★当記事と一緒にチェックしたい記事一覧★



★【2017年】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!


■第2位■
リップクリームの頻度と正しい塗り方は?使用期限はあるの?


■第3位■
風邪の引き始めといえる症状一覧!喉や鼻水以外にもサインはある?


■第4位■
冷えピタを貼る場所ってどこが正解?症状別にまとめた!


■第5位■
正しいお風呂の入り方って知ってた?順番やマナーについて紹介


■第6位■
白湯の素晴らしい効果って?温度や作り方についても調べてみた


■第7位■
五本指ソックスの効果とデメリット!偏平足や子供におすすめ



★【雑学】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
付き合う前の初デートで最適なプラン、脈ありかの見極め方とは?


■第2位■
キシリトールガムの食べ過ぎは危険?虫歯予防の効果はホント?


■第3位■
最近よく転ぶ人は必見!原因は病気の可能性も?治し方は?


■第4位■
靴のサイズが大きい…即効でできる対処法を厳選して4つ紹介!


■第5位■
牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?


■第6位■
よく口の中を噛む癖の原因は?即効性のある治療法と対策について


■第7位■
消化に良い食べ物一覧!コンビニや外食で手軽に買えるものは?



コメントを残す

認証コード 数字を入力

サブコンテンツ