↓人気記事(枠内スクロール可能)↓

【第1位】ユニクロのヒートテックが危険な理由…
【第2位】リップクリームの使用期限と塗り方!
【第3位】牛乳って実は危険な飲み物って知ってた?
【第4位】消化に良い食べ物!外食&コンビニ編!
【第5位】みぞれ・あられ・ひょうの違い知ってる?
【第6位】冷えピタの貼る場所はどこ?
【第7位】もずくには多くの効能があった!!
【第8位】付き合う前のドライブデート必勝法!
【第9位】正しいお風呂の入り方!体を洗う順番は?
【第10位】キシリトールガムの食べ過ぎが危険!

スポンサーリンク

みぞれ、あられ、ひょう、違いを分かりやすく解説!雪とは違う?

みぞれ

 

「みぞれ」「あられ」「ひょう」という言葉は、

それぞれ天気予報でよく耳にしますよね。

 

いつもなんとなく聞いているこの言葉ですが、

何が違うのか説明してくれと言われると、

答えれる人は少ないのではないでしょうか。

 

さらに、似たような気象状況として「雪」もありますが、

雪が変化して「みぞれ」「あられ」「ひょう」になるのかも気になります。

 

今回、「みぞれ」「あられ」「ひょう」の違い、

そして雪との関係についてまとめました。

スポンサーリンク

 

みぞれ、あられ、ひょうの違いは?

 

まずは「ひょう」について説明します。

 

ひょうは、積乱雲から降る直径5㎜以上の氷の塊のことを指します。

 

空気中にある水蒸気により雲の中に氷の塊が発生します。

 

これは上昇気流によって上に浮いていますが、

この上昇気流が激しい時に氷はなかなか落ちてくることが出来ず、

雲の中で上昇したり下降したりを繰り返し

大きくなった重みで降ってきます。

 

これがひょうの発生のメカニズムです。

 

時にはゴルフボールほどのひょうが降り、農作物が傷んでしまったり、

車の窓ガラスが割れたりする被害も報告されています。

 

また、そこまで大粒だと傘では防ぎきれないので、

ひょうが降ってきたらすぐにでも安全な建物の中に

避難するようにしましょう。

 

ひょうで怪我をしたりするのは勘弁してほしいですね。

 

続いて「あられ」について説明します。

 

あられの発生メカニズムはひょうと同じです。

 

ひょうと異なる点は何かというと、それは氷の塊の大きさです。

 

ひょうが直径5mm以上に対し、

あられは直径5㎜以下の大きさの場合を指します。

 

またあられには、「雪あられ」と呼ばれるものと

「氷あられ」と呼ばれるものがあります。

 

「雪あられ」とは、雲の中の水蒸気同士が瞬時にくっついた状態のあられで、

これは隙間を空けてくっつくので地面に落ちた時に

壊れやすいというものです。

 

もうひとつは水蒸気がゆっくりとくっついた状態の「氷あられ」ですが、

こちらは隙間を埋めるようにくっつくので、

固く壊れにくいのが特徴です。

 

最後に「みぞれ」について説明します。

 

みぞれは、ひょうやあられのように氷の塊ではなく、

雨に混じって降る雪や溶けかかって降る雪のことを指します。

 

気象観測の分類上では、みぞれは雪になるので、

もしシーズン最初にみぞれが降ったとしたら、

それが初雪となります。

 

「みぞれ」「あられ」「ひょう」の違いは、

難しそうにみえますが、粒の大きさだけと考えると簡単ですよね。


 

 

雪との違いは何?

 

みぞれが雪に分類されることは前の項で分かりましたが、

「ひょう」「あられ」と「雪」との違いは何かみていきましょう。

 

まずは雪発生のメカニズムから説明します。

 

1. 水蒸気を含んだ雲が、上空の気温が低いときに

 大気中の微粒子を核(雲核)として氷の結晶が発生する。

2. 氷の結晶に周囲の水蒸気が昇華して氷の結晶が成長し雪片になる。

3. やがて、上昇気流より重くなったものが落下し、地上まで溶けずに落ちると雪となる。

 

ちなみに地上に落ちるまでの途中で溶けたものは雨となります。

 

この中に雪とひょう、あられの違いをあらわすヒントがあります。

 

キーワードは「結晶」です。

 

雪には結晶が存在するが、ひょうやあられには結晶が存在しない

 

これが、雪とひょう、あられと大きく異なる点です。

 

確かに雪を手に取ってみると、きれいな結晶が確認できますね。

 

ちなみに雪の結晶の形状パターンはいくつもあり、

それは必ずしも六角形ではありません。

 

結晶ができるときの温度や湿度によって変わるので、

様々な結晶を楽しむのもいいかもしれませんね。

 

ひょうやあられを手に取ることはなかなかありませんが、

そんなところに違いがあったとは思いもよりませんでしたね。

 

空から降るのは同じなのに、でき方で氷の塊になったり

結晶を成長させて降ったりと自然の力は

本当に偉大だと感じざるを得ません。

 

今後、雪やひょう、あられが降った時はつい空を見上げてしまいそうですね。

スポンサーリンク


★【2017年】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!


■第2位■
リップクリームの頻度と正しい塗り方は?使用期限はあるの?


■第3位■
風邪の引き始めといえる症状一覧!喉や鼻水以外にもサインはある?


■第4位■
冷えピタを貼る場所ってどこが正解?症状別にまとめた!


■第5位■
正しいお風呂の入り方って知ってた?順番やマナーについて紹介


■第6位■
白湯の素晴らしい効果って?温度や作り方についても調べてみた


■第7位■
五本指ソックスの効果とデメリット!偏平足や子供におすすめ



★【雑学】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
付き合う前の初デートで最適なプラン、脈ありかの見極め方とは?


■第2位■
キシリトールガムの食べ過ぎは危険?虫歯予防の効果はホント?


■第3位■
最近よく転ぶ人は必見!原因は病気の可能性も?治し方は?


■第4位■
靴のサイズが大きい…即効でできる対処法を厳選して4つ紹介!


■第5位■
牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?


■第6位■
よく口の中を噛む癖の原因は?即効性のある治療法と対策について


■第7位■
消化に良い食べ物一覧!コンビニや外食で手軽に買えるものは?



コメントを残す

認証コード 数字を入力

サブコンテンツ