↓人気記事(枠内スクロール可能)↓

【第1位】ユニクロのヒートテックが危険な理由…
【第2位】リップクリームの使用期限と塗り方!
【第3位】牛乳って実は危険な飲み物って知ってた?
【第4位】消化に良い食べ物!外食&コンビニ編!
【第5位】みぞれ・あられ・ひょうの違い知ってる?
【第6位】冷えピタの貼る場所はどこ?
【第7位】もずくには多くの効能があった!!
【第8位】付き合う前のドライブデート必勝法!
【第9位】正しいお風呂の入り方!体を洗う順番は?
【第10位】キシリトールガムの食べ過ぎが危険!

スポンサーリンク

【インフルエンザ2015】大阪で流行する時期や症状について紹介!

インフルエンザ2015

 

木枯らしが吹き肌寒くなると、体調管理にはこれまで以上に気をつけたいものです。

 

中でもインフルエンザは毎年のように流行し、場合によっては命の危険もあるので油断はできません。

 

とくに、都会は人も多いため時期によっては大流行する可能性もあります。

 

今回、2015年に大阪でインフルエンザが流行するのはいつ頃か、またインフルエンザの症状についてもまとめたいと思います。

スポンサーリンク

インフルエンザの主な症状と対策!

インフルエンザは大きく分けて3種類ありますが、中でも毎年のように流行しているのがA型インフルエンザです。

 

最近は新型インフルエンザが大変話題になっていますが、2015年もA型インフルエンザが猛威を奮うとみて間違いはありません。

 

そこでA型インフルエンザの主な症状と対策について、じっくり解説していきます。

 

 

2015年インフルエンザの主な症状は?

インフルエンザにかかると急激に38度以上の高熱に襲われ、関節に強い痛みが生じます。

 

他に、重い喉の痛みや鼻づまり・頭痛や高熱が出て、悪化すると立っていることすら困難になります。

 

一見すると風邪と似たような症状が出るインフルエンザですが全くの別物です。

 

病院で診てもらう以外で判断するのは難しいので、少しでも怪しいと思ったら直ぐに医師の診断を受けましょう。

 

また、インフルエンザは感染力が非常に強いので、1人が感染すれば一気に周りに広がり流行します。

 

老人や子供に感染すると下手すれば命の危険に晒される恐れもあるので、迅速に対応するようにしましょう。

 

 

インフルエンザを予防するには?

インフルエンザは非常に怖い病気ですが、日頃から予防を意識していれば何の問題もありません。

 

外出先から帰ればウイルスの侵入を防ぐためにも、手洗いとうがいをしっかり行いましょう。

 

※関連記事

正しいうがいの仕方は?緑茶ですべき?回数や濯ぎ方について

 

小学生の頃から耳にタコができるほど聞かされたことかと思いますが、うがい・手洗いは感染を防ぐために非常に有効です。

 

また、免疫力をつけるため普段から十分に睡眠を取り、栄養バランスの取れた食事を心がけます。

 

できれば人が多い場所へ出かけるのを極力避けるか、外出時はマスクを常に着用するようにしましょう。

 

※関連記事

マスクって口臭予防になるの?正しい付け方と裏表について

 

 

2015年インフルエンザの流行時期はいつ頃?

インフルエンザが今年はいつ流行するのか、時期が気になる人は多いかと思います。

 

2014年末~2015年のインフルエンザ流行を分析してみると、12月に入ると少しづつインフルエンザの流行が始まり、1~2月頃ピークを迎えます。

 

そして2月終わり頃から3月にかけてインフルエンザの患者数は徐々に減っていき、4月入る頃には沈静化していきました。

 

ただ、この状況はあくまでも去年の分であり、今年はどうなるかはまだ分かりません。

 

気温や湿度の影響で、もしかすると今年は流行時期が早まる可能性もあります。

 

インフルエンザの流行時期について“12月頭~2月末まで”というのは、あくまでも目安として捉えておきましょう。

 

 

 

大阪で流行する時期はいつ頃?徹底的に予想!

2015年11月時点において、インフルエンザの患者数はほとんど出ていないと大阪市が発表しています。

 

しかし、「流行はもう少し先」と断定できるものではなく、むしろ今この瞬間が“本番”と言っても良いでしょう。

 

その証拠に、2014年の大阪では10・11月とインフルエンザの兆候はほとんど見られなかったのですが、12月に入ると爆発的に増えました。

 

実際、11月時点でも数が少ないだけで、大阪や和歌山県でインフルエンザの集団発生も確認されています。

 

“流行”とは言えない状況ですが、“兆し”はあるので注意するに越したことはないですよね。

 

 

 

まとめ

風邪よりも症状がひどく、時には命を落とすこともあるインフルエンザ。

 

何度もいいますが、一人一人の普段からの地道な対策が、大流行を防ぐ決め手といえます。

 

流行時期関係なく、早め早めの対策を心がけましょうね。

スポンサーリンク

★当記事と一緒にチェックしたい記事一覧★



★【2017年】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!


■第2位■
リップクリームの頻度と正しい塗り方は?使用期限はあるの?


■第3位■
風邪の引き始めといえる症状一覧!喉や鼻水以外にもサインはある?


■第4位■
冷えピタを貼る場所ってどこが正解?症状別にまとめた!


■第5位■
正しいお風呂の入り方って知ってた?順番やマナーについて紹介


■第6位■
白湯の素晴らしい効果って?温度や作り方についても調べてみた


■第7位■
五本指ソックスの効果とデメリット!偏平足や子供におすすめ



★【雑学】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
付き合う前の初デートで最適なプラン、脈ありかの見極め方とは?


■第2位■
キシリトールガムの食べ過ぎは危険?虫歯予防の効果はホント?


■第3位■
最近よく転ぶ人は必見!原因は病気の可能性も?治し方は?


■第4位■
靴のサイズが大きい…即効でできる対処法を厳選して4つ紹介!


■第5位■
牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?


■第6位■
よく口の中を噛む癖の原因は?即効性のある治療法と対策について


■第7位■
消化に良い食べ物一覧!コンビニや外食で手軽に買えるものは?



コメントを残す

認証コード 数字を入力

サブコンテンツ