↓人気記事(枠内スクロール可能)↓

【第1位】ユニクロのヒートテックが危険な理由…
【第2位】リップクリームの使用期限と塗り方!
【第3位】牛乳って実は危険な飲み物って知ってた?
【第4位】消化に良い食べ物!外食&コンビニ編!
【第5位】みぞれ・あられ・ひょうの違い知ってる?
【第6位】冷えピタの貼る場所はどこ?
【第7位】もずくには多くの効能があった!!
【第8位】付き合う前のドライブデート必勝法!
【第9位】正しいお風呂の入り方!体を洗う順番は?
【第10位】キシリトールガムの食べ過ぎが危険!

スポンサーリンク

暖房つけっぱなしで電気代を節約?他にもお得に温もる方法が?

暖房

 

外から帰ったときに、部屋が暖かいとほっとしますよね。

 

しかし、「少しでも部屋を離れる時は、暖房を切っておかないと電気代がもったいない」と考えている人は多いのではないでしょうか?

 

そんな考えをお持ちの方に朗報です!

 

実は暖房の付けっぱなしは電気代の節約に繋がります。

 

今回、暖房の付けっぱなしが電気代節約に繋がる理由と、その他、冬場の電気代を節約する方法について紹介します。

スポンサーリンク

暖房付けっぱなしがなぜ電気代節約に繋がるのか?

夏、冷房の付けっぱなしは電気代の節約になると言うことがネットで大きな話題になりました。

 

実際にやってみて、本当に節約になった人もいたようです。

 

一般的に冷房より暖房の方が電気代は多くかかってしまうようですが、暖房でも冷房と同じような結果になるのでしょうか?

 

実際にエアコン6畳用(470w)で1日中付けっぱなしにした場合の電気代を計算してみると…

(電気料金プランによっても違いますが、1kw/h当たり22円で計算)

 

0.47kw×1時間×22円=10.34円となり、1時間で電気代は10.34円かかることになります。

 

これが24時間で248.16円、1ヶ月30日で7444.8円となります。

 

でも、付けっぱなしの自動運転だと24時間ずっと470kwで運転しているわけではありません。

 

大体この3~4割だとすると1ヶ月のエアコンだけの電気代は2500円前後と、思っていたよりずっと安いですね。

 

実は、エアコンは電源を入れた直後が一番電力を使います。

 

そのため、例えば30分ごとに付けたり消したりしていると、ずっと付けたままにしているよりも4割も多く電力を使ってしまいます。

 

冷えた空気を暖めるより、暖まった空気をキープする方が電力消費が少なくて済むため、付けっぱなしが電気代節約になるのです。

 

ただし、その他の条件も大きく関係があります。

 

例えば、その日の気温がかなり冷え込む場合、部屋を暖め続けるだけでも多くの電力を消費しますし、家によって広さや断熱材の質にも違いもあります。

 

また、長時間外出するときは当たり前ですが電源を切っておく方がお得です。

 

これらの条件が関係すれば、「暖房付けっぱなしが電気代節約に繋がる」とは一概には言えないので注意してください。

 

暖房付けっぱなしを実践する前に、「暖房付けっぱなしの週」と「部屋を離れる時は暖房を消す週」を決めて、電気代を比較しておくといいかもしれませんね。

 

 

 

暖房の電気代を節約する方法は?

冬場の電気代をさらに節約するため、暖房付けっぱなしと併せて行う対策について紹介します。

 

 

設定温度を1度下げる

設定温度を1度下げることで、約10%電力の節約になります。

 

 

部屋の隙間をなくす

ドアの下、扉の隙間などを隙間テープなどでなくし、できるだけ部屋を密閉しましょう。

 

 

窓を断熱する

窓にアルミの断熱シートやプチプチ(気泡緩衝材)を貼り付けたり、厚手のカーテンを設置したりして、外の冷気を遮断しましょう。

 

 

吹き出し口を下に向ける

暖かい空気は高いところに上がるため、上向きにしておくと上ばかりが暖まって足下は冷えたまま。

 

暖かい空気を下に送り、空気を循環させることで部屋全体を暖めましょう。

 

 

フィルターの掃除をこまめにする

フィルターが汚いと効率よく空気を取り入れることができません。

 

掃除を定期的にするのとしないのでは、年間で比較するときれいな方が最大1万円程お得になることもあるようです。

 

 

他の電気器具と併用する

・扇風機

空気を循環させることで部屋全体を早く暖めることができます。

 

※関連記事

サーキュレーターと扇風機の違いは何?それぞれの使い方と特徴は?

 

・こたつ

体が温まるので設定温度を低くすることができ、それだけ節約になります。

 

※関連記事

こたつの電気代は一カ月でいくら?節約の方法も併せてまとめた

 

・ファンヒーター・ストーブ

部屋全体が素早く暖まるので、暖房が早く自動運転になり節約に繋がります。

 

 

 

最後に…

暖房を付けたままの暖かい部屋に家族や仲間が集まり過ごすと、もっと暖かくてお得な冬が過ごせそうです。

 

暖房をうまく活用して、寒さ知らずの冬を過ごしましょう!

スポンサーリンク


★【2017年】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!


■第2位■
リップクリームの頻度と正しい塗り方は?使用期限はあるの?


■第3位■
風邪の引き始めといえる症状一覧!喉や鼻水以外にもサインはある?


■第4位■
冷えピタを貼る場所ってどこが正解?症状別にまとめた!


■第5位■
正しいお風呂の入り方って知ってた?順番やマナーについて紹介


■第6位■
白湯の素晴らしい効果って?温度や作り方についても調べてみた


■第7位■
五本指ソックスの効果とデメリット!偏平足や子供におすすめ



★【雑学】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
付き合う前の初デートで最適なプラン、脈ありかの見極め方とは?


■第2位■
キシリトールガムの食べ過ぎは危険?虫歯予防の効果はホント?


■第3位■
最近よく転ぶ人は必見!原因は病気の可能性も?治し方は?


■第4位■
靴のサイズが大きい…即効でできる対処法を厳選して4つ紹介!


■第5位■
牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?


■第6位■
よく口の中を噛む癖の原因は?即効性のある治療法と対策について


■第7位■
消化に良い食べ物一覧!コンビニや外食で手軽に買えるものは?



コメントを残す

認証コード 数字を入力

サブコンテンツ