↓人気記事(枠内スクロール可能)↓

【第1位】ユニクロのヒートテックが危険な理由…
【第2位】リップクリームの使用期限と塗り方!
【第3位】牛乳って実は危険な飲み物って知ってた?
【第4位】消化に良い食べ物!外食&コンビニ編!
【第5位】みぞれ・あられ・ひょうの違い知ってる?
【第6位】冷えピタの貼る場所はどこ?
【第7位】もずくには多くの効能があった!!
【第8位】付き合う前のドライブデート必勝法!
【第9位】正しいお風呂の入り方!体を洗う順番は?
【第10位】キシリトールガムの食べ過ぎが危険!

スポンサーリンク

缶コーヒーの微糖・低糖・無糖…カロリーや味の違いと特徴は?

缶コーヒー 無糖・低糖・微糖

 

ちょっと気分転換したい…でも時間がないと言うとき、自動販売機ですぐに手に入る缶コーヒーは便利ですよね。

 

ジュースよりは低カロリーだろうと油断してしまいがちですが、けっこうな甘さだけにやっぱりカロリーも気になります。

 

また、缶コーヒーは入っている砂糖の量の違いで、微糖・低糖・無糖と色々な種類がありますが、それぞれの糖分量にはどんな基準があるのでしょうか?

 

今回、缶コーヒーの微糖、低糖、無糖、それぞれの特徴やカロリーについて、またメーカー別の味の違いについてもまとめました。

スポンサーリンク

 

缶コーヒー、微糖、低糖、無糖の違いは?

缶コーヒーの表示は、健康増進法により規定されているコーヒー100ml当たりに含まれる糖分の量で変わります。

 

まず無糖ですが、100ml当たりの糖分が0.5g未満で、味はほぼ甘さを感じない程度、カロリーは0~多くても1桁の間です。

 

次に微糖や低糖の表示ですが、これは明確な規定がないためメーカーにより大きな違いがあります。

 

絶対表示では100ml当たり2.5g未満が基準値となりますが、比較対象商品に比べ糖分が2.5g以上低減されており、低減された量や割合が表示されていればOKと定めているメーカーもあります。

 

つまり、通常品が100ml当たり糖分が7.5gの場合、メーカーによっては5gの糖分が入っていても低糖や微糖と表示している場合もあるということです。

 

微糖や低糖のカロリー量に関しては、糖分だけでなく乳成分とも関係も大きいので、微糖・低糖=低カロリーとは限りません。

 

缶コーヒーを選ぶときには、低糖、微糖などの表示よりも実際のパッケージに表示してあるカロリーを見て選ぶ方が確実です。

 

もし、味は関係なくカロリーのことだけを考えると、ほぼ0カロリーである無糖の缶コーヒーを選ぶのがベストといえるでしょう。

 

 

 

人気の缶コーヒー、カロリーや味の特徴は?

微糖・低糖・無糖の違いが分かったところで、缶コーヒーのメーカー別で「微糖・低糖」と「無糖」にわけておすすめの商品と味の特徴について紹介します。

 

 

微糖・低糖(カロリーは100g当たりの量を記載)

ジョージア エメラルドマウンテン 至福の微糖:18キロカロリー

甘さ、苦味、こくなどすべてにおいて程よく、ミルクとコーヒーのバランスも良いため微糖・低糖系の中では一番の売れ筋です。

 

 

キリン ファイヤ 挽き立て微糖:17キロカロリー

酸味を残したスッキリとした甘さが特徴で、ブラック派の人にも飲みやすい味です。

 

 

アサヒ ワンダ 金の微糖:18キロカロリー

強くない甘味と、コーヒーらしい苦味を残したスッキリとした味わいです。

 

 

アサヒ ワンダゼロマックスプレミアム:9キロカロリー

甘みはあるのに糖分はゼロ。カロリーは抑えたいけど甘味は欲しいと言う人に嬉しい1本です。

 

 

BOSS 贅沢微糖:17キロカロリー

苦味と甘さをおさえたこくの深い味わいで、コーヒーの香りがとても良いです。

 

 

 

無糖(今回紹介する商品はすべてカロリー0)

スターバックスブラックコーヒー パイクプレイスロースト

なめらかでバランスの良い味、香料不使用で後味がスッキリとしており、飲み心地が良いプレミアムコーヒーです。(だから、ちょっとお高いですね)

 

TULLY’S バリスタブラック

スッキリとした味わいで後味がきりっとしており、さすがコーヒー専門店の味です。

 

ジョージア エメラルドマウンテン ブラック

苦味とこくが強く感じられ、後味は爽やか、万人受けする飲みやすい味です。

 

キリン ファイヤ ブラック

芳醇なこくが感じられ、素朴なコーヒーらしい味わいです。

 

アサヒ ワンダ ゴールドブラック

味が濃いので深みは強く感じられますが、苦みが強く、シャキッと目を覚ましたいときには良いですね。

 

プレミアムBOSS ブラック

ブラックの中ではまろやかで、奥深いこくと程よい苦味で最高クラスの味わいです。

 

ルーツ アロマブラック

とにかく香りが良く、缶を開けた瞬間から飲み終わる最後までコーヒーの良い香りがして心地よいです。

 

 

 

最後に…

次々と新商品が発売され、どんどん美味しく味の改良がされている缶コーヒー。

 

これだけたくさんの種類があると、時と場合に合わせて、自分なりの1本を選べるのが嬉しいですね。

 

今回紹介した缶コーヒーをすべて試してみて、お気に入りの一本を見つけていただければ幸いです。

スポンサーリンク

★当記事と一緒にチェックしたい記事一覧★



★【2017年】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!


■第2位■
リップクリームの頻度と正しい塗り方は?使用期限はあるの?


■第3位■
風邪の引き始めといえる症状一覧!喉や鼻水以外にもサインはある?


■第4位■
冷えピタを貼る場所ってどこが正解?症状別にまとめた!


■第5位■
正しいお風呂の入り方って知ってた?順番やマナーについて紹介


■第6位■
白湯の素晴らしい効果って?温度や作り方についても調べてみた


■第7位■
五本指ソックスの効果とデメリット!偏平足や子供におすすめ



★【雑学】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
付き合う前の初デートで最適なプラン、脈ありかの見極め方とは?


■第2位■
キシリトールガムの食べ過ぎは危険?虫歯予防の効果はホント?


■第3位■
最近よく転ぶ人は必見!原因は病気の可能性も?治し方は?


■第4位■
靴のサイズが大きい…即効でできる対処法を厳選して4つ紹介!


■第5位■
牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?


■第6位■
よく口の中を噛む癖の原因は?即効性のある治療法と対策について


■第7位■
消化に良い食べ物一覧!コンビニや外食で手軽に買えるものは?



コメントを残す

認証コード 数字を入力

サブコンテンツ