↓人気記事(枠内スクロール可能)↓

【第1位】ユニクロのヒートテックが危険な理由…
【第2位】リップクリームの使用期限と塗り方!
【第3位】牛乳って実は危険な飲み物って知ってた?
【第4位】消化に良い食べ物!外食&コンビニ編!
【第5位】みぞれ・あられ・ひょうの違い知ってる?
【第6位】冷えピタの貼る場所はどこ?
【第7位】もずくには多くの効能があった!!
【第8位】付き合う前のドライブデート必勝法!
【第9位】正しいお風呂の入り方!体を洗う順番は?
【第10位】キシリトールガムの食べ過ぎが危険!

スポンサーリンク

唇が乾燥するとなぜ皮がめくれる?事前にできる対策を3つ紹介

唇 乾燥

 

秋、冬になると空気が乾燥してくるので、お肌の状態が気になりますが、唇は肌よりも敏感です。

 

カサカサになったり、ひどくなると皮がめくれて血が出てきたり…毎年、ケアが大変ではないでしょうか?

 

寒くなると、どうして唇が乾燥して皮がめくれたりするのでしょうか?

 

また唇を乾燥から守るための対策や、乾燥して皮がめくれてきたときの対処法も気になります。

 

今回、唇がすぐ乾燥する原因や唇を乾燥から守る方法についてまとめました。

スポンサーリンク

 

唇が乾燥すると皮がめくれるのはなぜ?

唇は内臓の一部とも言われ、粘膜でできています。

 

唇は膚や角質層も薄いので水分をとどめることが難しく、皮脂腺もないため、唇表面に皮脂膜を作り乾燥を防ぐことができません。

 

そのため、外気の乾燥がそのまま影響してしまい空気が乾燥してくると唇の乾燥もひどくなります。

 

また、それ以外にも唇が乾燥して皮がめくれてしまう原因はいくつかあります。

 

 

紫外線

唇は皮膚が薄いにも関わらず、直接紫外線を浴びます。

 

しかもメラニンを作る機能がないので、ダメージを直接受けてしまい荒れやすいのです。

 

 

胃の不調

胃の熱と唇の熱は直結しており、とても深い関係です。

 

胃が荒れて熱を持つと唇の環境も連動するため、カサカサになったり皮がめくれたりするのです。

 

 

リップクリームやリップ

肌に合わないものを使っていると、荒れたり皮がめくれる原因になります。

 

特に、

  • メンソール
  • ラノリン
  • タール色素
  • エステルガム
  • 香料

などの刺激が強い成分を使っているものは要注意です。

 

 

 

唇の感想を防ぐ事前にできる対策は?

唇が乾燥してひび割れたり皮がめくれるのを防ぐためには、以下のような対策が有効です。

 

 

舐めない、こすらない

唇を舐める癖のある人がいますが、舐めると余計に乾燥するので癖を意識して直してください。

 

また、飲食後にペーパーなどで唇をごしごしこするのもNGで、優しく1,2回こするくらいにしておきましょう。

 

刺激物が唇についた場合などは1度きれいに洗うようにします。

 

そして、クレンジングの時もこするのではなく優しく拭き取るようにすると唇の乾燥を防ぐことができます。

 

オリーブオイルを含ませたコットンで拭き取ると、潤いを保ちつつきれいになりますよ。

 

 

自分に合うリップクリームを使う

自分に合うかは使わないと分かりませんが、唇を乾燥から守るために少し高めで質の良いものを選びましょう。

 

紫外線対策のために、昼間はUVカットのものがおすすめです。

 

ぬり方もできるだけ刺激の少ないぬり方をしましょう。

 

※関連記事

リップクリームの頻度と正しい塗り方は?使用期限はあるの?

 

ちなみに、寝る前にリップクリームを塗る人が多いのですが、寝る前は夜の間に油が酸化して余計に乾燥しやすくなります。

 

もし、夜の乾燥が気になる人は、リップクリームではなく白色ワセリンを塗って寝ると良いです。(昼間は紫外線に弱いのでNG)

 

 

食事に気をつける

先程も書きましたが、唇には胃の調子が現れます。

 

胃腸を整えるためにもバランス良く食べるのはもちろんですが、その中でも、皮膚や粘膜を保護してくれる働きがあるビタミンB1を積極的に摂りましょう。

 

これは、ウナギ・レバー・卵・納豆・ほうれん草などに多く含まれます。

 

 

 

荒れて皮がめくれてしまったときの対策は?

皮がめくれて取れそうなとき無理矢理取ってしまいそうになりますが、余計に荒れてしまうので気になりますが我慢しましょう。

 

どうしても取りたい場合は、蒸しタオルなどで少し温めてふやかしてからゆっくり取ります。

 

取ったあとは、今から紹介するアフターケアを行います。

 

 

「医薬品」のリップクリームを塗る

「薬用」ではなく「医薬品」と表示のあるものを使いましょう。

 

医薬品は治療をするための成分が配合されているので、唇の荒れを治してくれます。

 

また、UVカットのリップクリームは刺激があるので荒れているときは使わない方が良いです。

 

 

パック

夜寝る前、ワセリンとハチミツ少量ずつを混ぜて唇にぬりラップをつけて5~10分。

 

時間のあるときは蒸しタオルなどで唇を温めて柔らかくしてからすると、より効果的です。

 

朝メイクの時には、ワセリンか刺激の少ないリップクリームを唇にたっぷりぬり、真ん中に切り目を入れたラップをつけてから他のメイクをします。

 

最後にラップを取ってリップを優しくぬりましょう。

 

 

 

最後に…

唇の皮膚は代謝が早く、3~5日で生まれ変わるので、ケアすれば効果は素早く現れます。

 

ちょっと気をつけて、気持ちの良い季節をしっかり楽しみたいですね。

スポンサーリンク

★当記事と一緒にチェックしたい記事一覧★



★【2017年】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!


■第2位■
リップクリームの頻度と正しい塗り方は?使用期限はあるの?


■第3位■
風邪の引き始めといえる症状一覧!喉や鼻水以外にもサインはある?


■第4位■
冷えピタを貼る場所ってどこが正解?症状別にまとめた!


■第5位■
正しいお風呂の入り方って知ってた?順番やマナーについて紹介


■第6位■
白湯の素晴らしい効果って?温度や作り方についても調べてみた


■第7位■
五本指ソックスの効果とデメリット!偏平足や子供におすすめ



★【雑学】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
付き合う前の初デートで最適なプラン、脈ありかの見極め方とは?


■第2位■
キシリトールガムの食べ過ぎは危険?虫歯予防の効果はホント?


■第3位■
最近よく転ぶ人は必見!原因は病気の可能性も?治し方は?


■第4位■
靴のサイズが大きい…即効でできる対処法を厳選して4つ紹介!


■第5位■
牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?


■第6位■
よく口の中を噛む癖の原因は?即効性のある治療法と対策について


■第7位■
消化に良い食べ物一覧!コンビニや外食で手軽に買えるものは?



コメントを残す

認証コード 数字を入力

サブコンテンツ