↓人気記事(枠内スクロール可能)↓

【第1位】ユニクロのヒートテックが危険な理由…
【第2位】リップクリームの使用期限と塗り方!
【第3位】牛乳って実は危険な飲み物って知ってた?
【第4位】消化に良い食べ物!外食&コンビニ編!
【第5位】みぞれ・あられ・ひょうの違い知ってる?
【第6位】冷えピタの貼る場所はどこ?
【第7位】もずくには多くの効能があった!!
【第8位】付き合う前のドライブデート必勝法!
【第9位】正しいお風呂の入り方!体を洗う順番は?
【第10位】キシリトールガムの食べ過ぎが危険!

スポンサーリンク

寝るとき足が寒い…これは病気が原因?即効性のある対処法は?

足 寒い

 

寝るときに足が寒くて眠れないことってありませんか?

 

靴下を履いていても、布団に入り足を温めても、全く足が温まらず眠れない…。

 

実は、人間の体は体温を下げることで眠りを誘うようになっているので、初めから足が冷たくて体温が下がらないと眠りにも入りにくいのだそうです。

 

寝るときに足が冷たくなるのは何かの病気なのでしょうか?

 

また、すぐに寝付けるように即効性のある対処法も知りたいですよね。

 

今回、寝るときに足が寒い原因や対処法について調べました。

スポンサーリンク

寝るときに足が寒いのは病気?

寝るときだけに限らず、手足が冷えて手袋や靴下が手放せないという人は多いですよね。

 

特に女性に多いこの症状ですが、一般的に言われている原因として「冷え性」が挙げられます。

 

冷え性とは体の血行が悪くなっている状態ですが、冷え性になってしまう原因はどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

原因1 加齢

年をとると心臓のポンプの働きが弱くなったり血管が硬くなったりするので、血行が悪くなります。

 

また、熱の発生源である筋肉の量が減ってくることも体が冷える原因です。

 

 

原因2 ストレス

ストレスにより自律神経のバランスやホルモンの分泌が乱れ、血管の拡張や収縮がうまく調節できなくなり血行が悪くなります。

 

 

原因3 体の歪み

体がゆがんでいることによって毛細血管を圧迫して血流が滞ることがあります。

 

 

原因4 便秘や食生活の乱れ

便秘で腸が汚れていたり、油の多いものや添加物を多く含んだものばかりを食べたりしていると、血液がドロドロになり、その結果、血液の流れが悪くなります。

 

 

原因5 衣類や靴などの締め付け

普段から体を締め付けるような服を着たり、指を動かすことができないような靴を履いたりしていては、血液の流れが悪くなります。

 

 

 

上記のように色々な原因で冷え性になりますが、冷え性は‟気”とはいえません。

 

ただ、冷え性は体の中を血液がうまく流れていない状態です。

 

血液は内臓を修復したり肌の新陳代謝を促したりする大切なものです。

 

そのため、冷え性が長引くと肌荒れや肩こり、頭痛、生理痛など、様々な体調不良になる可能性が高くなります。

 

また、冷え症は免疫力の低下や自律神経の乱れまで引き起こすため、悪化すると膀胱炎自律神経失調症などの病気を引き起こします。

 

体のためにも質の良い睡眠のためにも一刻も早く改善したいものですね。


 

 

冷え性に効く!即効性のある対処法

寝るときに足が寒いのを防ぐためには、普段からの生活習慣を見直して食事や運動などに気をつけることが大切です。

 

ただ、それよりも即効性がある対処法があるので紹介したいと思います。

 

 

1、熱すぎないお湯にゆっくりとつかる

ぬるいくらいの温度のお湯にゆっくり浸かると、体が徐々に温まりリラックスできます。

 

血行が良くなり副交感神経が優位になることで眠るための準備が整うのです。

 

 

2、入浴後のストレッチ

1の方法で体が温まっている間に、3~5分くらいのストレッチをすることで、更に血行が良くなります。

 

特に足のストレッチをしっかりすると、足の冷えを予防できます。

 

 

3、足のマッサージ

足は細かい筋肉が4つもの層になって重なる、複雑な作りをしています。

 

足の裏、足の指、足首など、ゆっくりと筋肉をほぐすようにマッサージして血行を良くしましょう。

 

痛くない程度の強さで、5~10分くらいで充分に効果があります。

 

これも、1,2の方法と併用で行うとより効果的になります。

 

 

4、部屋や寝具を温めておく

寝る前に部屋や寝具を温めておきましょう。

 

温める方法としては、暖房や電気毛布、電気あんかや湯たんぽがおすすめです。

 

ただし暖房や電気毛布、電気あんかなどの家電は、寝る前に切っておくようにしないと睡眠時の体温低下が難しくなり質の良い睡眠が得られなくなります。

 

また、体全体の乾燥にもつながるので注意しましょう。

 

湯たんぽは寝具を温め、時間が経つとともにだんだんと温度が下がっていくので布団の中を温めておく道具としては最適ですね。

 

 

 

最後に…

寝るときに足が寒くなるのを防ぐには、足を中心に体全体を温め血行をよくすることが大切です。

 

今回紹介した対処法をできるだけ毎日実践し、寝るときも足がポカポカしてスムーズに入眠できるような体質を手に入れましょう!

スポンサーリンク

★当記事と一緒にチェックしたい記事一覧★



★【2017年】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!


■第2位■
リップクリームの頻度と正しい塗り方は?使用期限はあるの?


■第3位■
風邪の引き始めといえる症状一覧!喉や鼻水以外にもサインはある?


■第4位■
冷えピタを貼る場所ってどこが正解?症状別にまとめた!


■第5位■
正しいお風呂の入り方って知ってた?順番やマナーについて紹介


■第6位■
白湯の素晴らしい効果って?温度や作り方についても調べてみた


■第7位■
五本指ソックスの効果とデメリット!偏平足や子供におすすめ



★【雑学】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
付き合う前の初デートで最適なプラン、脈ありかの見極め方とは?


■第2位■
キシリトールガムの食べ過ぎは危険?虫歯予防の効果はホント?


■第3位■
最近よく転ぶ人は必見!原因は病気の可能性も?治し方は?


■第4位■
靴のサイズが大きい…即効でできる対処法を厳選して4つ紹介!


■第5位■
牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?


■第6位■
よく口の中を噛む癖の原因は?即効性のある治療法と対策について


■第7位■
消化に良い食べ物一覧!コンビニや外食で手軽に買えるものは?



コメントを残す

認証コード 数字を入力

サブコンテンツ