↓人気記事(枠内スクロール可能)↓

【第1位】ユニクロのヒートテックが危険な理由…
【第2位】リップクリームの使用期限と塗り方!
【第3位】牛乳って実は危険な飲み物って知ってた?
【第4位】消化に良い食べ物!外食&コンビニ編!
【第5位】みぞれ・あられ・ひょうの違い知ってる?
【第6位】冷えピタの貼る場所はどこ?
【第7位】もずくには多くの効能があった!!
【第8位】付き合う前のドライブデート必勝法!
【第9位】正しいお風呂の入り方!体を洗う順番は?
【第10位】キシリトールガムの食べ過ぎが危険!

スポンサーリンク

寝る前スマホが引き起こす危険とは?視力低下や太りやすくなる?

寝る前スマホ

 

現代のスマホ普及率は60%以上と言われており、2人に1人以上はスマートフォンを使用している大スマホ時代です。

 

いつでも手軽にほしい情報が得られるスマホを、朝から晩まで手放せないという人も多いのではないでしょうか?

 

もちろん寝る前にスマホをいじるのは当たり前な時代ですが、この行動が視力低下はもちろん、不眠や太ることにつながってしまうのはご存知ですか?

 

今回、寝る前のスマホいじりが引き起こす様々な危険についてまとめました。

スポンサーリンク

 

寝る前のスマホいじりが危険な理由

 

ブルーライト」という言葉を聞いたことがある人は多いかと思います。

 

これはノーベル賞で有名になった青色LEDが出す光でのことで、パソコンやスマホなどのバックライトにはブルーライトが使用されています。

 

ブルーライトは可視光線の中で最も波長が短く、紫外線の次にエネルギーが強い光なので、目の奥の網膜にまで届いてしまいます。

 

そのために、人の体に以下に述べるような多くの危険を及ぼす可能性があります。

 

 

視力低下

 

寝る前、暗い部屋の中で受けるブルーライトは目への負担が大きく、

 

  • 目の疲れ
  • ドライアイ
  • 目の痛み
  • 網膜へのダメージ

 

といった目の不調を引き起こします。

 

それが原因で視力低下が起きるばかりでなく、網膜の中心部の黄斑まで光が届くと活性酸素が発生し、細胞が死滅することで加齢黄斑変性症の原因になります。

 

加齢黄斑変性症になると、視野の中心が歪む・暗くなるなどの症状が現れ、進行すると失明することもある重大疾患です。

 

現在は70歳以上で増えてくる疾患ですが、ブルーライトの影響を受け続けると40~50代で発症する人が増えてくるのではないかと予想されています。

 

 

睡眠障害

 

夜にブルーライトを浴びると、眠りを誘うメラトニンというホルモンの分泌に影響します。

 

メラトニンは、体の疲れを癒してくれたり、活性酸素による酸化を抑制して細胞の代謝を高め、体をフレッシュさせたりする作用があります。

 

体内時計が正常に働いている場合、メラトニンは朝の光を感じてから14~16時間後に分泌されるのですが、ブルーライトを夜に浴びると分泌が抑制されます。

 

そのため体内時計のリズムが狂い、夜型の体質になってしまうため睡眠障害が起きるのです。

 

 

太る

 

体内時計は内臓を含め体全体の働きをうまくコントロールしていますが、スマホが発するブルーライトを浴びると時計が乱れ、ホルモン分泌に影響が出てきます。

 

その結果、食欲を促す「ブレリン」というホルモンが多く分泌されて食欲が増すことがあります。

 

また、食欲を抑える「レプチン」というホルモンの分泌が少なくなってしまうので、食欲の抑制が難しくなり必要以上に食べ過ぎてしまうのです。

 

「スマホをいじると太る」とは、なかなか考えられないかもしれませんが、意外なところで関連しているのです。

 

 

うつ病、内臓疾患など

 

夜型の体質が原因で不眠症になったりすると、ストレス増加や不安定な精神状態から‟うつ病“を引き起こす可能性もあります。

 

さらに体内時計の故障が原因で内臓疾患のリスクも高まるので、最悪、ガンなどの怖い病気の発病につながる危険性もあると言われています。

 

 

 

ブルーライト対策について

 

危険と分かっていても、寝る前のスマホがやめられない人もいるかと思います。

 

そんな人は、できるところからブルーライトに対する対策をしていくことが大切です。

 

  • 夜寝る前の1時間だけは、スマホを見ない
  • スマホを使うときは顔から40cm離す
  • 画面の明るさを半分くらいに調節する
  • ブルーライト対策のめがねをかけたり、液晶画面にフィルターを貼ったりする
  • ブルーライト対策のアプリを使用する

 

など、自分の体のために、少しずつでも対策をするようにしましょう。

 

また、スマホから離れられないのは「スマホ依存症」というれっきとした病気で、治療法も存在しています。

 

※関連記事

スマホ依存症の症状や原因とは?克服する方法について考えてみた

 

もし、寝る前スマホでなんらかの異変を体に感じているという人がいたら、本気でスマホに依存している生活と決別することを考えてくださいね。

スポンサーリンク


★【2017年】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!


■第2位■
リップクリームの頻度と正しい塗り方は?使用期限はあるの?


■第3位■
風邪の引き始めといえる症状一覧!喉や鼻水以外にもサインはある?


■第4位■
冷えピタを貼る場所ってどこが正解?症状別にまとめた!


■第5位■
正しいお風呂の入り方って知ってた?順番やマナーについて紹介


■第6位■
白湯の素晴らしい効果って?温度や作り方についても調べてみた


■第7位■
五本指ソックスの効果とデメリット!偏平足や子供におすすめ



★【雑学】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
付き合う前の初デートで最適なプラン、脈ありかの見極め方とは?


■第2位■
キシリトールガムの食べ過ぎは危険?虫歯予防の効果はホント?


■第3位■
最近よく転ぶ人は必見!原因は病気の可能性も?治し方は?


■第4位■
靴のサイズが大きい…即効でできる対処法を厳選して4つ紹介!


■第5位■
牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?


■第6位■
よく口の中を噛む癖の原因は?即効性のある治療法と対策について


■第7位■
消化に良い食べ物一覧!コンビニや外食で手軽に買えるものは?



コメントを残す

認証コード 数字を入力

サブコンテンツ