↓人気記事(枠内スクロール可能)↓

【第1位】ユニクロのヒートテックが危険な理由…
【第2位】リップクリームの使用期限と塗り方!
【第3位】牛乳って実は危険な飲み物って知ってた?
【第4位】消化に良い食べ物!外食&コンビニ編!
【第5位】みぞれ・あられ・ひょうの違い知ってる?
【第6位】冷えピタの貼る場所はどこ?
【第7位】もずくには多くの効能があった!!
【第8位】付き合う前のドライブデート必勝法!
【第9位】正しいお風呂の入り方!体を洗う順番は?
【第10位】キシリトールガムの食べ過ぎが危険!

スポンサーリンク

豆乳ダイエットの簡単な方法!カロリーや栄養についても紹介!

豆乳ダイエット

 

スリムで綺麗な体になるために、ダイエットを決心する人は多いと思います。

 

しかし、ほんの少し痩せるだけでも厳しい食事制限や運動が必要となるので、中々長続きしないのが現状ですよね。

 

そんな方に、簡単・短期間で2~3キロほど痩せることが出来ると好評なのが豆乳ダイエットです。

 

豆乳は低カロリーで栄養も豊富に含まれている素晴らしい食品です。

 

今回、豆乳のカロリーや含まれる栄養成分、豆乳ダイエットの簡単な方法についてまとめました。

スポンサーリンク

豆乳ダイエットの方法とポイント!

1週間で食事も運動もせず2~3kgは痩せられると言われても、にわかには信じられませんよね。

 

確かに単に豆乳を飲んだだけでは2~3kgの減量は難しいですが、ポイントをきっちり抑えておけばダイエットの効果は確実にあります。

 

さっそく、豆乳ダイエットのやり方について紹介します。

 

 

豆乳を生理1週間前に飲む

生理1週間前になると何かとイライラしたり、暴飲暴食に走ってしまう方は多いかと思います。

 

ただでさえ太りやすい体になっているのに、更に食べ過ぎてしまうと体重が増えるのは当然のことです。

 

そこで豆乳の力によって生理までの1週間は、“太りやすい状態”から“太りにくい状態”に変化させようというわけです。

 

豆乳に多く含まれる太りにくい状態にしてくれる効果のある成分は、「大豆サポニン」や「大豆たんぱく」です。

 

大豆サポニンは脂肪吸収を抑える働きや快便を促す効果、大豆たんぱくは低カロリーで満腹効果を得やすい効果が期待できます。

 

その後、生理が始まればいつもと同じ生活を送り、生理が終わったあとに少しダイエットを行えばみるみる内に痩せていきますよ。

 

ただ人によって体質が違うので、必ずしも全員が同じスピードで痩せられるというわけではありませんし、豆乳を飲んだからと安心して暴飲暴食を繰り返すと逆に太ってしまうので注意しましょう。

 

ちなみに、飲むのは糖分を加えられておらず栄養価も高い「無調整豆乳」にしましょうね。


 

 

男も豆乳ダイエットでシェイプアップ!

豆乳は女性だけではなく、男性にも有効的なダイエット方法です。

 

どのタイミングで飲んでもらっても構いませんが、最も効果的とされるのが朝起きて直ぐに飲むことかと思います。

 

朝に水分を摂ると新陳代謝が活発になり、必要な栄養素も取り入れられるので、ダイエットは元より健康にも良いのでおすすめです。

 

ただし豆乳を飲み過ぎてしまうと、男性としての機能が失われてしまう危険性があります。

 

1日200~300mgを目安に、少しずつ飲むようにして下さい。

 

 

 

豆乳に含まれているカロリーや栄養は?

豆乳は無調整であれば100gにつき45.9kcal調整となると64.1kcalと低カロリーとなっています。

 

更にダイエットや体に良い栄養素もたっぷり含まれているので、普段から飲んでおきたいところです。

 

では豆乳にはどういう栄養素が含まれているのか、代表的なものを取り上げてみたいと思います。

 

 

タンパク質

豆乳にはタンパク質がたっぷり含まれています。

 

タンパク質はダイエットに臨む上で、脂肪の次に嫌われている栄養素なので摂取をためらう方もいるかもしれません。

 

たしかに摂り過ぎてしまうと太ってしまうのは否めませんが、タンパク質は筋肉や骨を作る上で非常に重要な栄養素になります。

 

筋肉がつくと脂肪が燃えやすくなるので、ダイエット時は良質なたんぱく質を摂取して筋肉をしっかり付ける必要があります。

 

そのために、豆乳を飲み良質な植物性のタンパク質をしっかり蓄え筋肉をつけていきましょう。

 

 

カリウム

豆乳にたっぷり含まれているカリウムですが、普段の食生活で不足することはありません。

 

しかし汗をたっぷりかいたり睡眠不足になったりすると、カリウムが外へ流れてしまうので、定期的に摂取した方が良いでしょう。

 

もし不足してしまうと体がむくみ新陳代謝が上手く働かないので、ダイエットをしても効果が出ることはありません。

 

無理矢理サプリメント等で補う必要はありませんが、豆乳を飲んでしっかり取り入れておきたい栄養素です。

 

 

 

まとめ

栄養素とは言えないかもですが、豆乳には他にもイソフラボンオリゴ糖等が含まれています。

 

イソフラボンはお肌をツヤツヤにて、オリゴ糖には腸の中を綺麗にする働きがあります。

 

豆乳を上手く取り入れて理想の体型だけでなく、ツヤツヤのお肌も一緒にゲットしましょう!

スポンサーリンク

★当記事と一緒にチェックしたい記事一覧★



★【2017年】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!


■第2位■
リップクリームの頻度と正しい塗り方は?使用期限はあるの?


■第3位■
風邪の引き始めといえる症状一覧!喉や鼻水以外にもサインはある?


■第4位■
冷えピタを貼る場所ってどこが正解?症状別にまとめた!


■第5位■
正しいお風呂の入り方って知ってた?順番やマナーについて紹介


■第6位■
白湯の素晴らしい効果って?温度や作り方についても調べてみた


■第7位■
五本指ソックスの効果とデメリット!偏平足や子供におすすめ



★【雑学】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
付き合う前の初デートで最適なプラン、脈ありかの見極め方とは?


■第2位■
キシリトールガムの食べ過ぎは危険?虫歯予防の効果はホント?


■第3位■
最近よく転ぶ人は必見!原因は病気の可能性も?治し方は?


■第4位■
靴のサイズが大きい…即効でできる対処法を厳選して4つ紹介!


■第5位■
牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?


■第6位■
よく口の中を噛む癖の原因は?即効性のある治療法と対策について


■第7位■
消化に良い食べ物一覧!コンビニや外食で手軽に買えるものは?



コメントを残す

認証コード 数字を入力

サブコンテンツ