↓人気記事(枠内スクロール可能)↓

【第1位】ユニクロのヒートテックが危険な理由…
【第2位】リップクリームの使用期限と塗り方!
【第3位】牛乳って実は危険な飲み物って知ってた?
【第4位】消化に良い食べ物!外食&コンビニ編!
【第5位】みぞれ・あられ・ひょうの違い知ってる?
【第6位】冷えピタの貼る場所はどこ?
【第7位】もずくには多くの効能があった!!
【第8位】付き合う前のドライブデート必勝法!
【第9位】正しいお風呂の入り方!体を洗う順番は?
【第10位】キシリトールガムの食べ過ぎが危険!

スポンサーリンク

銀杏の食べすぎで中毒に?臭いニオイを取り除く処理方法とは?

銀杏

 

イチョウ並木が色づいて、銀杏のニオイがしてくると秋を感じますよね。

 

ニオイはきついですが、柔らかくホクホクとした触感が美味しい銀杏。

 

茶わん蒸しに入れたり、銀杏ごはんにしたりと様々な料理方法があり、

ついつい食べ過ぎてしまいがちです。

 

しかし、銀杏を食べすぎると中毒を引き起こす事をご存じでしょうか?

 

今回、銀杏を美味しく安全に食べるため、臭いニオイを取り除く処理方法や

銀杏中毒の詳細や予防法についてまとめました。

スポンサーリンク

 

銀杏を食べ過ぎると中毒になる?

 

秋が旬の食材である銀杏は、食べ過ぎることで

中毒になることがあります。

 

美味しい銀杏をできるだけ安全に食べるためにも、

銀杏中毒についてきちんと学んでおきましょう。

 

 

・銀杏中毒の症状

 

銀杏中毒になると、主に嘔吐・下痢や痙攣という症状が起き、

重篤な場合には意識を失うことや、まれに死亡に至るケースもあります。

 

 

・銀杏の中毒の原因になる成分

 

食用とする銀杏の種の中には、ビタミンB6によく似た

MPNという物質が含まれています。

 

MPNは体内でビタミンB6の吸収を阻害します。

 

これにより、ビタミンB6欠乏を引き起こすことが原因で

痙攣といった症状が起こるのです。

 

 

・銀杏中毒に陥りやすい人の特徴

 

銀杏による中毒症状が報告された7割の患者は、なんと5歳未満の小児です。

 

これは、小児にはMPNを解毒する酵素がまだ十分に備わっていないためといえます。

 

 

・銀杏の中毒量

 

2009年に日本中毒情報センターにより発表された情報によると、経口中毒量は、

 

  • 小児 → 7~150個
  • 大人 → 40~300個

 

と報告されていますが、数にかなりの開きがありますよね。

 

実は、大人でも5~6個摂取しただけで中毒を起こしたケースもあるため、

中毒量は個人差が大きいのです。

 

 

・銀杏中毒の予防法、対処法

 

銀杏を摂取による中毒を確実に防ぐためには、

小さい子供は特に食べさせないようにした方がいいといえるでしょう。

 

もし、万が一中毒症状が出た場合には、痙攣を誘発する恐れがあるため、

嘔吐させないようにしましょう。

 

そして、速やかに病院へ行き、適切な治療を受けるようにしてください。


 

 

銀杏の臭みをとる下処理方法

 

銀杏は美味しいけれど、なんとも言い難いニオイを発するため、

落ちていても拾う事をためらいがちになります。

 

イチョウ並木は美しいけれど、その臭いニオイのせいで

銀杏を避けてしまう人も多いかもしれませんね。

 

ニオイの原因や、また臭いニオイを取るための

下処理方法についてご紹介したいと思います。

 

 

・銀杏のニオイの原因

 

銀杏の外皮部分には2つのニオイ成分、酪酸とヘプタン酸が含まれており、

この2つが、外皮が熟した際に出る悪臭の原因です。

 

ちなみに、銀杏の臭いニオイの原因と

人間の足の臭いニオイの原因は同じなのだとか。

 

人間の足のニオイがする食べ物を、

そのまま食べるのはさすがに抵抗がありますよね。

 

 

・銀杏の臭みを取り除く処理方法

 

処理を行う前の注意点ですが、銀杏にはギンコール酸という成分を含んでおり、

長時間接触を続けると皮膚がかぶれてしまいます。

 

そのため、下処理の際はゴム手袋の着用を忘れず行いましょう。

 

それでは、銀杏のニオイを取り除く下処理方法を紹介します。

 

 

1. バケツに銀杏を入れ、銀杏が完全に浸るぐらいの水を張ります。

2. 水と銀杏を入れたバケツを3~4日置いておきます。

  ※水に浸していても嫌な臭いがするので、臭いが届かない場所に置いておきましょう。

 

3. 銀杏の外皮がブヨブヨになっていることを確認し、水から銀杏を揚げましょう。

4. 銀杏のブヨブヨになった外皮部分を流水で流しながら取り除き、種だけを残しましょう。

5. 種を数日間天日干しにし、乾燥させましょう。

 

6. 乾燥した銀杏を室内に移し、ストーブの周りに置き室内干ししましょう。

7. 銀杏の殻が白くなったら、2~3個殻を割って中から水が出てこないことを確認し、

  水が出て来なければ下処理は終了です。

 

 

銀杏は、美味しいけれども食べ過ぎると

中毒を引き起こしてしまうという二面性をもった食物です。

 

しかし、銀杏を全く食べないでいてはもったいないほどおいしいので、

きちんと危険性を知ったうえで、適量を美味しくいただきましょう。

スポンサーリンク

★当記事と一緒にチェックしたい記事一覧★



★【2017年】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!


■第2位■
リップクリームの頻度と正しい塗り方は?使用期限はあるの?


■第3位■
風邪の引き始めといえる症状一覧!喉や鼻水以外にもサインはある?


■第4位■
冷えピタを貼る場所ってどこが正解?症状別にまとめた!


■第5位■
正しいお風呂の入り方って知ってた?順番やマナーについて紹介


■第6位■
白湯の素晴らしい効果って?温度や作り方についても調べてみた


■第7位■
五本指ソックスの効果とデメリット!偏平足や子供におすすめ



★【雑学】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
付き合う前の初デートで最適なプラン、脈ありかの見極め方とは?


■第2位■
キシリトールガムの食べ過ぎは危険?虫歯予防の効果はホント?


■第3位■
最近よく転ぶ人は必見!原因は病気の可能性も?治し方は?


■第4位■
靴のサイズが大きい…即効でできる対処法を厳選して4つ紹介!


■第5位■
牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?


■第6位■
よく口の中を噛む癖の原因は?即効性のある治療法と対策について


■第7位■
消化に良い食べ物一覧!コンビニや外食で手軽に買えるものは?



コメントを残す

認証コード 数字を入力

サブコンテンツ