↓人気記事(枠内スクロール可能)↓

【第1位】ユニクロのヒートテックが危険な理由…
【第2位】リップクリームの使用期限と塗り方!
【第3位】牛乳って実は危険な飲み物って知ってた?
【第4位】消化に良い食べ物!外食&コンビニ編!
【第5位】みぞれ・あられ・ひょうの違い知ってる?
【第6位】冷えピタの貼る場所はどこ?
【第7位】もずくには多くの効能があった!!
【第8位】付き合う前のドライブデート必勝法!
【第9位】正しいお風呂の入り方!体を洗う順番は?
【第10位】キシリトールガムの食べ過ぎが危険!

スポンサーリンク

【簡単】おかゆの作り方!炊飯器やご飯から作る場合はどうする?

おかゆ

 

風邪を引いて寝込んだ時は暖かいおかゆを食べると、体が温まり回復も早くなりますよね。

 

また最近では、おかゆがダイエット食として注目されているので、普段から食べている人もいるかもしれません。

 

しかし、おかゆをいざ作るとなると意外と面倒で、水加減も微妙に調節しなければならないので失敗した経験がある人は多いと思います。

 

そこで今回、炊飯器やレンジを使ったり、普通のご飯から簡単におかゆを作る方法についてまとめました。

スポンサーリンク

 

鍋からおかゆを作る方法

 

おかゆを作るとなると、真っ先に思い浮かぶのが鍋から作る方法ですよね。

 

鍋で作ると米全体に火が通りふっくらしたおかゆが出来上がるので、ムラなく美味しく仕上がります。

 

鍋から作るには、「米粒の状態から作る方法」と「ご飯から作る方法」と大きく分けて2種類あるので、それぞれの作り方についてみていきましょう。

 

 

米粒の状態からおかゆを作る方法

 

まず、鍋に米と水を入れて蓋をしてから強火で沸かします。

 

水を入れる量は作るおかゆの種類によって変わりますが、ご飯の粒が残っている全粥であれば、

 

米1:水5or6(体積比)

 

の割合で入れます。

 

ぐつぐつと煮えてきたら、弱火にして蓋を少しずらしてまたしばらく煮込んでいきます。

 

煮立った後の弱火にかける時間ですが、

 

  • 硬めがいい → 30分
  • 柔らかめがいい → 50分

 

を目安に、上記の時間が近づいてくれば柔らかさを確認しつつ調理していきましょう。

 

好みの硬さになれば、火を止めて5分程蒸して完成です。

 

時間はかかるかもしれませんが、工程自体は難しくないですね。

 

 

ご飯からおかゆを作る方法

 

夕飯の時に残ったご飯から、朝におかゆを作りたいと思っている人は多いかと思います。

 

ご飯から作った場合、米粒の状態から作った時に比べて味は少し落ちるものの、煮込む時間はかなり短くなるので、とても簡単です。

 

ご飯の体積比3倍の水を入れ軽く混ぜてから、15分~20分ぐらい弱火で煮詰めましょう。

 

硬めのおかゆがお好みであればもう少し短めでもいいかもしれません。

 

出来上がった後は米粒からの時と同様、5分程蒸して完成です。

 

 

 

炊飯器でおかゆを作る方法

 

最近の炊飯器にはおかゆ機能が搭載されていたり、おかゆを作る専用の家電まで登場していたりしていますよね。

 

昔は、出来上がりがいまいちだったものの、最近の炊飯器で作ったおかゆは鍋で作ったものと比べても遜色ないくらい美味しく頂けます。

 

作り方としては、まずいつものようにお米を研ぎ炊飯器の中に入れます。

 

炊飯器に記されている“おかゆの目盛り”に合わせて水を入れて、後は“おかゆモード”で炊き込むだけで完成です。

 

炊き込む前にお好みで色んな材料を入れておけば、更に味が引き立つので美味しく頂けますよ。

 

また、おかゆモードが搭載されていない炊飯器は、米と一緒に水を入れて炊き込むといいでしょう。

 

米と水の体積比は、1:5を目安にして、もし出来上がりが硬過ぎると感じるのであれば、保温機能を活用して好みの硬さになるまで待ちましょう。

 

炊飯器でおかゆを作る場合は1人前~2人前程しかできませんが、赤ちゃんの離乳食として作る分に関しては炊飯器で丁度良いかと思います。

 

 

 

電子レンジでおかゆを作る方法

 

レンジでおかゆが作れる道具も、量販店などに行けば色んな種類のものが出ていますよね。

 

値段はピンキリとなっていますが、決して手が出ない程の高価なものではないのでひとつはもっておきたいところです。

 

ただ、これらの道具に頼らなくても電子レンジでおかゆを作ることはできます。

 

作り方としては、まず耐熱ボウルにご飯と水を1:3の割合で入れます。

 

その後、ラップをかけて電子レンジで加熱します。

 

好みの硬さになれば、電子レンジからボウルを取り出し5分程そのまま置いて完成です。

 

鍋や炊飯器よりもサラサラした感じのおかゆに仕上がるので体調の悪い方にはおすすめの方法です。

 

 

 

まとめ

 

おかゆは鍋・レンジ・炊飯器、どれでも作ることができるので水の割合と煮詰める時間さえ覚えておけば、いつでも簡単にできます。

 

どの調理器具でも自分のベストな硬さでおかゆを作れるようにしておいて、体調の悪い時やダイエットの時などに役立てましょう。

スポンサーリンク


★【2017年】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!


■第2位■
リップクリームの頻度と正しい塗り方は?使用期限はあるの?


■第3位■
風邪の引き始めといえる症状一覧!喉や鼻水以外にもサインはある?


■第4位■
冷えピタを貼る場所ってどこが正解?症状別にまとめた!


■第5位■
正しいお風呂の入り方って知ってた?順番やマナーについて紹介


■第6位■
白湯の素晴らしい効果って?温度や作り方についても調べてみた


■第7位■
五本指ソックスの効果とデメリット!偏平足や子供におすすめ



★【雑学】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
付き合う前の初デートで最適なプラン、脈ありかの見極め方とは?


■第2位■
キシリトールガムの食べ過ぎは危険?虫歯予防の効果はホント?


■第3位■
最近よく転ぶ人は必見!原因は病気の可能性も?治し方は?


■第4位■
靴のサイズが大きい…即効でできる対処法を厳選して4つ紹介!


■第5位■
牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?


■第6位■
よく口の中を噛む癖の原因は?即効性のある治療法と対策について


■第7位■
消化に良い食べ物一覧!コンビニや外食で手軽に買えるものは?



コメントを残す

認証コード 数字を入力

サブコンテンツ