↓人気記事(枠内スクロール可能)↓

【第1位】ユニクロのヒートテックが危険な理由…
【第2位】リップクリームの使用期限と塗り方!
【第3位】牛乳って実は危険な飲み物って知ってた?
【第4位】消化に良い食べ物!外食&コンビニ編!
【第5位】みぞれ・あられ・ひょうの違い知ってる?
【第6位】冷えピタの貼る場所はどこ?
【第7位】もずくには多くの効能があった!!
【第8位】付き合う前のドライブデート必勝法!
【第9位】正しいお風呂の入り方!体を洗う順番は?
【第10位】キシリトールガムの食べ過ぎが危険!

スポンサーリンク

お月見の行事が始まった由来とは?うさぎにまつわる話も紹介!

お月見

 

秋の定番行事として、古くから行われている、「お月見」。

 

旧暦の8月15日を「中秋の名月」と呼び、お月見をする習わしがあります。

 

これは、いわゆる十五夜ですが、十五夜は毎年日にちが変わります。

 

いつごろからこのようにお月見をするようになったのか、その由来やうさぎにまつわる話について知らない人は多いと思います。

 

今回、お月見の由来やうさぎにまつわる話についてまとめました。

スポンサーリンク

お月見の行事が始まった由来は?

秋の行事で、風流なものといえばお月見ですよね。

 

毎年、十五夜には月見団子を用意してお月見するという人は今も多いと思います。

 

しかし、お月見が始まった由来まで知っているという人は少ないのではないでしょうか。

 

お月見行事の由来について調べてみると、意外なことにお月見の風習は日本だけに限りませんでした。

 

まず、中国にも、「望月」と呼ばれる月を眺めて楽しむ行事が古くからあります。

 

この行事が遣唐使によって日本に伝えられ、後の「お月見」に繋がったという説が、現在、お月見の由来として有力視されています。

 

ただ、日本には十五夜の後、旧暦の9月13日に十三夜と呼ばれるお月見をする風習がありますが、中国にこのような風習はありません。

 

二度のお月見をするという点が共通するのはヨーロッパです。

 

ヨーロッパでは、秋分の日に一番近い満月を祝う「収穫月」、その次の満月を祝う「狩猟月」の2回で、どちらも収穫を祝うお祭りがあります。

 

そのため、お月見の由来には、中国から伝わったものとヨーロッパか伝わったものという二つの由来が存在しているのです。

 

真実は謎に包まれていますが、世界各地で秋の月を楽しむ風習があるのは面白いですね。


 

 

うさぎにまつわる話について

「月ではうさぎが餅をついている」という言い伝えは、幼い子でも知っていることだと思います。

 

月を眺めていると、確かにうさぎが餅をついているような影が見えるのは分かります。

 

しかし、月の見た目だけではなく、月とうさぎにまつわる神話も存在し、その神話から「月にはうさぎがいる」と伝えられるようになったという説もあります。

 

その神話とは、インドのジャータカのものです。

 

さっそく、その内容を簡単にご紹介します。

 

 

 

昔、インドにうさぎときつねと猿の3匹が仲よく暮らしていました。

 

三匹は、前世の行いが悪かったため動物の姿にされていました。

 

そのため、「何か世の中や人の役に立つことをしたい」といつも話していました。

 

それを聞いた帝釈天という神様の一人が、「それなら何かいいことをさせてあげよう」と、みずぼらしい老人に身を変え、うさぎときつねと猿の前に現れました。

 

三匹はなんとかこの老人の役に立とうと、それぞれできることを考えました。

 

猿は、木に登り木の実や果物を集めて持ってきました。

 

きつねは野山を走りまわり、川で魚介類を採ってきました。

 

しかし、特技のないうさぎは何も持って来られません。

 

何かできないか、一生懸命に考うさぎは、遂に答えを見つけました。

 

そして、老人の目の前で火を焚き、「私は何も持ってくることができないので、どうか私の肉を召し上がって下さい」と、自ら火の中に飛びこんでしまいました。

 

これを見た老人は、たちまち元の帝釈天の姿に戻り、三匹にいたく感心し「この次には、立派な人間として生まれ変われるようにしてやろう。」と言いました。

 

そして、特にうさぎの心がけに感服した帝釈天は、身を挺したうさぎに対し「お前の姿を永遠に月の中に置いてやることにしよう」と続けました。

 

こうして、月の表面にはうさぎの姿が残されることになりました。

 

 

 

ちょっと悲しい神話ですね。

 

また、神話とは別に、先ほどご紹介した月を眺めて楽しむ「望月」という言葉が、日本に伝わった際、「餅つき」に変化したとの説もあります。

 

昔から、中国では月にはうさぎが住んでいると言われていたので、そこに日本人の発想が加わり、今の「うさぎが月で餅をついている」という話になったのでしょう。

 

 

 

まとめ

日本で行われているお月見の由来同様、月とうさぎの関係の起源も謎に包まれています。

 

ただ、月で餅つきをするうさぎはなんだか楽しそうです。

 

十五夜ではなくても月が出ていると、うさぎがいるような気がして思わず見上げてしまいそうですね。

 

これからの十五夜は月見団子を食べながら、今の話を思い出し、じっくりと月を眺めてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

★当記事と一緒にチェックしたい記事一覧★



★【2017年】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!


■第2位■
リップクリームの頻度と正しい塗り方は?使用期限はあるの?


■第3位■
風邪の引き始めといえる症状一覧!喉や鼻水以外にもサインはある?


■第4位■
冷えピタを貼る場所ってどこが正解?症状別にまとめた!


■第5位■
正しいお風呂の入り方って知ってた?順番やマナーについて紹介


■第6位■
白湯の素晴らしい効果って?温度や作り方についても調べてみた


■第7位■
五本指ソックスの効果とデメリット!偏平足や子供におすすめ



★【雑学】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
付き合う前の初デートで最適なプラン、脈ありかの見極め方とは?


■第2位■
キシリトールガムの食べ過ぎは危険?虫歯予防の効果はホント?


■第3位■
最近よく転ぶ人は必見!原因は病気の可能性も?治し方は?


■第4位■
靴のサイズが大きい…即効でできる対処法を厳選して4つ紹介!


■第5位■
牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?


■第6位■
よく口の中を噛む癖の原因は?即効性のある治療法と対策について


■第7位■
消化に良い食べ物一覧!コンビニや外食で手軽に買えるものは?



コメントを残す

認証コード 数字を入力

サブコンテンツ