↓人気記事(枠内スクロール可能)↓

【第1位】ユニクロのヒートテックが危険な理由…
【第2位】リップクリームの使用期限と塗り方!
【第3位】牛乳って実は危険な飲み物って知ってた?
【第4位】消化に良い食べ物!外食&コンビニ編!
【第5位】みぞれ・あられ・ひょうの違い知ってる?
【第6位】冷えピタの貼る場所はどこ?
【第7位】もずくには多くの効能があった!!
【第8位】付き合う前のドライブデート必勝法!
【第9位】正しいお風呂の入り方!体を洗う順番は?
【第10位】キシリトールガムの食べ過ぎが危険!

スポンサーリンク

車酔いが治らない…長く続くと体に異常が?治し方ってあるの?

車酔い 続く

 

せっかくの楽しいドライブでも、車酔いすると全て台無しになりますよね。

 

車酔いもすぐに治るのならばまだ良いのですが、なかなか治らず長く続いてしまうことはありませんか?

 

長く続く車酔いは、病気の可能性もあるので注意が必要です。

 

今回、車酔いが長く続いてしまう原因と、治し方についてまとめました。

 

楽しいドライブのためにも、是非参考にして下さいね。

スポンサーリンク

車酔いの原因は?

そもそもどうして車に乗ると気持ち悪くなり、車酔いを引き起こしてしまうのでしょうか?

 

車酔いになるきっかけは人によって違いますが、主な原因についてまとめてみたいと思います。

 

 

情報の食い違い

車に乗って移動している時、体はシートに座ったままでありながら、周りの景色は流れていますよね。

 

すると目から得た情報と体が得た情報に“食い違い”が生まれるので、車酔いになってしまうというわけです。

 

自分が運転していると車酔いしないけど、乗せてもらっていると車酔いしてしまう人もいるかと思います。

 

これは、自ら運転している時は脳が“体も車と一緒に動いている”と認識して、情報の食い違いが起きていないので車酔いしないのです。

 

 

バランス感覚が崩れる

急勾配の坂道にいてもバランスが崩れることなく立っていられるのは、耳の中にある渦巻き状の器官・三半規管の働きによるものです。

 

しかし車に乗りスピードを出すと三半規管がうまく働かず、バランス感覚が取れなくなってしまいます。

 

そして、バランスが取れないことが原因で気持ち悪くなり、車酔いを引き起こしてしまいます。

 

大人より子供の方が車酔いしやすいのは、三半規管があまり発達していないためで、少しの刺激でもバランス感覚が狂ってしまい車酔いになってしまうのです。

 

 

腎臓と肝臓

車酔いを引き起こす原因は、腎臓と肝臓の調子が悪いことも考えられます。

 

この2つの臓器が上手く働かなくなると、体の調子が悪くなり車に酔いやすくなってしまいます。

 

腎臓や肝臓が悪くなると、

 

  • 爪の色が黄色っぽくなっている
  • 何となく疲れやすい
  • 体がむくんでいる
  • なかなか眠れない
  • 体臭が気になる

 

といった症状が現れます。

 

ご自身の症状をチェックして、心当たりがあれば一度病院での診察をおすすめします。


 

 

長く続く車酔いを治す方法とは?

車酔いの対策としては、

 

  • 長時間車に乗る前日は睡眠時間を多く確保して疲れをとっておく
  • 車の中で本を読んだりスマホをいじったりしない
  • 大勢で車に乗っている場合は、楽しくおしゃべりをしながらドライブする

 

といった方法が有効です。

 

しかし、それでも車良いになってしまいなかなか治らない場合、どう対処すれば良いのでしょうか。

 

車酔いを治す情報はネットで検索してみると山のように出てきますが、中でも効果的なものを紹介します。

 

 

車から降りる

車から降りて外の空気を吸って深呼吸をします。

 

この時遠くの景色を眺めると、ダメージを受けた三半規管が復活するので治りも早まります。

 

高速道路の走行中だと車を停めるのは難しいかもしれませんが、最寄りのパーキングエリアに寄って休憩するようにしましょう。

 

 

横になる(寝る)

車酔いで体調が悪くなれば、シートを倒して横になります。

 

横になったからと直ぐに治るわけではありませんが、眠ってしまうと酔っている感覚もなくなり、目が覚めると回復していることもあります。

 

体調が悪くなれば横になって寝るのは、どんな症状にも効く最高の“特効薬”なのです。

 

 

 

以上が車酔いが続く場合の治し方ですが、もし車酔いになってから何日も酔った感覚が抜けない場合は注意が必要です。

 

乗り物酔いが治らずにずっと続いている状態は、「下船病」と呼ばれる一種の病気の可能性があります。

 

これは、長ければ1週間ほど続くこともありますし、有効な治し方がまだ見つかっていません。

 

もし、車から降りてもずっと酔った感じが抜けない場合、水分と睡眠をいつもより多く取り体調を整える努力をしましょう。

 

それでも3日以上症状が改善されない場合は、病院に行くようにしてください。

 

 

 

まとめ

車酔いの原因と治し方について取り上げましたが、長く続く場合は病気の可能性も考えられることが分かりました。

 

体の異変を感じた場合は、なるべく早めに対処するようにして症状が重くならないように心がけましょうね。

スポンサーリンク

★当記事と一緒にチェックしたい記事一覧★



★【2017年】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!


■第2位■
リップクリームの頻度と正しい塗り方は?使用期限はあるの?


■第3位■
風邪の引き始めといえる症状一覧!喉や鼻水以外にもサインはある?


■第4位■
冷えピタを貼る場所ってどこが正解?症状別にまとめた!


■第5位■
正しいお風呂の入り方って知ってた?順番やマナーについて紹介


■第6位■
白湯の素晴らしい効果って?温度や作り方についても調べてみた


■第7位■
五本指ソックスの効果とデメリット!偏平足や子供におすすめ



★【雑学】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
付き合う前の初デートで最適なプラン、脈ありかの見極め方とは?


■第2位■
キシリトールガムの食べ過ぎは危険?虫歯予防の効果はホント?


■第3位■
最近よく転ぶ人は必見!原因は病気の可能性も?治し方は?


■第4位■
靴のサイズが大きい…即効でできる対処法を厳選して4つ紹介!


■第5位■
牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?


■第6位■
よく口の中を噛む癖の原因は?即効性のある治療法と対策について


■第7位■
消化に良い食べ物一覧!コンビニや外食で手軽に買えるものは?



コメントを残す

認証コード 数字を入力

サブコンテンツ