↓人気記事(枠内スクロール可能)↓

【第1位】ユニクロのヒートテックが危険な理由…
【第2位】リップクリームの使用期限と塗り方!
【第3位】牛乳って実は危険な飲み物って知ってた?
【第4位】消化に良い食べ物!外食&コンビニ編!
【第5位】みぞれ・あられ・ひょうの違い知ってる?
【第6位】冷えピタの貼る場所はどこ?
【第7位】もずくには多くの効能があった!!
【第8位】付き合う前のドライブデート必勝法!
【第9位】正しいお風呂の入り方!体を洗う順番は?
【第10位】キシリトールガムの食べ過ぎが危険!

スポンサーリンク

お盆玉の認知度ってどのくらい?由来や金額の相場を調べてみた!

お盆玉

 

お正月は子供にとってお年玉をもらえる嬉しいイベントですよね。

 

そんな年に一度のイベントが実は、お盆にもあったというのはご存知でしょうか。

 

お年玉のように、お盆休みに親戚や孫にあげるお小遣いのことを「お盆玉」といいます。

 

こんな制度、今まであったのかと思う人も多いかと思います。

 

そこで今回、お盆玉の認知度や由来、金額相場について調べてみました。

スポンサーリンク

お盆玉の由来は?認知度はどのくらい?

お盆玉というのはここ最近できたものではなく、発祥は江戸時代にさかのぼります。

 

山形県の一部の地域では、お盆の時期に奉公人に着物や下駄などを渡す習慣があったそうです。

 

この習慣が昭和に入り、子供にお小遣いをあげるという風に変化したと言われています。

 

お盆休みに帰省した孫や親戚の子供に、お年玉をあげるようにお盆玉をあげるというわけですね。

 

そんなお盆玉のことを知っている人ってどのくらいいるのでしょうか。

 

最近になって話題になっているのは、郵便局でお盆玉のポチ袋が販売されるようになったからではないかと考えられます。

 

すでに他のメーカーからもお盆玉専用のポチ袋が販売されてはいましたが、このことがきっかけでメディアに取り上げられるようになり、認知度が上がったのでしょう。

 

ネットではすでに話題になっていて、「お盆玉、定着しませんように・・・」といった切実な気持ちをツイートする人も。

 

郵便局がお盆玉のポチ袋を販売し始めたことで、目にする人が多くなり、今後はさらに認知度が上がっていくと思われます。

 

郵便局がお盆玉のポチ袋を販売するに至った理由として、

 

郵便局は人と人をつなぐ役割。手紙や贈り物と同じようにお盆玉も人と人をつなぐきっかけになれば

 

とコメントしているようです。

 

販売されているポチ袋は、お正月のおめでたい感じとは違い、全体的に夏らしいイメージでデザインされています。

 

主に、孫に何かしてあげたいと願う祖父母世代がターゲットとなっているようです。

 

また、最近ではコンビニなどでも販売されているので、より手軽に購入できそうですね。


 

 

お盆玉の金額の相場について

お年玉同様、お盆玉もいくらくらい包めばいいのか疑問ですよね。

 

同時期に渡した親戚と金額が違うと、後でトラブルの元にもなりかねません。

 

しかし、残念ながらお盆玉もはっきりとした金額の相場というものがありません。

 

お年玉より少なめ、同額といった大体の基準はあるようですが、いずれにしても明確なものではありません。

 

また、現金ではなくプレゼントという方法もあるので、その場合は何が良いのか子供の親と話し合っておくのが良いかもしれません。

 

現金にする場合は、親戚と金額をすり合わせておくのもひとつの方法ですね。

 

たとえば、

 

  • 小学生なら1000~3000円
  • 中学生なら5000円
  • 高校生なら10000円

 

このように決めておけば楽ですよね。

 

親戚一同、同じ金額ならばもめることも嫌な思いをすることもないですし、あげる方は毎年悩まなくて済むというのも大きなメリットです。

 

もし、お年玉の金額の相場を参考にする場合は、お年玉の相場をチェック!0歳の場合や何歳まであげるべき?の記事を読んでいただけばと思います。

 

また、親同士「もらったらあげる」というのも忘れてはいけないマナーですよね。

 

さらに子供にとっては残念ですが、お盆玉自体を「なしにする」という選択肢もあるでしょう。

 

普段、孫になかなか会えないおじいちゃん、おばあちゃんからするとお盆休みに会えることは何物にも代えがたい喜びでしょう。

 

お盆玉は「気持ち」なので、金額云々ではないはずです。

 

 

 

最後に…

昔から田舎に帰省すると、おじいちゃんやおばあちゃんがオモチャや本なんかをたくさん買ってくれましたよね。

 

物が溢れて選ぶのが困難になった現代。

 

お盆玉はそれが現金化されたバージョンなのかもしれません。

 

今でこそ知名度は低めですが、数年後にはお盆玉がすっかり定着しているかもしれませんね。

スポンサーリンク

★当記事と一緒にチェックしたい記事一覧★



★【2017年】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!


■第2位■
リップクリームの頻度と正しい塗り方は?使用期限はあるの?


■第3位■
風邪の引き始めといえる症状一覧!喉や鼻水以外にもサインはある?


■第4位■
冷えピタを貼る場所ってどこが正解?症状別にまとめた!


■第5位■
正しいお風呂の入り方って知ってた?順番やマナーについて紹介


■第6位■
白湯の素晴らしい効果って?温度や作り方についても調べてみた


■第7位■
五本指ソックスの効果とデメリット!偏平足や子供におすすめ



★【雑学】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
付き合う前の初デートで最適なプラン、脈ありかの見極め方とは?


■第2位■
キシリトールガムの食べ過ぎは危険?虫歯予防の効果はホント?


■第3位■
最近よく転ぶ人は必見!原因は病気の可能性も?治し方は?


■第4位■
靴のサイズが大きい…即効でできる対処法を厳選して4つ紹介!


■第5位■
牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?


■第6位■
よく口の中を噛む癖の原因は?即効性のある治療法と対策について


■第7位■
消化に良い食べ物一覧!コンビニや外食で手軽に買えるものは?



コメントを残す

認証コード 数字を入力

サブコンテンツ