↓人気記事(枠内スクロール可能)↓

【第1位】ユニクロのヒートテックが危険な理由…
【第2位】リップクリームの使用期限と塗り方!
【第3位】牛乳って実は危険な飲み物って知ってた?
【第4位】消化に良い食べ物!外食&コンビニ編!
【第5位】みぞれ・あられ・ひょうの違い知ってる?
【第6位】冷えピタの貼る場所はどこ?
【第7位】もずくには多くの効能があった!!
【第8位】付き合う前のドライブデート必勝法!
【第9位】正しいお風呂の入り方!体を洗う順番は?
【第10位】キシリトールガムの食べ過ぎが危険!

スポンサーリンク

ピーナッツを食べ過ぎると腹痛や便秘に?落花生との違いは?

ピーナッツ

 

小さくて、そのままつまんで次々食べられることから、

おつまみやお菓子として人気のピーナッツ。

 

食べ始めるとついつい手が止まらず、ずっと食べ続けてしまうこともあります。

 

しかし、ピーナッツは食べ過ぎてしまうと腹痛や便秘になるという噂もあり、

食べ過ぎないように気をつけている人も多いです。

 

果たして、この噂は本当なのでしょうか。

 

また、ピーナッツと似ている「落花生」との

違いについても気になりますね。

 

今回、ピーナッツについてまとめました。

スポンサーリンク

 

ピーナッツを食べ過ぎると腹痛や便秘になる?

 

ピーナッツに含まれている「オレイン酸」には、

血液中の悪玉コレステロールを減少させることにより

動脈硬化、高血圧、心臓病を予防させる作用があります。

 

また、特に女性には嬉しい効果ですが、

ピーナッツは冷え症に効くということも分かっています。

 

これは、ピーナッツに含まれるビタミンEやチロキシンが

血液の流れを良くする働きをしてくれるからです。

 

ビタミンEに関しては、上に述べた働き以外に

老化防止効果が期待できます。

 

このように、ピーナッツの含まれる成分には

健康や美容に効果があるものが多いです。

 

しかし、健康や美容に良いはずのピーナッツでも、

過度に食べるのは危険だということが分かっています。

 

ピーナッツの食べ過ぎによる健康被害には関しては、

以下のようなリスクがあります。

 

 

・高カロリーのため食べ過ぎると太る

 

オレイン酸の効果で、悪玉コレステロールの減少に

効果的なピーナッツですが、100グラムにつき約560キロカロリー程あります。

 

小さくて食べやすいので手が止まらず、

思った以上にカロリーを摂取してしまう場合があるので、

ダイエット中の時は注意が必要です。

 

 

・腹痛を引き起こす

 

ピーナッツに含まれているビタミンは、

食べ過ぎるとどんどん肝臓に溜まっていき負担をかけてしまいます。

 

また、消化吸収もあまり良くないので、食べ過ぎると消化不良が起き、

腹痛を引き起こしてしまうこともあります。

 

そして、それが原因で肌の調子が乱れて荒れる場合もあるので、

注意しておきたいですね。

 

 

・便秘になる

 

皮に含まれている「タンニン」という成分が、腸の働きを低下させ、

便秘を引き起こすことがあります。

 

ピーナッツを食べると快便になるという人もいますが、

それは消化不良とピーナッツの食物繊維が原因です。

 

食物繊維と消化できていないピーナッツのせいで

便のかさが増して、排出されやすくなるのです。

 

しかし、あくまで適量を守って食べていることが前提です。

 

大量に食べることは、「タンニン」の大量摂取につながるので

やめておきましょう。

 

 

・発がん性がある

 

ピーナツの皮には、ごく少量ですが

アフラトキシン(カビ毒)」が含まれている場合があります。

 

このリスクについては、そこまで意識しなくても

おつまみ感覚でピーナッツを食べる分には問題がありませんが、

食べ過ぎるとアフラトキシンの大量摂取につながり、

身体に良くないとされています。


 

 

ピーナッツと落花生の違いは?

 

ピーナッツと落花生は名前こそ全く違いますが、

見た目や味がとても似ているため、同じものと思っている人も

多いと思います。

 

ピーナッツと落花生は、食材としては同じ物ですが、

 

「カラが付いているものを落花生

(収穫から加熱乾燥をしてカラを剥くまでのもの)」

 

「カラを剥いたものをピーナッツ」

 

として、分類しています。

 

ただ、一部では落花生の英語名がピーナッツであると言われており、

地域によっては、「南京豆」や「地豆(じまめ)」

「唐人豆(とうじんまめ)」などとも呼ばれるようです。

 

 

 

まとめ

 

適量であれば冷え症や病気に効果があるピーナッツですが、

食べ過ぎてしまうと身体に良くないことがあります。

 

ピーナッツを食べる目安としては、「1日20粒~30粒ほど」と

考えておくとよいでしょう。

 

いくら良いものでも、同じものばかり食べ過ぎると

身体にとって良くないというのは、すべての食べ物に共通して

言えることかもしれませんね。

 

これからは、量を調節して賢くピーナッツを食べるようにしましょう。

スポンサーリンク

★当記事と一緒にチェックしたい記事一覧★



★【2017年】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!


■第2位■
リップクリームの頻度と正しい塗り方は?使用期限はあるの?


■第3位■
風邪の引き始めといえる症状一覧!喉や鼻水以外にもサインはある?


■第4位■
冷えピタを貼る場所ってどこが正解?症状別にまとめた!


■第5位■
正しいお風呂の入り方って知ってた?順番やマナーについて紹介


■第6位■
白湯の素晴らしい効果って?温度や作り方についても調べてみた


■第7位■
五本指ソックスの効果とデメリット!偏平足や子供におすすめ



★【雑学】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
付き合う前の初デートで最適なプラン、脈ありかの見極め方とは?


■第2位■
キシリトールガムの食べ過ぎは危険?虫歯予防の効果はホント?


■第3位■
最近よく転ぶ人は必見!原因は病気の可能性も?治し方は?


■第4位■
靴のサイズが大きい…即効でできる対処法を厳選して4つ紹介!


■第5位■
牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?


■第6位■
よく口の中を噛む癖の原因は?即効性のある治療法と対策について


■第7位■
消化に良い食べ物一覧!コンビニや外食で手軽に買えるものは?



コメントを残す

認証コード 数字を入力

サブコンテンツ