↓人気記事(枠内スクロール可能)↓

【第1位】ユニクロのヒートテックが危険な理由…
【第2位】リップクリームの使用期限と塗り方!
【第3位】牛乳って実は危険な飲み物って知ってた?
【第4位】消化に良い食べ物!外食&コンビニ編!
【第5位】みぞれ・あられ・ひょうの違い知ってる?
【第6位】冷えピタの貼る場所はどこ?
【第7位】もずくには多くの効能があった!!
【第8位】付き合う前のドライブデート必勝法!
【第9位】正しいお風呂の入り方!体を洗う順番は?
【第10位】キシリトールガムの食べ過ぎが危険!

スポンサーリンク

神経痛の治し方で即効性がある方法!腕や肩など部位別でまとめた

神経痛

 

何の前触れもなく突然訪れる不快な痛み、神経痛。

 

神経痛にはいくつかの種類がありますが、原因ははっきりとは分かっていません。

 

この不規則でつらい痛みから解放されるために即効性のある治し方について調べました。

 

痛みが生じる腕や肩など部位別に治し方をまとめていきますので、神経痛の痛みに悩まされている人は、是非参考にしていただけたらと思います。

スポンサーリンク

神経痛の原因って何?

神経痛とは、末梢神経の領域に突然起こる痛みのことを言います。

 

不規則に繰り返す針を刺すような鋭い痛みで、全身のどこでも起こる可能性があります。

 

一般的に症状が現れる主な部位は、頭、顔、肩、胸、手足などが多いようですね。

 

神経痛の原因は正直なところ“不明”と言われているのですが、現在、以下のような説がその原因として有力視されています。

 

 

冷え

体が冷えると血管が収縮し、血液の流れが悪くなり神経痛を引き起こすことがあります。

 

 

加齢

年齢を重ねると、骨の変形や靭帯の厚みが増すことによって神経が圧迫されます。

 

 

悪い姿勢

デスクワークや運転などの姿勢を長時間している人は神経痛になることがあります。

 

 

 

神経痛の種類

一言で「神経痛」といっても、痛みが起きる場所によって呼び名が変わります。

 

さっそく、神経痛の種類をいくつかみていきましょう。

 

 

三叉神経痛(さんさしんけいつう)

顔面を通る三叉神経に痛みが起こることで発症する神経痛で、顔、口の中、歯に痛みが現れます。

 

三叉神経は、痛い・冷たい・あつい・触れたなどの顔の感覚を脳に伝える神経のことです。

 

正式名称ではないですが、顔面神経痛とも言われています。

 

痛みが誘発されるきっかけは、

  • 洗顔やひげそり
  • メイク

など、日常の動作がほとんどです。

 

ピリッと痛みが一瞬走る、という感じで数秒から数十秒の短い突発的なものが特徴です。

 

このタイプの神経痛は、動脈硬化などが原因で血管が膨張し、三叉神経を圧迫することで引き起こすと言われています。

 

 

肋間神経痛(ろっかんしんけいつう)

肋骨を通る肋間神経に痛みが起こるものですが、原因ははっきりしていません。

 

無理な姿勢を長時間とった場合や、帯状疱疹が原因で起きることも多いとされています。

 

また、運動不足やストレスが要因とも言われるため、神経痛の痛みによってさらにストレスがかかって痛みが続いてしまう悪循環に陥ることも。

 

 

坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)

お尻から太もも、ふくらはぎ、足首へ通っている坐骨神経が痛むことで起こります。

 

症状は、神経痛特有の鋭い痛みのほかに、

  • ピリピリとした痺れ
  • ふくらはぎの張り
  • 冷感または灼熱感
  • しめつけ感

などがあることが分かっています。

 

坐骨神経が圧迫されることや、腰椎椎間板ヘルニアが原因であることが一番多いとされています。


 

 

即効性のある治し方はある?

神経痛は不規則に痛みがやってくるので、予測できない分、余計に辛いものです。

 

長時間続くことはありませんが、それでも日常生活に支障をきたしかねない痛みから早く解放されたいと悩ましい日々を送る人も多いはずです。

 

神経痛の治し方はいくつかありますが、即効性のある治し方はあるのでしょうか。

 

痛む部位別にまとめてみたので、参考にしてください。

 

 

腕、足

症状が軽度の場合は、温湿布や蒸しタオルなどで温めるようにしましょう。

 

神経痛用の塗り薬も効果的です。

 

痛みが出るとさすったり揉んだりしてしまいがちですが、なるべく触らないようにすることも自然治癒を助けます。

 

しかし痺れや痛みは重篤な病気のサインということが考えられるため、できれば初期の段階で病院を受診するようにしてください。

 

 

不自然な姿勢や、長時間のパソコンの使用を控えるようにしましょう。

 

同じ姿勢を長時間にわたってとることが良くないので、定期的に休憩を入れて体をほぐすことをおすすめします。

 

軽く体操をして体をほぐし、安静にするなどして様子を見てください。

 

身体を動かしすぎることでさらに悪化することも考えられるので、無理をしない程度にしましょう。

 

 

神経痛が起きている個所の筋肉を伸ばしたりすると余計に痛みが強くなってしまうので注意しましょう。

 

腕や肩などに比べると長時間続くようなものではありませんが、患部を温めるなどの対処をしておきましょう。

 

また、日ごろから疲れやストレスをためないようにしてください。

 

ちなみに、胸の神経痛は、肺がんや気胸など、重大な病気の症状である可能性もあります。

 

頻繁に神経痛が起きたり、症状が一向に改善されないなど、ちょっとでも異常を感じた場合は、一度病院に行くことを強くおすすめします。

 

 

三叉神経痛ですが、完治するものではないためうまく付き合っていく必要があります。

 

日頃から笑う習慣をつけてストレスをためないことや、睡眠不足にならないよう生活を見直しましょう。

 

 

 

すべての神経痛にいえることですが、市販されている飲み薬や塗り薬は場合によっては効果的です。

 

神経痛の治し方で一番効果があるものは冷えの改善とも言われますので、冷たいドリンクを控える、靴下を履くなどの対策が有効です。

 

入浴も効果的ですが、痛みがひどい場合は悪化することもあるため控えましょう。

 

即効性はありませんが、適度な運動を続けることも神経痛を和らげる方法のひとつです。

 

運動不足だと筋力が低下し、骨格をゆがませることになって骨が神経を損傷させることにもつながりかねません。

 

たびたび神経痛で悩んでいるという人は、普段から運動することを心がけましょう。

 

ただし、痛みがひどい時やしびれなどがある時は安静にして無理をしないようにしましょう。

 

また痛み止めの注射であるブロック注射は、一時的ではありますが即効性があり有効です。

 

しかし、神経の近くに打つことで神経や血管が傷つくといったリスクもあるため、医師の技術が問われるものと知っておきましょう。

 

 

 

病院は何科に行けばいいの?

上記の治し方を実行しても神経痛の痛みが治らない場合、病院の受診をおすすめします。

 

腕や肩の痛みが強い状態で過ごすのは大変ですし、そもそも本当に神経痛であるのか判断がつかないこともあります。

 

神経痛のようなピリピリ痛みがあるけれど不確かな場合、痛みが起きている部位によって何科に行けばよいか変わります。

 

顔面に痛みが起きる三叉神経痛だと思われる場合、神経内科や脳神経外科を受診しましょう。

 

痛みの箇所が腰や膝、肩などの場合は整形外科が相応しいでしょう。

 

また身体全体的に症状が現れるのであれば、一般内科で診てもらうか、痛み全般を専門としているペインクリニックがおすすめです。

 

 

 

病院ではどんな治療をするの?

病院での神経痛の治療は、症状や部位に応じて行われます。

 

主に、以下の治し方で治療される場合が多いです。

 

 

神経ブロック

先ほども触れましたが、ブロック注射は即効性があります。

 

 

内服治療

バファリンやロキソニンなどのおなじみの痛み止めの薬が処方されます。

 

また、神経痛の薬として有名なリリカ(プレガバリン)はさらに痛みに効果的だと認識されています。

 

ロキソニンなどよりも神経の痛みにマッチするので、即効性のある薬としてよく処方されています。

 

 

外科治療

三叉神経痛の場合は、神経血管減圧術といって、脳深部血管の三叉神経への圧迫を手術によって取り除く治し方があります。

 

坐骨神経痛では、椎弓板や骨棘を切除し脊髄の圧迫を緩和する椎弓切除術があります。

 

 

 

最後に…

腕や肩、顔面などあらゆる場所で起こる可能性がある、謎が多い神経痛。

 

我慢できないほどの痛みだけに、原因や治療法の早急な確立が望まれます。

 

神経痛に悩まされている人は、痛みが起きた時に少しでも緩和されるよう、今回紹介した治し方を実践してみてください。

 

そして、あまりにも痛みがひどい場合や即効性の治し方でも効果がない場合、一度病院を受診することも考えてくださいね。

スポンサーリンク

★当記事と一緒にチェックしたい記事一覧★



★【2017年】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!


■第2位■
リップクリームの頻度と正しい塗り方は?使用期限はあるの?


■第3位■
風邪の引き始めといえる症状一覧!喉や鼻水以外にもサインはある?


■第4位■
冷えピタを貼る場所ってどこが正解?症状別にまとめた!


■第5位■
正しいお風呂の入り方って知ってた?順番やマナーについて紹介


■第6位■
白湯の素晴らしい効果って?温度や作り方についても調べてみた


■第7位■
五本指ソックスの効果とデメリット!偏平足や子供におすすめ



★【雑学】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
付き合う前の初デートで最適なプラン、脈ありかの見極め方とは?


■第2位■
キシリトールガムの食べ過ぎは危険?虫歯予防の効果はホント?


■第3位■
最近よく転ぶ人は必見!原因は病気の可能性も?治し方は?


■第4位■
靴のサイズが大きい…即効でできる対処法を厳選して4つ紹介!


■第5位■
牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?


■第6位■
よく口の中を噛む癖の原因は?即効性のある治療法と対策について


■第7位■
消化に良い食べ物一覧!コンビニや外食で手軽に買えるものは?



コメントを残す

認証コード 数字を入力

サブコンテンツ