↓人気記事(枠内スクロール可能)↓

【第1位】ユニクロのヒートテックが危険な理由…
【第2位】リップクリームの使用期限と塗り方!
【第3位】牛乳って実は危険な飲み物って知ってた?
【第4位】消化に良い食べ物!外食&コンビニ編!
【第5位】みぞれ・あられ・ひょうの違い知ってる?
【第6位】冷えピタの貼る場所はどこ?
【第7位】もずくには多くの効能があった!!
【第8位】付き合う前のドライブデート必勝法!
【第9位】正しいお風呂の入り方!体を洗う順番は?
【第10位】キシリトールガムの食べ過ぎが危険!

スポンサーリンク

食べても食べてもお腹がすくのはなぜ?病気の可能性も考えてみた

食べてもお腹がすく

 

「さっき食べたばかりなのにもうお腹がすいている」

 

このような状態に陥ったことはありませんか?

 

どんなに食べても満足できず、気が付くと常に何かを食べている、そんな人は不安を感じていると思います。

 

食べても食べてもお腹がすく原因はどういったことが考えられるのでしょうか。

 

今回、病気の可能性も含めてまとめました。

スポンサーリンク

食べても食べてもお腹がすくのはなぜ?

食事は一日三回、間食はしても一回。

 

多くの人の食生活はこのような形でしょう。

 

一度の食事量は個人差があるにしても、食事と食事の間は少なくとも4時間は空いているのが一般的だと思います。

 

しかし、ついさっき食べたばかりなのにまた何か食べたい、食べ足りないなど、食べても食べても満足感を得ることができないという人もいます。

 

こういった感覚はなぜ起こるのでしょうか。

 

考えられる原因についてこれからまとめていきたいと思います。

 

 

睡眠不足

一見無関係に思われがちな睡眠と食欲ですが、実は大きく関係しています。

 

睡眠が足りないと身体のバランスが乱れてしまい、食欲を抑制する“レプチン”というホルモンの分泌が減少します。

 

そして、食欲増進の効果がある“グレリン”というホルモンが増加していきます。

 

グレリンが増加すると体が飢餓状態となり、炭水化物や甘いものを欲してしまうのです。

 

 

水分不足

のどが渇くのは体の水分が不足している状態で、空腹感とよく似た感覚になります。

 

その状態で何かを食べると唾液が分泌されることで、のどの渇きが一時的に紛れるのです。

 

 

糖分過剰摂取

甘いもの、糖分がたくさん入っているものを食べすぎたり、普段からそのようなものを中心とした食生活をしていると食欲が増します。

 

糖分を過剰摂取すると血糖値が一気に上昇、しばらくすると一気に下降します。

 

この上昇と下降のふり幅が大きい食生活を続けていると、体はさらなる糖分の摂取を求めるようになり食べても食べてもお腹がすくようになります。

 

 

ストレス

私たちの体はストレスがたまると、コルチゾールというホルモンが分泌するようになっています。

 

コルチゾールは過剰に分泌すると食欲を抑制するレプチンを減少させるだけでなく、脂肪を蓄積しやすくしてしまうため、食欲が増します。

 

また、食欲増進ホルモンであるグレリンをも過剰分泌させてしまうのです。

 

 

 

このように食べても食べても満足できない原因は、日常生活においていくつも考えられます。


 

 

病気の可能性について

いくら食べても満たされないなんて何か恐ろしい病気が潜んでいるのではないかと深刻に考えてしまうのが普通ですよね。

 

食べても食べてもお腹がすく原因は分かりましたが、恐ろしい病気の可能性もあります。

 

考えられる病気について見ていきましょう。

 

 

うつ病などの心の病気

先ほども紹介したとおり、常に飢餓状態なのはストレスが原因のひとつと考えられますが、ストレスが溜まりすぎるとうつ病へ悪化することがあります。

 

うつ病は食欲がなくなるイメージがありますが、炭水化物への依存という人も意外と多いのです。

 

 

糖尿病

年々増え続けている糖尿病患者数。

 

突然の食欲増進の原因には糖尿病の初期症状が考えられます。

 

食事後は血糖が高くなることで満腹中枢が働きますが、糖尿病の場合この働きがうまくいかず、食欲が止まらないということがあります。

 

 

甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)

この病気の原因は、甲状腺ホルモンが異常に分泌することです。

 

全身の代謝が高まり食欲が増進し、たくさん食べてしまうのですが、体重は減少していくという特徴があります。

 

別名「バセドウ病」とも言われていますが、バセドウ病は甲状腺機能亢進症の一種とされています。

 

 

 

まとめ

自分の抑えられない食欲に対しての不安があったり、長期にわたって改善されないという場合は病院に行くことをおすすめします。

 

食べることは生きていくための基本ですが、過度の飲食にはなにかしらの原因があり、続けていると健康を害してしまいます。

 

今回紹介した原因を知って対策し、欲望のままに食べている状態から抜け出しましょう。

スポンサーリンク

★当記事と一緒にチェックしたい記事一覧★



★【2017年】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!


■第2位■
リップクリームの頻度と正しい塗り方は?使用期限はあるの?


■第3位■
風邪の引き始めといえる症状一覧!喉や鼻水以外にもサインはある?


■第4位■
冷えピタを貼る場所ってどこが正解?症状別にまとめた!


■第5位■
正しいお風呂の入り方って知ってた?順番やマナーについて紹介


■第6位■
白湯の素晴らしい効果って?温度や作り方についても調べてみた


■第7位■
五本指ソックスの効果とデメリット!偏平足や子供におすすめ



★【雑学】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
付き合う前の初デートで最適なプラン、脈ありかの見極め方とは?


■第2位■
キシリトールガムの食べ過ぎは危険?虫歯予防の効果はホント?


■第3位■
最近よく転ぶ人は必見!原因は病気の可能性も?治し方は?


■第4位■
靴のサイズが大きい…即効でできる対処法を厳選して4つ紹介!


■第5位■
牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?


■第6位■
よく口の中を噛む癖の原因は?即効性のある治療法と対策について


■第7位■
消化に良い食べ物一覧!コンビニや外食で手軽に買えるものは?



One Response to “食べても食べてもお腹がすくのはなぜ?病気の可能性も考えてみた”

  1. はなまる より:

    実に困りました。
    もし本当に病気や心の問題があるのならそれは、まずいですね。
    どうすればいいのかをしっかり考えて病院にいこうとおもいます。

コメントを残す

認証コード 数字を入力

サブコンテンツ