↓人気記事(枠内スクロール可能)↓

【第1位】ユニクロのヒートテックが危険な理由…
【第2位】リップクリームの使用期限と塗り方!
【第3位】牛乳って実は危険な飲み物って知ってた?
【第4位】消化に良い食べ物!外食&コンビニ編!
【第5位】みぞれ・あられ・ひょうの違い知ってる?
【第6位】冷えピタの貼る場所はどこ?
【第7位】もずくには多くの効能があった!!
【第8位】付き合う前のドライブデート必勝法!
【第9位】正しいお風呂の入り方!体を洗う順番は?
【第10位】キシリトールガムの食べ過ぎが危険!

スポンサーリンク

真夏の水分補給で気を付けたいことは?おすすめの飲み物も紹介!

水分補給

 

太陽がじりじりと焼け付く真夏になると、何もしていないのにも関わらず喉がカラカラに乾いてきませんか?

 

そんな時にキンキンに冷えた飲み物があると、手に取ってゴクゴクと行きたいところです。

 

しかし、幾ら冷たい飲み物を飲んでも喉の渇きが収まらなければ、それは“飲み方“に問題があるのかもしれません。

 

そこで今回、真夏の水分補給で注意すべき点と、おすすめの飲み物についてまとめました。

スポンサーリンク

夏場の水分補給・注意すべき点について

暑いからと単に冷たい水を飲んだだけでは喉の渇きは収まらず、下手をすれば体調を崩してしまう恐れがあります。

 

ではどういう点に注意をして、水分補給を行えば良いのでしょうか?

 

 

水分補給量は?

水は汗をかいた分と同じ量だけ、補給するようにしましょう。

 

一日でどれぐらいの汗をかくのは人にもよりますが、だいたい2リットル前後と言われています。

 

しかし一日2リットルはあくまでも目安なので、スポーツをしていつもより大量に汗をかいたなら、その分をきっちり摂るようにしましょう。

 

出た分を補うのが、水分補給の基本です。

 

夏場、のどが渇くからと水分を過剰摂取してしまうと、水分のとりすぎで起こる症状は?年齢別で一日の理想摂取量を紹介でまとめたような恐ろしい副作用を引き起こすことになります。

 

 

水分補給の方法は?

汗を大量にかいた時、水分以外にも塩分やミネラルも汗と一緒に排出されています。

 

ミネラルや塩分が不足してしまうとイライラしやすくなったり、脱力感に襲われたり、時には頭痛までも引き起こすことがあります。

 

そのため、水分だけではなくミネラルや塩分も一緒に摂取するようにしましょう。

 

塩分やミネラルを摂取せずにただ水を飲むだけだと、体液がどんどんと薄くなってしまいます。

 

そうなると、身体は薄まっていく体液を元の状態に戻そうとして、せっかく摂取した水分を体外に排出してしまいます。

 

これでは、水分を摂取する意味がないですし、水分を摂取しているのに脱水症状を引き起こす危険性も出てきます。

 

ただし、一度に大量に水分を補給すると体が受け付けてくれず、場合によっては拒否反応を起こすこともあるので注意が必要です。

 

一気にゴクゴク飲みたい気持ちも分からなくはありませんが、塩分・ミネラルの同時摂取を意識して、少しずつ何回かに分けて飲むようにしましょう。


 

 

夏場におすすめの飲み物は?

水分補給のポイントは先ほど紹介しましたが、夏場にはどういう飲み物を飲めば良いのでしょうか。

 

さっそく、暑い日におすすめしたい飲み物について見ていきましょう。

 

 

牛乳

熱中症対策としては、牛乳が効果的です。

 

熱中症になると体温を調節することができなくなり、イライラしたり、時には意識を失い倒れてしまう危険性もあります。

 

牛乳には水分やミネラルはもちろんですが、アルブミンというたんぱく質が大きな役割を果たしてくれます。

 

アルブミンには水分を血液に集めて汗をかきやすくする効果があり、汗をかきやすくして熱を逃がしてくれる働きがあります。

 

塩分はあまり含まれていないため、他から摂取する必要がありますが、熱中症予防の点ではかなりおすすめです。

 

 

麦茶

夏の暑い日には、冷えた麦茶が定番になっています。

 

麦茶には、ほてった体を冷やしてくれる働きや、血流を改善する働きがあります。

 

また、ミネラルが豊富に含まれているため、夏場の水分補給に優れた飲み物といえます。

 

夏に麦茶を飲む理由については、麦茶を夏に飲む理由とは?たくさんの効能も合わせて紹介!でも詳しくまとめていますので、良かったらチェックして下さいね。

 

麦茶は手頃な値段で販売されているので、夏場は特に冷蔵庫に常備しておきたいですね。

 

 

経口補水液

最近テレビで話題になっている経口補水液もオススメです。

 

食塩とブドウ糖を水に溶かした飲み物のことで、本来は脱水症状に陥った人が摂取するもですが、普段から飲んでいても差支えはありません。

 

ただし高血圧や心臓病などで病院に通っている人は、必ず医師の確認を取るようにして下さい。

 

経口補水液はスポーツ飲料よりも食塩やブドウ糖が大量に入っており、一度にたくさん摂取すると病気が悪化してしまう恐れがあるので要注意です。

 

 

 

まとめ

熱中症により救急搬送される方は、毎年4万人以上に及びます。

 

たとえ外出せず家の中に閉じこもっていても熱中症にかかる人は多く、どんな人でもかかってしまう可能性があります。

 

熱中症を予防するには、日頃からの水分補給が欠かせません。

 

上手に水分補給をして、夏の暑さから身を守っていきましょう!

スポンサーリンク

★当記事と一緒にチェックしたい記事一覧★



★【2017年】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!


■第2位■
リップクリームの頻度と正しい塗り方は?使用期限はあるの?


■第3位■
風邪の引き始めといえる症状一覧!喉や鼻水以外にもサインはある?


■第4位■
冷えピタを貼る場所ってどこが正解?症状別にまとめた!


■第5位■
正しいお風呂の入り方って知ってた?順番やマナーについて紹介


■第6位■
白湯の素晴らしい効果って?温度や作り方についても調べてみた


■第7位■
五本指ソックスの効果とデメリット!偏平足や子供におすすめ



★【雑学】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
付き合う前の初デートで最適なプラン、脈ありかの見極め方とは?


■第2位■
キシリトールガムの食べ過ぎは危険?虫歯予防の効果はホント?


■第3位■
最近よく転ぶ人は必見!原因は病気の可能性も?治し方は?


■第4位■
靴のサイズが大きい…即効でできる対処法を厳選して4つ紹介!


■第5位■
牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?


■第6位■
よく口の中を噛む癖の原因は?即効性のある治療法と対策について


■第7位■
消化に良い食べ物一覧!コンビニや外食で手軽に買えるものは?



コメントを残す

認証コード 数字を入力

サブコンテンツ