↓人気記事(枠内スクロール可能)↓

【第1位】ユニクロのヒートテックが危険な理由…
【第2位】リップクリームの使用期限と塗り方!
【第3位】牛乳って実は危険な飲み物って知ってた?
【第4位】消化に良い食べ物!外食&コンビニ編!
【第5位】みぞれ・あられ・ひょうの違い知ってる?
【第6位】冷えピタの貼る場所はどこ?
【第7位】もずくには多くの効能があった!!
【第8位】付き合う前のドライブデート必勝法!
【第9位】正しいお風呂の入り方!体を洗う順番は?
【第10位】キシリトールガムの食べ過ぎが危険!

スポンサーリンク

サーキュレーターと扇風機の違いは何?それぞれの使い方と特徴は?

サーキュレーター

 

電気代も値上がりして節電が叫ばれている昨今、サーキュレーターや扇風機が見直されつつあります。

 

しかし二つとも羽を回して風を作り出すことに変わりなく、何がどう違うのか疑問に思っている人も多いでしょう。

 

そこで今回、特徴や使い方から、サーキュレーターと扇風機の違いについてまとめてみました。

 

二つの機器を上手く使いこなし、暑い夏を乗り切って行きましょう!

スポンサーリンク

 

扇風機とサーキュレーターについて

 

扇風機とは、モーターに取り付けられた羽根を回転することによって風を作り出す装置のことを言います。

 

最近はダイソンなどが発売している羽根なし扇風機が話題となっていますが、基本的な構造はほぼ同じです。

 

値段は5千円~1万円程で十分いいものが買えますが、中には“自然に近い風”や“省エネ”を売りにして5万円以上するものまであります。

 

扇風機と一括りにいっても価格はピンキリと言ったところです。

 

一方サーキュレーターも回転する羽によって風を発生させる点においては、扇風機と一緒です。

 

扇風機と決定的に違う点は、サーキュレーターは涼しくする為の装置ではなく、部屋の空気を巡回するために作られた装置になります。

 

サーキュレーターを使用すれば、エアコンから出された冷たい空気を部屋中に行き渡らせることができるため、より快適に過ごすことができます。

 

 

 

扇風機・サーキュレーターの特徴は?

 

扇風機とサーキュレーターには、それぞれどんな特徴を持っているのでしょうか。

 

羽根の形状や風の起こし方の観点から、探って行きましょう。

 

 

形状

 

扇風機はメーカーや種類によって大きく変わりますが、主流は5枚の羽のものです。

 

また羽の幅も広く取られており、柔らかく心地良い風が出るように設計されています。

 

反対に、サーキュレーターの場合は羽根の枚数は3枚と少なく幅も扇風機と比べると狭くなっています。

 

サーキュレーターは涼しくする為に作られた訳ではなく、より空気を循環できるように“強い風”を起こすために作られています。

 

 

風の起こし方

 

扇風機が起こす風は内側から外側に向かって広がり、部屋全体を満遍なく涼しくしてくれます。

 

最近は水を霧状に吹きながら風を起こす“ミストファン”なるものも登場し、更にひんやりとした空気を作り出すことが可能となりました。

 

一方サーキュレーターの起こす風は一直線で、ピンポイントに狙っていきます。

 

また、扇風機と比べて風量はとても強くなりますが、音が大きいのが難点です。

 

最近は静音に特化した製品や様々な機能が追加されたサーキュレーターも登場していますが、使用する際には注意しておきましょう。

 

 

 

サーキュレーターと扇風機の使い方

 

サーキュレーターと扇風機の違いが分かっても、具体的にどの様に使えば良いのか悩みますよね。

 

そこで二つの機器、それぞれの使い方についてまとめました。

 

 

扇風機の使い方

 

扇風機の使い方に関しては、今更説明する必要もないかと思いますが冷房器具のひとつとして使用します。

 

ポイントとしては首ふり機能を利用して直接風に当たらないように心がけ、部屋全体に風が行き渡るようにします。

 

また、窓から外に向けて扇風機を回すと涼しい風が部屋に入り込み涼しくなれます。

 

風を直接受けるのは抵抗がある方は、この使用方法も試してみましょう。

 

 

サーキュレーターの使い方

 

暖かい空気は上方に溜まり、冷たい空気は下方に溜まる性質があります。

 

溜まってしまった空気を巡回させる為にサーキュレーターを使用します。

 

夏場であればエアコンの冷たい空気を上の方に流して部屋全体を涼しくして行きます。

 

わざわざエアコンの温度を下げずに済むので、節電にも効果的です。

 

またサーキュレーターは夏だけでなく、冬の寒い時期にも大活躍です。

 

サーキュレーターの風を下に向けて起こせば、冷たい空気が上昇し、暖房で暖かくなった空気が下へと流れるので、部屋全体をポカポカと暖かくすることができます。

 

 

 

まとめ

 

昔から日本人は暑い夏を過ごすため、風鈴を軒下に吊るしたり行水をしたりと様々な工夫を施してきました。

 

今は昔とかなり変わってしまいましたが、根本的な考え方は同じかと思います。

 

エアコンの温度を思いっきり下げて涼しくするのも良いのですが、環境にも体にも良くないですよね。

 

扇風機やサーキュレーターを上手く使いこなし、夏場も快適に過ごしましょう。

スポンサーリンク


★【2017年】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!


■第2位■
リップクリームの頻度と正しい塗り方は?使用期限はあるの?


■第3位■
風邪の引き始めといえる症状一覧!喉や鼻水以外にもサインはある?


■第4位■
冷えピタを貼る場所ってどこが正解?症状別にまとめた!


■第5位■
正しいお風呂の入り方って知ってた?順番やマナーについて紹介


■第6位■
白湯の素晴らしい効果って?温度や作り方についても調べてみた


■第7位■
五本指ソックスの効果とデメリット!偏平足や子供におすすめ



★【雑学】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
付き合う前の初デートで最適なプラン、脈ありかの見極め方とは?


■第2位■
キシリトールガムの食べ過ぎは危険?虫歯予防の効果はホント?


■第3位■
最近よく転ぶ人は必見!原因は病気の可能性も?治し方は?


■第4位■
靴のサイズが大きい…即効でできる対処法を厳選して4つ紹介!


■第5位■
牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?


■第6位■
よく口の中を噛む癖の原因は?即効性のある治療法と対策について


■第7位■
消化に良い食べ物一覧!コンビニや外食で手軽に買えるものは?



コメントを残す

認証コード 数字を入力

サブコンテンツ