↓人気記事(枠内スクロール可能)↓

【第1位】ユニクロのヒートテックが危険な理由…
【第2位】リップクリームの使用期限と塗り方!
【第3位】牛乳って実は危険な飲み物って知ってた?
【第4位】消化に良い食べ物!外食&コンビニ編!
【第5位】みぞれ・あられ・ひょうの違い知ってる?
【第6位】冷えピタの貼る場所はどこ?
【第7位】もずくには多くの効能があった!!
【第8位】付き合う前のドライブデート必勝法!
【第9位】正しいお風呂の入り方!体を洗う順番は?
【第10位】キシリトールガムの食べ過ぎが危険!

スポンサーリンク

スピーチやプレゼンで緊張しない方法!聞く人を引き込むコツは?

スピーチ

 

スピーチやプレゼンなど、多くの人の前で話すことは誰でも緊張すると思います。

 

何度も練習して内容も推敲し、準備万端で臨んでも人前に立った瞬間に頭の中が真っ白になってしまったという経験はありませんか?

 

そんな時に、緊張せずスムーズに話せたらみんなの憧れの的ですよね。

 

また、話術で人を引き込むことはとても難しいですが、何かコツはあるのでしょうか。

 

今回、スピーチやプレゼンで緊張を解く方法と人を引き込むコツについてまとめました。

スポンサーリンク

スピーチやプレゼンで緊張しない方法

友人の結婚式や大切な仕事のプレゼン、また人生を左右する就職の面接など、人前で話す機会はけっこうありますよね。

 

それが大事な場面であればあるほど、人は緊張してしまうものです。

 

緊張して当然なのですが、中にはとても落ち着いて話す人もいて、一体なぜ緊張しないでいられるのかと疑問に思うことはありませんか?

 

大事なシーンで緊張しない方法について原因別に対策法を紹介します。

 

緊張しないで話せたら実力が出せてもっとうまくいくのに、と常々思っている人は必見ですよ。

 

 

多くの人が自分に注目していると思い込んでいる

自分が思っているよりも人はあなたに注目していません。

 

どうしても「見られている」と思ってしまう人は、周りの人を野菜や果物と思い込みましょう。

 

「人に見られている」から緊張するのであって、食べ物なら気にする必要はありません。

 

 

自分に自信がなく、周りの人が全員デキる人に見える

「やれるだけのことはやった」という意識を持てるほど練習しましょう。

 

自信が持てないのは不完全だからです。

 

これ以上ないくらいに繰り返し練習し、だれにも負けない気持ちを持ちましょう。

 

 

失敗しないか不安

失敗しないか不安に思うことは、「失敗したくない」と強く思っているからです。

 

少しくらいミスをしても大丈夫です。

 

失敗を恐れてガチガチになっている時ほどミスを犯し、緊張のあまり修復が上手くできません。

 

まずは自分に「失敗しても大丈夫」と言い聞かせましょう。

 

その後、好きな音楽などを聞きリラックスしてからスピーチやプレゼンに挑みましょう。

 

また、緊張していることを認めたうえで言葉にしてみるのもいいかもしれません。

 

実はとても緊張していますが、皆さんにきちんと伝えられるように一生懸命お話します。」など正直に言うと距離も縮まります。

 

とにかく伝えたいという気持ちを持って臨みましょう。

 

そうすることで「伝えること」のみに集中し、緊張している暇はなくなるでしょう。


 

 

聞く人を引き込むコツは?

緊張を克服したら、次はどのように人を引き込むかについて紹介します。

 

まず、スピーチに関しては3分までにおさめ、長くても5分以内にしましょう。

 

人はスピーチが長いと苦痛に感じてしまうので、聞いていて眠たくなってくるような長さは厳禁です。

 

そして、短時間で以下の点に注意して話をすると、聞いている人はきっとあなたの話に夢中になってくれるはずです。

 

 

メモを見すぎない

時々、メモを用意せずに暗記して話そうとする人がいますが、これは危険です。

 

大勢の人前に立った瞬間、頭が真っ白になり内容が飛んでしまうという可能性もあります。

 

メモに頼りすぎるのはダメですが、準備をしていないと何も話せず赤っ恥をかいてしまうことにもなりかねません。

 

メモは原稿のように書くよりも、大事なポイントを箇条書きにし、ちらっと見る程度にしておくのがベターです。

 

 

大きい声でゆっくり話す

一人で話すとどうしても話すスピードが速くなってしまいます。

 

早く終わらせたいという気持ちも十分に分かりますが、ゆっくり話しつつ間も大切にしてください。

 

また、声が小さい人は聞こえづらく、伝わらないので損をしています。

 

必ず大きい声で抑揚をつけ、ハキハキ喋るようにしてください。

 

 

口癖に気をつける

「要するに…」「まぁ…」「えっと…」といった口癖がある人は要注意です。

 

口癖を連呼していると、話を聞いている人はそちらに気を取られてしまい話の内容がまったく頭に入ってこなくなります。

 

大事なスピーチやプレゼンの前には人に聞いてもらうようにし、口癖があれば指摘してもらっておくようにしましょう。

 

 

 

最後に…

大勢の人前で話すことはとにかく「慣れ」が緊張を克服するために必須です。

 

しかし、結婚式のスピーチなどはやりたいからと言って何度もできるものではありませんよね。

 

会社の朝礼で発言するようにするなど、日ごろからチャンスを探しておきましょう。

 

そして周りの人で話がうまい人がいたら観察して、いいところを盗みましょう。

 

後は、家族や鏡の前などで繰り返し練習するとうまくいきますので、是非やってみてください。

スポンサーリンク


★【2017年】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!


■第2位■
リップクリームの頻度と正しい塗り方は?使用期限はあるの?


■第3位■
風邪の引き始めといえる症状一覧!喉や鼻水以外にもサインはある?


■第4位■
冷えピタを貼る場所ってどこが正解?症状別にまとめた!


■第5位■
正しいお風呂の入り方って知ってた?順番やマナーについて紹介


■第6位■
白湯の素晴らしい効果って?温度や作り方についても調べてみた


■第7位■
五本指ソックスの効果とデメリット!偏平足や子供におすすめ



★【雑学】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
付き合う前の初デートで最適なプラン、脈ありかの見極め方とは?


■第2位■
キシリトールガムの食べ過ぎは危険?虫歯予防の効果はホント?


■第3位■
最近よく転ぶ人は必見!原因は病気の可能性も?治し方は?


■第4位■
靴のサイズが大きい…即効でできる対処法を厳選して4つ紹介!


■第5位■
牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?


■第6位■
よく口の中を噛む癖の原因は?即効性のある治療法と対策について


■第7位■
消化に良い食べ物一覧!コンビニや外食で手軽に買えるものは?



コメントを残す

認証コード 数字を入力

サブコンテンツ