↓人気記事(枠内スクロール可能)↓

【第1位】ユニクロのヒートテックが危険な理由…
【第2位】リップクリームの使用期限と塗り方!
【第3位】牛乳って実は危険な飲み物って知ってた?
【第4位】消化に良い食べ物!外食&コンビニ編!
【第5位】みぞれ・あられ・ひょうの違い知ってる?
【第6位】冷えピタの貼る場所はどこ?
【第7位】もずくには多くの効能があった!!
【第8位】付き合う前のドライブデート必勝法!
【第9位】正しいお風呂の入り方!体を洗う順番は?
【第10位】キシリトールガムの食べ過ぎが危険!

スポンサーリンク

常備菜の保存期間は?あると便利な定番や人気のメニューを紹介!

常備菜

 

忙しい主婦の味方である常備菜。

 

常備菜とは作り置きをしてある程度保存期間のあるおかずのことですが、どのくらいの期間、保存がきくのか気になりますよね。

 

また、あると便利な定番メニューや、食卓をオシャレに彩ることができる人気メニューについても紹介したいと思います。

 

今回、常備菜の保存期間やメニューについてまとめました。

 

毎日の夕飯に悩まされている人や、常に時間に追われているという忙しい人は必見ですよ。

スポンサーリンク

常備菜の保存期間は?

働く主婦や、料理に時間がかかって品数をたくさん作れないという人は、常備菜を作ってみてはいかがでしょうか。

 

日々の食事は、和食の基本である一汁三菜を心がけたいですが、毎日のことなのでなかなか思い通りにはいかないですよね。

 

時間のある週末などにまとめて常備菜を作っておけば、平日のゴハンやお弁当が少し楽になります。

 

また、野菜もたくさん摂ることができるので健康面についてもプラスです。

 

ただし、そうは言ってもせっかく常備菜を作ったのに食べ切る前に傷んでしまってはもったいないことになります。

 

常備菜とはどのくらい保存できるものなのか調べたところ、使用する調味料や食材によってかなりばらつきがあることが分かりました。

 

冷蔵保存と冷凍保存があり、冷蔵保存で短いものだと2日、長いものだと冷凍保存で3週間とだいぶ開きがあります。

 

煮物などは途中、こまめに火にかけると保存期間が少し伸びるようです。

 

また、お酢を使ったものも少し伸びると言われています。

 

しかし、保存可能期間に関わらず変な臭いがしないか、変色していないか、ねばつきは見られないかなど、しっかり観察が必要です。

 

特に夏場は、冷蔵庫の開け閉めだけでもかなり温度変化があります。

 

食あたり、食中毒を防ぐためにも毎回きちんとチェックするようにしてください。


 

 

あると便利な常備菜

いざ常備菜を作ろうとしても、何から作ればいいのか分からない方もいるかと思います。

 

そこで、あると便利な常備菜を「定番メニュー」と「人気メニュー」に分けて紹介していきます。

 

それぞれ、一品ずつ作っておくといいかもしれませんよ。

 

 

定番メニュー

・きんぴら

 

きんぴらは様々な野菜を使えるので、バリエーション豊かな料理です。

 

ごぼう、れんこん、にんじん、ピーマン、じゃがいもなどたくさんの野菜がきんぴらにできます。

 

冷蔵庫で4~5日保存可能です。

 

 

・切り干し大根の煮物

 

切り干し大根の煮物などは、一食にたくさん食べるものではないので、大量に作っておいて保存しましょう。

 

冷蔵で4~5日保存可能です。

 

 

・ひじきの煮物

 

そのままおかずとして食卓に出したり、ご飯に混ぜてひじきごはんとしても食べられます。

 

栄養価が高いものは、少しずつ日々の食事に取り入れるのが理想ですね。

 

冷蔵庫で4~5日保存可能です。

 

 

・ピクルス

 

付け合せにはもちろん、おつまみとしても大活躍。

 

定番のキュウリからトマト、パプリカなどもおすすめです。

 

冷蔵庫で1~2週間保存可能です。

 

 

人気メニュー

・サラダ

 

サラダ系常備菜は朝ごはんの一品としても出せるため、便利です。

 

特にマカロニサラダやポテトサラダが人気です。

 

 

・マリネ

 

ニンジンや玉ねぎ、キノコなどをマリネにして、食卓に出すとおしゃれにも見えるので人気です。

 

切って和えるだけというレシピが多いのも人気の秘密でしょう。

 

 

・ナムル

 

ほうれん草や小松菜などの青菜やもやしなど、こちらもバリエーション豊かに作れます。

 

そのまま出しても、焼きそばや炒め物などの具としても使えるので人気です。

 

 

・煮物

 

大根やじゃがいも、ひじきや切り干し大根と多くの種類が作れますね。

 

比較的時間がかかる煮物の常備菜は「時短になる」と人気です。

 

 

 

まとめ

常備菜の種類はたくさんあり、作る人の個性が出る作り置きのおかずと言えると思います。

 

毎日の食事やお弁当で料理に時間がとられ過ぎている人、子育て中で平日の夕飯の支度に手間取っている人、忙しい主婦はたくさんいるでしょう。

 

どうせごはんは作らないといけないのですから、常備菜をうまく活用して時間を有効に使いましょう。

 

保存容器を揃えたり、レシピ本を参考にしたり、自分なりに楽しむことが大切ですね。

スポンサーリンク

★当記事と一緒にチェックしたい記事一覧★



★【2017年】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!


■第2位■
リップクリームの頻度と正しい塗り方は?使用期限はあるの?


■第3位■
風邪の引き始めといえる症状一覧!喉や鼻水以外にもサインはある?


■第4位■
冷えピタを貼る場所ってどこが正解?症状別にまとめた!


■第5位■
正しいお風呂の入り方って知ってた?順番やマナーについて紹介


■第6位■
白湯の素晴らしい効果って?温度や作り方についても調べてみた


■第7位■
五本指ソックスの効果とデメリット!偏平足や子供におすすめ



★【雑学】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
付き合う前の初デートで最適なプラン、脈ありかの見極め方とは?


■第2位■
キシリトールガムの食べ過ぎは危険?虫歯予防の効果はホント?


■第3位■
最近よく転ぶ人は必見!原因は病気の可能性も?治し方は?


■第4位■
靴のサイズが大きい…即効でできる対処法を厳選して4つ紹介!


■第5位■
牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?


■第6位■
よく口の中を噛む癖の原因は?即効性のある治療法と対策について


■第7位■
消化に良い食べ物一覧!コンビニや外食で手軽に買えるものは?



コメントを残す

認証コード 数字を入力

サブコンテンツ