↓人気記事(枠内スクロール可能)↓

【第1位】ユニクロのヒートテックが危険な理由…
【第2位】リップクリームの使用期限と塗り方!
【第3位】牛乳って実は危険な飲み物って知ってた?
【第4位】消化に良い食べ物!外食&コンビニ編!
【第5位】みぞれ・あられ・ひょうの違い知ってる?
【第6位】冷えピタの貼る場所はどこ?
【第7位】もずくには多くの効能があった!!
【第8位】付き合う前のドライブデート必勝法!
【第9位】正しいお風呂の入り方!体を洗う順番は?
【第10位】キシリトールガムの食べ過ぎが危険!

スポンサーリンク

歯磨きで血が出る原因は?正しいやり方と磨く回数の理想について

歯磨き

 

毎日の習慣である歯磨きですが、歯茎から血が出たという経験はありませんか?

 

少し滲むくらいで、だらだらと続くことがないのであまり気にしないという人もいるかもしれません。

 

しかし、歯茎からの出血は放っておくと歯周病になる危険も潜んでいます。

 

そこで今回、最悪の事態を避けるため歯磨きで血が出る原因と正しい磨き方や回数についてまとめます。

 

毎日の歯磨きの参考にして健康的な歯を目指しましょう。

スポンサーリンク

歯磨きで血が出る原因

毎回歯磨きをする度に血が出ると不安になりますよね。

 

歯医者さんに行くのはもちろんですが、その原因についても知っておいた方がいいと思います。

 

考えられるいくつかの原因についてまとめたので、早速みていきましょう。

 

 

歯垢が溜まっている

歯茎から出血する原因のほとんどが歯垢だと言われています。

 

歯磨きの回数が少なかったり、正しいやり方で磨けていないため、歯と歯の間や歯茎の隙間に歯垢が溜まり、歯周病菌が増えてしまうのです。

 

その結果、歯周病菌は歯を支えている骨を溶かしてしまい、歯茎に炎症を起こすことで出血します。

 

 

虫歯の悪化や治療跡の不具合

虫歯が原因で出血するのはよっぽどのことで、かなり進行していると思われます。

 

虫歯と歯周病は同時に進行しやすいので、両方の可能性を考えていた方が良いでしょう。

 

また、虫歯の治療が終わった後に歯磨きをすると出血をするケースもあります。

 

これは、歯医者さんが行った治療法によってはありえるケースなので、イソジンなどで消毒をして数日は経過を見守る程度で大丈夫です。

 

ただ、明らかに症状が悪化してきている場合は歯医者さんに行きましょう。

 

 

歯磨きのやり方が悪い

虫歯もなく歯周病の疑いもない場合の出血は、磨き方が悪いために歯茎を傷つけて出血させてしまうパターンです。

 

次に紹介する正しい歯磨き方法を参考にして磨いてみましょう。

 

 

原因としては、この3点が考えられますが、ほとんどの出血は歯垢と磨き方が原因だと考えてよいでしょう。


 

 

歯磨きの正しい方法と回数について

続いて虫歯を防ぎ、歯垢をしっかりと取り除く正しいブラッシング方法を紹介します。

 

まず、食後すぐに歯磨きをする人という多いと思いますが、これは間違いです。

 

食後は、食べたものによって口内が酸性になっていることがあり、その状態で歯磨きをすると歯のエナメル質を傷つけてしまいます。

 

そうは言っても、口内が酸性なのかどうか分からないので、中性状態に戻るまでの時間を考え、食後は30分ほどあけてから歯磨きしましょう。

 

歯磨き粉の使用量は5ミリ~1センチほどで十分です。

 

つけすぎると歯磨き粉に含まれる研磨剤が原因で、知覚過敏になる可能性もあります。

 

また、歯ブラシを水で濡らしてから磨く人が多いと思いますが、十分にブラッシングできないことが考えられます。

 

歯磨き粉が必要以上に泡立つことで、短時間で磨いたような気になり、歯磨きを終えてしまうのです。

 

このようなことを防ぐために、歯ブラシは乾いた状態から使うようした方がいいでしょう。

 

続いて、正しい磨き方のコツを紹介します。

 

 

歯ブラシの持ち方は「エンピツ持ち」で

グッと握ることで不要な力が入ってしまいます。

 

強い力で磨くと歯と歯茎を傷つけてしまうのでエンピツ持ちを守りましょう。

 

 

歯と歯茎の境目は45度の角度で歯ブラシをあてる

歯と歯茎の間は歯垢が溜まりやすい場所のひとつなので、力を入れ過ぎずに小刻みに歯ブラシを動かしてください。

 

 

磨きにくい場所は工夫して磨く

歯並びがデコボコしている部分などは、歯ブラシを縦に入れて磨いてみてください。

 

また奥歯やインプラントの周辺はワンタフトブラシがおすすめです。

 

その他にもデンタルフロスや歯間ブラシなども上手く取り入れましょう。

 

 

うがいは1、2回で十分

歯磨き粉が口内に残っている気がして何度もうがいをしてしまっていませんか?

 

フッ素入りの歯磨き粉を使っているなら、うがいは1回20秒ほどで十分です。

 

何度も濯ぐとせっかくのフッ素が流れてしまいます。

 

 

このような手順で、1回の歯磨きは最低3分間を心がけてください。

 

また1日の歯磨き回数ですが、少なくとも朝と寝る前の2回は磨くようにしましょう。

 

しっかり丁寧に磨くことを心がけて、虫歯や歯周病を予防しましょう。

スポンサーリンク

★当記事と一緒にチェックしたい記事一覧★



★【2017年】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!


■第2位■
リップクリームの頻度と正しい塗り方は?使用期限はあるの?


■第3位■
風邪の引き始めといえる症状一覧!喉や鼻水以外にもサインはある?


■第4位■
冷えピタを貼る場所ってどこが正解?症状別にまとめた!


■第5位■
正しいお風呂の入り方って知ってた?順番やマナーについて紹介


■第6位■
白湯の素晴らしい効果って?温度や作り方についても調べてみた


■第7位■
五本指ソックスの効果とデメリット!偏平足や子供におすすめ



★【雑学】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
付き合う前の初デートで最適なプラン、脈ありかの見極め方とは?


■第2位■
キシリトールガムの食べ過ぎは危険?虫歯予防の効果はホント?


■第3位■
最近よく転ぶ人は必見!原因は病気の可能性も?治し方は?


■第4位■
靴のサイズが大きい…即効でできる対処法を厳選して4つ紹介!


■第5位■
牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?


■第6位■
よく口の中を噛む癖の原因は?即効性のある治療法と対策について


■第7位■
消化に良い食べ物一覧!コンビニや外食で手軽に買えるものは?



コメントを残す

認証コード 数字を入力

サブコンテンツ